母娘旅行

1年に1度の母娘旅行。
今年は日田にある琴平温泉「旅籠かやうさぎ」に行ってきました。古民家の佇まいでとてもこじんまりとした旅籠です。
紅葉もあり、温泉も気持ちよく温まり、料理も満足のいく味。
特に錦雲豚の雪見鍋は山芋の擦りおろしでとろとろ、ふわふわの優しい味の鍋でした。
背中が丸くなったお母さん、来年は何処に行きましょうか。
d0070316_20185950.jpg

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-19 09:01 | その他 | Comments(0)

11月18日のセンター

  • 今日も皆様の多くのご利用ありがとうございました。

  • 会議室 9:00~13:00 高齢者実態調査ワーキンググループ会議
  • スタジオ 9:30~12:30 陽ざしの会
  • 学習室 9:30~13:00 パソコンクラブ「フレンド」
  • 研修室 10:00~12:00 手話講習会
  • ミニシアター 10:00~15:00 要約筆記者養成講座 共通
  • 研修室 13:00~17:00 九聴連高齢部運営委員会
  • 会議室 13:00~17:00 耳の日大会事務局会議
  • スタジオ 13:00~15:00 中途失聴者・難聴者のための手話講座

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-18 17:02 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

通訳付き行事

晩秋、紅葉が見ごろですね。耶馬渓の写真をいただきました。

d0070316_15363210.jpg

d0070316_15294906.jpg

≪手話通訳・要約筆記付き行事のお知らせ≫

第21回大分大学福祉フォーラム〈手話〉〈要約〉

日時:11月25日()13:00~16:45

場所:ホルトホール大分 3F 大会議室

内容:

d0070316_15405998.jpg

おおいた人権フェスティバル2017〈手話〉
 【一人芝居】
演題: 「決断 命のビザ~SEMPO 杉原千畝物語~」
講師: 水澤 心吾氏(俳優)
   日時:11月24日()14001530(開場 1330~)
   場所:坂ノ市公民館
    
   日時:11月25日()13301500(開場 1245~)
   場所:坂ノ市公民館

 【朗読劇】 
演題:「誰にでも生まれてきた意味がある~朗読劇「あん」~
講師:ドリアン 助川氏(作家・ミュージシャン)、中井貴恵氏(女優・エッセイスト) 
    日時:11月26日() 13301500(開場 1230~)
    場所:コンパルホール 文化ホール



地域コミュニティ創造事業講演会(手話)
日時:11月25日() 14001530
場所:大分東部公民館 大会議室
演題:まちづくりの担い手とは誰か~あらたな協働の形を探る~
講師:九州大学 専任講師 田北 雅裕 氏

29回豊肥地区解放文化祭(手話)
日時:11月25日() 0930~0950
場所:豊後大野市 隣保館




[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-18 16:26 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(0)

秋から冬へ…

秋から冬を感じさせる日々が続いていますね。
紅葉も見ごろに、県内のあちらこちらで「かかし祭り」も開催されているようです。
出勤の道すがら、元気よく手を振ってくれている案山子に「今日も一日ガンバ!!」と思いハンドルを握っています。
今日の夜からは大分駅前もイルミネーションが輝き始めます。
秋から冬へ、今年も1か月半あまり、年末に向けてそろそろ準備をはじめましょうか…
d0070316_10130557.jpg

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-17 08:30 | その他 | Comments(0)

初めてふるさと祭りに参加しました。サークル会員で作った指文字パネルを掲げてお店をオープン。人が来るのか心配しましたが、指文字パネルのピンクが目立ったようでお客さんが来てくれ、子どもたちも結構興味を持って来てくれました。作った甲斐がありました

疲れたし、寒かったけど、まつりの抽選会でサークル会員に特等が当たって疲れも吹っ飛びました。同じテントの子育て支援係の職員からは「お互いの相乗効果で例年より人が来てよかった、また来年もよろしく」と言われました。

来年のことはわかりませんが、今回は参加してよかったと思います。

d0070316_12310675.jpg
d0070316_12314001.jpg
d0070316_12312890.jpg
d0070316_12311881.jpg


[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-16 12:34 | 投稿記事 | Comments(0)
流行語大賞「2017年のノミネート語30語」はこちら!

〇アウフヘーベン
〇インスタ映え
〇うつヌケ
〇うんこ漢字ドリル
〇炎上○○
〇AIスピーカー
〇9.98(10秒の壁)
〇共謀罪
〇GINZA SIX
〇空前絶後のけものフレンズ
〇35億
〇Jアラート
〇人生100年時代
〇睡眠負債
〇線状降水帯
〇忖度(そんたく)
〇ちーがーうーだーろー!
〇刀剣乱舞
〇働き方改革
〇ハンドスピナー
〇ひふみん
〇フェイクニュース
〇藤井フィーバー
〇プレミアムフライデー
〇ポスト真実
〇〇ファースト
〇魔の2回生
〇ユーチューバー
〇ワンオペ育児
ウフヘーベンドイツ語で「拾い上げる」「廃止する」などの意。哲学用語としては「止揚対立する諸要素を発展的に統一すること)」と訳される。小池百合子都知事が会見で用いた。
○○ファースト「○○第一」「○○優先」といった意味特に都民ファースト」は小池百合子都知事スローガンとなり、政党名にも使われた。
インスタ映えSNSInstagram」に写真投稿したときに見栄えがする、いかにも注目を集められそうだ、といった意味
うつヌケ同名の漫画のこと。漫画家田中圭一作品で、うつ病から脱出した人たちの体験談を描いてヒットした。
うんこ漢字ドリル全ての例文に「うんこ」という単語が用いられている小学生向けの漢字ドリルで、その奇抜な内容から大ヒットした。
炎上○○炎上商法」「炎上芸人」など、インターネットでの炎上を逆用する諸行為のこと(…か?)。
AIスピーカーインターネット接続され、音声操作AIを利用できるスピーカーのこと。Amazon EchoGoogle HomeApple HomePodといった商品が発売・発表されている。
9.98(10秒の壁今年9月桐生祥秀が出した男子100m走タイム。これまでの日本記録を上回り、日本人で初めて9秒台に突入した。
共謀罪テロ等を未然に防止するため、組織犯罪計画した段階で処罰できるとする法律のこと。多くの反対意見もあったが今年6月国会で可決された。
GINZA SIX今年4月開業した銀座複合商業施設のこと。
空前絶後お笑い芸人サンシャイン池崎ギャグ。昨年末の「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」に出演したことでブレイクした。
35億お笑い芸人ブルゾンちえみギャグ世界中男性の人数を指している(70億の半分)。
けものフレンズ同名のアニメのこと。同プロジェクトゲームが既に終了するなかで今年1月から放送され、クチコミにより広まり大ヒットした。
刀剣乱舞同名のブラウザゲームのこと。2015年流行語大賞でも「刀剣女子」がノミネートされている。
Jアラート全国瞬時警報システム通称北朝鮮ミサイル発射実験により発動したことで話題となった。
人生100年時代100年後には平均寿命が100歳になっているとの予測を受けて、日本政府が今年9月に「人生100年時代会議」を開催した。
睡眠負債スタンフォード大学研究者提唱したもので、少しずつの睡眠不足が積み重なることで大きなリスクとなっているとする考えのこと。
線上降水帯積乱雲が次々に発生して長さ数十から数百kmに及び線上に連なる現象のこと。ゲリラ豪雨の原因とされる。
忖度他人の心情を推し量ること。森友学園問題に際して「上役の心情に配慮すること」というやや違った意味人口膾炙した。
ちーがーうーだーろー!当時衆院議員だった豊田真由子氏が秘書へ放った暴言ひとつ秘書への暴行報道されて責任問題となった。
魔の2回生2012年初当選し、2014年に再選された自民党の2回生議員のことで、不祥事が多いためにそう呼ばれるようになった。
働き方改革日本政府が推進する改革で、日本労働環境や慣習を抜本的に見直そうとするもの長時間労働の解消、非正規雇用解決などを目指す。
プレミアムフライデー個人消費喚起するため政府および経済界提唱したもので、毎月末の金曜日は午後3時に終業するよう企業に求めるキャンペーンのこと。
ハンドスピナーボールベアリングに「羽」を付けた玩具で、基本的には回転させるだけの手慰みとして使う。
ひふみん将棋棋士加藤一二三ニックネーム。今年6月プロ引退した。その特異なキャラから人気となり、バラエティ番組などにも出演している。
藤井フィーバー将棋棋士藤井聡太が史上最年少でプロとなり、デビューから無敗のまま公式戦最多連勝記録を打ち立てたことで話題となった。
フェイクニュース虚偽の情報を多分に含むニュースのこと。特にアメリカ大統領選において様々なフェイクニュースSNS拡散されたことが問題視された。
ポスト真実客観的事実よりも自身感情に訴える虚偽を信じやすい状況のこと。アメリカ大統領線やイギリスEU離脱にまつわる中でよく用いられた。
ユーチューバー動画投稿サイトYouTubeから広告収入生活をする動画投稿者総称ヒカキンはじめしゃちょーなどが著名。
ワンオペ育児ワンオペ」とはもともと飲食店を一人で回している状態(ワン・オペレーション)のことを言い、転じて夫もしくは妻が一人で育児を行っている状況を指す
d0070316_09260971.jpg

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-15 06:12 | その他 | Comments(0)
ろうヘルパーサークルほほえみからのお知らせです。
今年も「クリスマス会」を開催します。
たくさんの参加をお待ちしていま~す173.png
d0070316_14562588.jpg

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-14 08:30 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
登録してみませんか?
電話リレーサービス利用者募集について

募集人数 2,000人

募集期間 2017年8月1日(火)正午より、定員に達し次第終了

お申し込み方法 日本財団電話リレーサービス・モデルプロジェクトのホームページ内「利用申請ページ」よりお申し込み
※メールやFAX等によるお申し込みは出来ません

お申し込み手順
「利用申請ページ」で利用規約を確認し、必要事項を入力する
日本財団からお申し込み確認のSMSまたはメールが届く
メッセージ本文内に記載されているURLを開くと利用申請が完了
申請から1週間以内に利用許可を知らせるSMSまたはメールが届いたら登録完了

利用方法  必要な機器 お手持ちのPC、スマートフォン・タブレット端末
 ※フィーチャーフォンでのご利用はできませんのでご注意ください。
 ※パソコン、Android端末ではご利用いただけます。

現在、専用システムの規格をサポートしていないため、
iOS端末(iPhone、iPad)や一部のAndroid端末(Xperiaの特定機種等)でのご利用はできません。
iOSは年内にはご利用いただけるよう調整しております。iOS端末をお使いの方もぜひこの機会に登録を済ませてください。

費用 通訳料・電話料は無料です。
(ただし、お手持ちの端末機器の通信料は利用者負担となります)

利用方法 日本財団電話リレーサービス専用システムから電話リレーサービスをご利用いただきます。
  推奨ブラウザ:Google Chrome(グーグル・クローム)
  利用可能ブラウザ:Firefox(ファイヤーフォックス)

利用期間 利用登録完了日より2018年3月31日まで(予定)
  ※2018年4月以降につきましては、詳細が決まり次第お知らせいたします。

登録に関する注意事項 登録は1人1回のみ
   すでに利用登録されている方は再登録できません。
  ※登録情報を忘れてしまった方は、サポートセンターまでお問い合わせください。
  障害者手帳を所持していること ※障害者手帳をお持ちでない方は登録することができません。

  SMSを受信できる番号が必要
  登録時に電話番号の入力が必須となります。
  SMS番号をお持ちでない場合は、代わりとなる電話番号でもご登録いただけます。
  ※他の利用者(ご家族・ご友人等)と同じ電話番号はご利用いただけません。
  ※SMS番号がない場合は、着信通知が受けられませんのでご了承ください。

利用システムのご案内

<電話リレーサービス専用システム>電話のかけ方
[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-13 17:31 | その他 | Comments(0)
d0070316_10372167.jpg
d0070316_10383090.jpg

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-12 08:34 | その他の関係団体情報 | Comments(0)

手話通訳もAIの時代?

  ロボホンは手話通訳を覚えた! AIを活用し

  た手話認識アプリをシャープらが共同開発

11/8(水) 16:02配信

ねとらぼ

 NTTデータ、シャープ、NTTデータSBCはロボホン向け手話通訳アプリケーションを共同開発したと発表しました。スマートフォンアプリを併用する事で、手話をチャットのように文字化することも可能になります。

【画像:ロボホンの手話通訳機能図解】

 ロボホンに手話で話しかけると、意味する単語をロボホンが発話し背面の液晶にも単語が表示されます。スマートフォン等の外部デバイスにも手話がチャットのように表示されます。

 健聴者がロボホンに声で話しかければ、音声が文字化され背面液晶に表示。こちらもスマートフォン等に会話が表示されます。

 このアプリケーションはNTTデータ社内のロボホン向けアプリ開発コンテストがきっかけで開発されました。AI技術(ディープラーニング)を使って画像解析を行うことで、手話を理解しています。現段階では、手話初学者の手話練習や単語レベルでの意思伝達を必要とする場での利用を想定していますが、今後は一連の手話を認識し簡単な会話での意思伝達交換、行政や企業の窓口対応までできるようにしたいとのこと。さまざまな場面で手話通訳が円滑に行われるように1日でも早い実用化を目指すそうです。

 以前、ロボホンには「すれ違い顔認識呼びかけ機能が視覚障がい者に重宝されている」という誤解が流れ、それに対しシャープ公式Twitterアカウントが新規アプリとして対応すると答えたことが話題となりました。同アカウントではその後「ロボホンがハンディキャップある方たちのお役に立てるような取り組みにできるだけ注力していきたい。」とツイートしていました。


[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-11 16:01 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

≪手話通訳・要約筆記付き行事のお知らせ≫

☆手話通訳付き行事

平成29年度第36回日田市青少年健全育成大会

日 時:11月18日(土) 10~12:00

場 所:パトリア日田 小ホール

あすぴあフェスタ2017

日 時:11月19日(日) 10:00~15:00

場 所:大分県総合社会福祉会館

d0070316_14144854.jpg
d0070316_14150150.jpg



[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-11 14:15 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(0)

大分市聴力福祉会 

敬老会・高齢者との交流会

 台風22号の接近で開催が危ぶまれた敬老会・高齢者との交流会でしたが、聴覚障害者、健聴者併せて50名近くの参加がありました。


「単語づくりゲーム」では50音でいくつの単語ができるかを競い、「豆運びゲーム」では30個の豆を1分間でいくつ運べるかを競いました。初めて会う人もいたようですが、すぐに打ち解けて、皆さんスムーズにゲームをクリアされていました。若さがあふれていました。


d0070316_13503217.jpg
d0070316_13505556.jpg


[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-10 08:30 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)
別府溝部学園高等学校
普通科福祉コースの2年生
がセンター見学に来ました。

そのあと、身体障害者福祉センターに
行って、高齢ろう者の皆さんと一緒に
卓球バレーを楽しみました166.png101.png180.png
d0070316_16075347.jpg



[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-09 16:13 | その他 | Comments(0)
手話通訳・要約筆記の依頼は5日前までに依頼してください!

※①ろう者⇒ 5日前⇒通訳者決定
 ②ろう者⇒朝9時⇒午後1時に派遣希望⇒通訳者決定に時間が必要
 ※急病、ケガ等は当日の通訳依頼で大丈夫です。
        ご協力をお願いします


[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-09 09:57 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

大分方言

 大分弁意味
あいい
あけぇ
あいやん
あんにゃ
あぐる
あたりくりまわす
あど
あちい
あっちあられん
あばけん
あらまし
あんげこんげ
あんな
色が青い事
色が赤い事


プレゼントする、差し上げる事
触りまくる
かかと
暑い・熱い・厚い
考えられない事
はいりきれない
大雑把
あっちこっち
あのねと呼びかける      
いいあんべえ
いいえなこと
いけん
いかれん
いじくる
いっすんずり
いごく
いちべー
いっこも
いっこん
いっちょん
いぬる
いびしい
いみる
いやこといい
いらぶかす
いらんしょわ
いれくる
いんね
ちょうどいい
いいえの強調
いけませんという禁止の言葉
行けません
もてあそぶ
車が超渋滞状態のとき使う
動く
よけいに
すこしもとか全くの意味
全然、ひとつも
いっこもと同じく少しも
帰る事
気持ち悪い
増える
ぐちや屁理屈を言う人
騙す
余計なお世話
ごまかす
いいえ    
うそんじょう
うったち
うったつる
うっとー
うでぐろしい
うどぐれえ
うもーねぇ
うわぐろ
嘘ばっかり
私たち
上からあてがう
私たち
気持ち悪い
薄暗いところ
まずい
右端
えば
えらしい
蜘蛛の巣
かわいい
おいのこす
おいをうつ
おかやん
おごる
おーちゃきー
おじい
おしなぎい
おてしょ
おまいどー
おらぶ
おりよ
おりきらん
おるかえ
おろいい
追い越す
追い銭をやる
お母さん
じゃれる
横着な
恐ろしい
もったいない
小皿
あなた方
叫ぶ
そこに居なさい
ここに居る事ができない
いらっしゃいますか
品質が悪い  
かかり
かた
かたる
かまや
かるう
かやる
一番最初
の家  ○○ちゃんかたと使う
仲間に入る
炊事場
背負う
倒れる
きさねえ
きじょわしい
ぎっちょ
きにょう
きのどきー
きねぇ
きやーす
ぎゅうらしい
汚い
気持ちに落ち着きが無い
左利き
昨日
遠慮するとき使う
色が黄色い
気安く
おおげさ
くされ
くじをゆう
くちもがい
くびる
くゆる
くらーす
ぐらぐら
ぐろ
性格が腐っている
文句を言う
口答え
結ぶ
崩れる
一発お見舞い
頭にきてはらわたが煮えること
けつまらん
けちゅうら
げさきい
けんど
話にもならない程つまらない
すぐ調子にのる者
下品・えげつない
けれども
こいさ
こえる
こき
こさぐ
こしきい
こしい
ごてしん
こなす
こねくる
こまめる
こんこ
こんめえ
今夜
太る
ここのこと
削り取る
ずる賢い
ずるい
何もしない人(御大身が語源)
いじめる
足をくじく
小銭に両替する事
タクアンのような漬物
小さい  
さかしー
さじー
さびー
ざまねえ
盛んである
動作が機敏な事
寒い
だらしない

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-08 20:15 | その他 | Comments(0)

「手話言語法」制定を議員立法で目指す

↓クリック



 耳が聞こえない人たちがどこでも手話を使える社会づくりを目指す
「手話を広める知事の会」(会長・平井伸治鳥取県知事)に全ての
都道府県知事が入会し、国会内で7日、記念セレモニーが開かれた。
聴覚障害者や与野党の国会議員ら約300人が参加。手話教育を広め、
通訳配置を求める「手話言語法」制定を議員立法で目指すことで一致
した。
d0070316_14334654.jpg
          【写真提供】手話サークル「はぐるま」夜の部 伊東さん


[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-08 14:26 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
より質の高い聴覚障害者支援を行う時に、すぐに役立つ知識と実践の書籍をご紹介します。
【主要目次】
第1章 聴覚障害の基礎
第2章 聴覚障害児・者の福祉
第3章 聴覚障害児・者の教育
第4章 聴覚障害者の雇用と就労
第5章 聴覚障害児・者のソーシャルワーク支援
第6章 聴覚障害児・者支援の実践から学ぶ
第7章 聴覚障害当事者から学ぶ
第8章 聴覚障害関係団体の活動とろうあ運動、ろう文化
第9章 聴覚障害児・者支援の課題と展望
d0070316_14101549.jpg
大分県聴覚障害者協会に2冊在庫があります。実践書はいかがでしょうか?

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-07 14:15 | Comments(0)
☆劇場版 Fate/stay night[Heaven’s Feel] 第一章
字幕付き上映日:11月18日(土)~11月20日(月)
字幕付き上映館:T-joyパークプレイス大分
「もしわたしが悪い人になったら許せませんか?」
少年は少女を守りたい。そう、思った。
魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が、あらゆる願いをかなえる願望機「聖杯」をめぐり戦う――「聖杯戦争」が起きて10年、冬木市で再び戦争が始まった。  
d0070316_17092744.jpg

☆HiGH&LOW THE MOVIE 3 /FINAL MISSION
字幕付き上映日:11月26日(日)~11月27日(月)
字幕付き上映館:T-joyパークプレイス大分
「EXILE TRIBE」がドラマや映画、ライブ、音楽など、さまざまなメディアを連動して展開するエンタテンメントプロジェクト「HiGH&LOW」の長編劇場版最終章。
d0070316_17085796.jpg


[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-06 17:10 | 字幕付き映画情報 | Comments(0)

第33回幹部研修会

平成29年11月5日(日)大分県聴覚障害者センターにおいて第33回幹部研修会を開催しました。
理事、評議員、各地区役員合わせて25名の参加がありました。
手話言語条例とは何か?手話言語法に至るまでの流れから再学習しました。
現在、津久見市・豊後大野市手話言語条例の状況を説明、また宇佐市も4月から「手話言語条例」の話し合いを進めていましたが、視覚障害者団体から「手話や点字は言語を含む」等修正案があり、宇佐市と合同会議を検討していると報告がありました。
高齢部から企業見学に「聴覚障害者の見学はできない、危ない」と連絡を受け、高齢部役員が企業へ説明し見学できたと報告がありました。
この後、地区役員活動の問題点や改善すべき点などを確認し、意見を出し合い、今後につながる活動ができるよう進めていきたいと思った研修会でした。
d0070316_15072124.jpg

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-05 15:09 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)

「手話は言語である」国連障害者権利条約平成26年1月批准されました。

国連の「障害者権利条約」が平成261月批准されました。第二条では「『言語』とは、音声言語及び手話その他の形態の非音声言語をいう。」つまり「手話は言語である」ということです。障害福祉の憲法ともいえる改正障害者基本法第三条では、「言語」に関しての規定が設けられ、手話は言語に含まれることが明記されています。
 これまで、ろう学校では口話法という相手の口の動きや表情などから話された言葉を理解し、音声言語を発声する指導方法を取ってきました。手話は日本語の習得を妨げるものと誤解され、多くの学校で意図的に排除されてきました。手話の獲得は、ろう教育において後回しにされ、ろう者は長い間、手話を使うことに引け目を感じなければなりませんでした。
  手話が言語であると認められたことにより、ろう者は大きな自信と希望を持つことになりました。
・「耳が聞こえないことは人と人を切り離す」
・「私たちの静けさは疲れている神経を休めてくれる静けさではないのです。『おはよう』という声や、小鳥の声でやぶられるようなそんなやさしい静けさではないのです。それは、いっさい他人と自分を引き離し閉じ込める、他人との交渉を無残にも完全に隔離するところの静けさなのであります。」(いずれもヘレン・ケラー)
 ろう者が抱える困難は外見からはわかりにくいものです。言語を獲得し、使いやすい環境がないとろう者は地域で孤立した存在になってしまいます。
「手話は言語である」と明確に位置づけられてから島根県、石狩市新得町等、地方自治体で手話に関する条例を制定する動きが始まっています。
・ろう者が手話を獲得し、手話を使いやすい環境の整備が必要
・手話に関して、市民、事業者、ろう者、行政等関係者が協働し、行政のみならず、教育、企業など幅広い面での取り組みを推進していこうというものです。

d0070316_13262228.jpg
   【写真提供】 手話サークル「はぐるま」夜の部 伊東さん


障害者基本法の一部を改正する法律(平成二十三年号)

   (障害者基本法の一部改正)

目次中

「第十一条」を「第十三条」に、「第二章障害者の福祉に関する基本的施策(第十二条―第二十二条) 第三章障害の予防に関する基本的施策(第二十三条)」を「第二章障害者の自立及び社会参加の支援等のための基本的施策(第十四条―第三十条) 

第三章障害の原因となる傷病の予防に関する基本的施策(第三十一条)」に、「(第二十四条―第二十六条)」を「(第三十二条―第三十四条)」に改める。

第一条中「法律は」の下に「、全ての国民が、障害の有無にかかわらず、等しく基本的人権を享有するかけがえのない個人として尊重されるものであるとの理念にのつとり、全ての国民が、障害の有無によつて分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現するため」を加え、「基本的理念」を「基本原則」に、「推進し、もつて障害者の福祉を増進する」を「推進する」に改める。

第二条及び第三条を次のように改める。

(定義)

第二条 この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

一 障害者 身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む。)その他の心身の機能の障害(以下「障害」と総称する。)がある者であつて、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるものをいう。

二 社会的障壁 障害がある者にとつて日常生活又は社会生活を営む上で障壁となるような社会における事物、制度、慣行、観念その他一切のものをいう。

(地域社会における共生等)

第三条 第一条に規定する社会の実現は、全ての障害者が、障害者でない者と等しく、基本的人権を享有する個人としてその尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有することを前提としつつ、次に掲げる事項を旨として図られなければならない。

一 全て障害者は、社会を構成する一員として社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が確保されること。

二 全て障害者は、可能な限り、どこで誰と生活するかについての選択の機会が確保され、地域社会において他の人々と共生することを妨げられないこと。

三 全て障害者は、可能な限り、言語(手話を含む。)その他の意思疎通のための手段についての選択の機会が確保されるとともに、情報の取得又は利用のための手段についての選択の機会の拡大が図られること。


[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-05 14:34 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

2017年(平成29年)、『全国障害者スポーツ大会(愛媛・えひめ大会)』大会参加者報告、フライングディスクに参加した広瀬さんが二位と三位の報告がありました。

国体から設立された今大会で、身体障害者、知的障害者、精神障害者が個人競技、団体競技、オープン競技で競い合いました。

全国障害者スポーツ大会(愛媛大会)2017の大分県選手の、記録、結果を見てみましょう!

d0070316_16194486.jpg

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-04 16:20 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

≪手話通訳・要約筆記付き行事のお知らせ≫

第48回大分市社会福祉大会〈手話・要約筆記〉
日時:118()13001630
場所:ホルトホール大分 大ホール


☆手話通訳付き行事

東日本大震災に学ぶ~高齢者、障がい者、子供たちの防災を考える~

日 時:11月12日(日) 10~16:00(開場1330

場 所:ホルトホール大分 2階会議室

d0070316_13281978.jpg

別府市福祉まつり
日時:1112()10:00~10:30
場所:別府公園
内容:福祉まつり開会式

第7回豊後大野市ふるさとまつり
日時:1112()9:30~15:30
場所:豊後大野市大原総合体育館周辺特設会場
内容:

d0070316_13283164.jpg
三重サークル「さくらんぼ」が作成していました指文字パネルが完成しました。
 ふるさとまつりで展示します。みなさんお越しください!
d0070316_13284439.jpg



☆要約筆記付き

日時 11月8日(水) 14:30~15:30

場所 介護老人保健施設  メディケアふじが丘

講師:妙蓮寺 蓮谷 啓生師  

講題:「帰るところ」



[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-04 13:35 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(0)

青年部からのお知らせ

灯油を売る車が通るようになりました。
そろそろ、ストーブの準備が必要になってきますね。
街もイルミネーションで輝いてくるのでしょうね。

青年部からのお知らせです。
新年もすぐそこですね。
d0070316_17585570.jpg

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-03 08:30 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
再度のお知らせです。

参加者が少人数です。

11月4日
今週の土曜日から始まります。

過去に受けたことがある人も
復習のつもりでチャレンジしてみませんか。
当日の受付も可能ですので、
センターにいらしてください♪
d0070316_11460671.jpg

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-02 12:32 | Comments(0)
11月に入り、山々に赤や黄色が色づき
始めましたね。

私の知り合いの高齢者男性のお話です。
10月中旬に、かかりつけ医から連絡が
あり、ワクチンがきれそうなので早めに
予防接種に来てください。
との事です。

私は、あまり早くに行っても・・・
11月に入ってから接種に行ったほうが
良いかも。とお勧めしましたが、
その後日、全国ニュースで『ワクチン不足』
と出ました148.png

その男性は接種できたのでしょうか?
申し訳ないです145.png

皆様も早めに予防接種に行ってくださいね101.png
d0070316_10015561.jpg

[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-02 10:03 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

遠隔手話通訳 活用例


遠隔手話通訳の活用例

Ⅰ 設置型の遠隔手話通訳

 ◎特定の機関にタブレット等を設置しての遠隔手話通訳のため活用範囲が狭

い。

Ⅱ 携帯型の遠隔手話

 ◎スマートホーン等で生活の幅広い分野で遠隔手話通訳を活用できる

 

【日常生活場面】

・マンション内での会議

・突然自宅への訪問者・・・民生委員、宅配便との誤送等

・デパートでの買い物

・携帯電話会社での機種変更

・近隣との短時間の話し合い

【教育関係】

・PTA活動

・家庭訪問

・三者面談

・進路指導

・教育相談

・授業参観

【職業関係】

・会社内での上司等との相談、要望等

・職場内のトラブル・・・同僚とのトラブル等、誤解をときたい

【医療関係】

・受診・・・眼科、リハビリ、栄養指導、健康診断、検査

・入院中のろう者、健聴者との会話

・乳幼児に付き添う母親への遠隔通訳

【住宅関係】

・公営住宅の抽選会

・不動産屋でのアパート探し

・物件の下見・・・簡単な下見

・リフームの相談

【役所等】

・市役所等の諸手続き・・・通訳者不在の時

・生活訓練事業等で市役所等との事前依頼と簡単な打ち合わせ

【その他】

・冠婚葬祭、運転免許の更新

・観光地ガイド

・パスポート申請

・各種施設の申し込み

・空港でのチケット変更

・駅での切符交換等

・電話の故障等

・約束した時間の訪問予定医者

【緊急性のある通訳】

・交通事故、事件に巻き込まれた

・急病の時

・近親者の死亡・・葬儀、手続き等

・施設入所者の親などの死亡・・・施設側から緊急性を求められる

・窃盗、傷害、暴力問題


[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-01 14:14 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

手話を広める知事の会
一般財団法人 全日本ろうあ連盟

報道関係者 各位

「手話を広める知事の会」
総会・手話言語フォーラム 開催のお知らせ

開催日:平成29年11月7日(火)13:15~16:40
会 場:参議院議員会館 1階「講堂」

 昨年7月に、33道府県の参加のもと設立した「手話を広める知事の会」は、設立当初より会員都道府県数を着実に増やし、平成29年10月13日に47すべての都道府県が参加するに至りました。手話をめぐる動きは、大きな広がりをみせており、手話言語条例を制定している自治体も10月19日現在で108自治体(13県/84市/11町)まで増加してまいりました。
 この度、「手話を広める知事の会」総会を下記の通り開催します。
 また、まだ聴覚障害者や手話に対する理解は十分とは言い難く、更に多くの皆様に知っていただくため、総会に併せて手話言語フォーラムを開催いたします。
 つきましては、報道関係者の皆様におかれましては、是非とも取材いただきますよう、御案内申し上げます。
 なお、時間の都合上、インタビュー取材の時間は設けておりませんので、あらかじめ御了承ください。

1 日時:平成29年11月7日(火)
     (1) 13:15~14:15 【第1部】総会
                平成29年度事業計画(案)・役員体制(案)・
                全都道府県加盟達成記念セレモニー
     (2) 14:30~16:40 【第2部】手話言語フォーラム
                オープニングセレモニー(デフリンピックメダリスト)
                パネルディスカッション、指定発言、宣言など
2 場所:参議院議員会館 1階「講堂」(東京都千代田区永田町2-1-1)


[PR]
# by toyonokuni | 2017-11-01 07:16 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

~センター内の忘れ物~

d0070316_15523348.jpg
 あめがたくさん入ったブルーのビニール袋を、1F自動販売機前椅子で見つけました151.png
 メガネ・ハンカチ・ノート等…置き忘れた方は、センター受付までお越しください。
 

[PR]
# by toyonokuni | 2017-10-31 16:02 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

協会の歴史から学ぶ

様々な事業を実施、また運動としても各種要望活動をしてきています。


平成12年

★手話サークルリーダー研修会開催 ※15サークル 30名参加

★県聴覚障害者協会・県手連・全通研支部3団体会議開催

★佐伯市手話奉仕員派遣事業開始(県協会受託)

★大分県議会傍聴手話通訳配置 (県協会受託)

★大分介護福祉士専門学校「手話」授業開始<講師:矢津田明子氏>

★藤華医療介護専門学校「手話」授業開始<講師:安部 範子氏>

★第21回大分県手話通訳認定試験実施 〔25名受験 5名合格〕

★企業向け手話講座開催(10企業 25名参加)

★佐藤桂子氏ボランティア功労者の厚生大臣表彰受賞

★大分県手話通訳認定試験事前講座開催  【参加者36名】

★別府手話サークル「にじ」昼の部活動開始

★中津手話サークル「さつき」昼の部活動開始

★大分市議会外の市議会へ「議会傍聴手話通訳派遣委託契約」依頼文書送付

★県教育委員会、県広報公聴課へテレビ通訳派遣について法人との委託契約

★手話通訳派遣事業未実施機関に対し「手話通訳派遣事業委託」要望書提出

■平成12年度聴覚障害者センター利用者 18,505名(H12.4.1~13.3.31)

 ※平成12年度:協会会員446名 賛助会員558名 企業賛助会員5社

平成13年

★日韓ろう者国際交流会開催 

★県聴覚障害者協会・県手話サークル連絡協議会・全国手話通訳問題研究会大分支部3団体会議開催

★大分市手話奉仕員派遣事業 県聴覚障害者協会へ委託開始

★別府市手話奉仕員派遣事業 県聴覚障害者協会へ委託開始

★日田市手話奉仕員派遣事業開始(県協会受託)

★県立佐伯豊南高校手話選択クラブ手話授業開始 <講師:三富佳子氏>

★日本文理大学付属高校福祉コース「手話」授業開始 <講師:神田貴代氏>

★大分リハビリテーション専門学校言語聴覚士科「手話」授業開始<講師:河野 民子氏>

★第4回ゆふいん文化記録映画祭において字幕ボランティア「きらきらぼし」協力

★手話クラブ指導者研修会開催 【参加者8名】

★別府市旅館組合連合会加入従業員対象 手話講座開催 【参加者32名】

★IT講座聴覚障害者参加募集

 ※通訳派遣67名の聴覚障害者と54名の手話ボランティア参加

★第1回登録要約筆記者研修会開催

★法人主催手話サークルリーダー研修会開催  

  ※15サークル 30名参加

★第30回全九州手話通訳者研修会開催 《別府市》【参加者674名】

 ※聴覚障害者で薬剤師の早瀬久美氏も講師として来県

★全国高校生の手話による手話スピーチコンテストで1位入賞楊志館高校生徒

★企業向け手話講座  ※14企業 28名参加

★県警察にて手話講座開催  

  ※県内18会場に協会より講師派遣

■平成13年度聴覚障害者センター利用者 19,080名(H13.4.1~14.3.31)

 ※平成13年度:協会会員421名 賛助会員580名 

平成14年

★米内山明宏氏講演会

 ※1部「手話へのナチュラルアプローチ」

   2部「空間芸術としての手話」

★映画「アイ・ラヴ・フレンズ」上映会開催  ※県内10会場

★県共同募金会より「高齢重度聴覚障害者支援事業」助成

※レクリエーション機器購入、高齢ろう者の集い開始

★第1回大分県大学生・高校生手話スピーチコンテスト開催

※6校から8名出場  【参加者90名】

★佐伯ケーブルテレビ手話通訳付き放映開始(県協会受託)

★臼杵市手話奉仕員派遣事業開始  (臼杵市聴覚障害者協会受託)

★大分医療事務専門学校医療・介護事務学科「手話」授業開始

<講師:神矢睦子氏>

★別府大学手話通訳派遣契約締結(県協会受託)

★協会機関紙200号発行  ※昭和57年10月第1号発行

★第5回ゆふいん文化記録映画祭において字幕挿入・手話通訳協力

★「サッカーワールドカップ」で手話通訳派遣協力  ※50名配置

★企業向け手話講座開催  ※9企業から16名参加

★大分交通新人バスガイド手話研修実施 《県聴覚障害者センター》 

★法人主催敬老祝賀会開催

★全国高校生の手話によるスピーチコンテスト1位入賞※楊志館高校生徒

★聴覚障害児リレー研修会開催  ※「聴覚障害者の体験を学ぶ」

★大分県要約筆記サークル「陽ざしの会」厚生労働大臣感謝状受賞

★大分東医師会主催手話講習会開催

■平成14年度聴覚障害者センター利用者数 19,721名(H13.4.1~14.3.31)

 ※平成14年度:協会会員425名 賛助会員606名 

平成15年

★県聴覚障害者協会「手話に関する総合的指針」を発表

★市町村合併後の聴覚障害者福祉に関する要望書提出(市町村・合併協議会事務局等)

★全国盲ろう者協会事務局長を囲む会開催   《県聴覚障害者センター》

★杵築市手話奉仕員派遣事業開始(県協会受託)

★日本文理大学商学部経営経済学科経営福祉コース「手話」講義開始 

<講師:得能智恵美氏・佐藤厚子氏・河野民子氏・安政英子氏>

★日田公共職業安定所に手話協力員設置(梶原真由美氏)

★ジョブコーチ支援事業開始(県協会との契約/神田幸子氏)

★法人主催「手話サークルリーダー研修会」開催 【参加者40名】

★「大分県手話通訳認定試験」事前講座開催

★議会傍聴手話通訳担当者研修会開催

★2級ヘルパー養成講座開催  ※日本自転車振興会助成事業 【受講者20名】

★全国高校生の手話によるスピーチコンテストで1位・2位入賞

   ※1位:東明高校生徒  2位:楊志館高校生徒 

★「第23回全国ろう学生の集い」開催 《別府市》

★第7回大分県聴覚障害児教育研修会開催

 <講師:仙台市聴覚障害学生情報保障支援センター代表 松崎 丈氏>

★第2回大分県大学生・高校生手話スピーチコンテスト開催 《福祉会館》

 ※8学校:12名出場 【聴講者120名】

■平成15年度聴覚障害者センター利用者数 18,764名(H13.4.1~15.3.31)

 ※平成15年度:協会会員430名  賛助会員地1,066名(講習生含む)

平成16年

★大分県警察メール110番開始 

★大分市手話サークル「はぐるま」大分合同新聞福祉賞受賞

★手話講習会受講生対象「フォローアップ・パワーアップ」講座開始

★大分市高齢重度聴覚障害者生活支援員訪問事業受託開始

★「大分県聴覚障害者協会福祉サービス等改善向上委員会」設置

★別府大学短期大学部地域総合学科「手話」講義開始<講師:三神由紀恵氏>

★ろう者ヘルパーサークル「ほほえみ」設立

★大分市広報番組手話通訳者派遣開始(県協会受託)

★大分大学手話通訳者、ノートテーカー派遣事業開始(県協会受託)

★ろうヘルパー2名が介護保険事業所登録ヘルパー採用

★第1回「大分市高齢重度聴覚障害者生活支援員」研修会開催

★県共同募金会より「高齢ろう者生きがい対策事業」等に助成

★第12回全国情報提供施設協議会総会大分で開催

★第1回ろうヘルパー「ほほえみ」研修会開催

<講師:大阪ろうあ会館在宅支援副主任ヘルパー 廣田しづえ氏> 

★法人主催で初めての「盲ろう者向け通訳・介助員養成講座」開催

<講師:長崎県盲ろう者友の会「あかり」>       【参加者108名】

★市町村合併に向け、聴覚障害者福祉に関する予算要望活動実施

★聾者のための指導者(アジア・太平洋諸国)研修会大分で開催

※タイ、中国、ソロモン、ウズベキスタン、インドネシア、カンボジアより8名のろう者参加。JICA主催。

★アジア手話セミナー開催       《県福祉会館》【参加者100名】

 <講師:群馬大学教育学部助教授 金澤貴之氏>    【参加者60名】

 ■平成16年度聴覚障害者センター利用者数 19,721名(H15.4.1~16.3.31)

※平成16年度:協会会員447名 賛助会員1,075名 

平成17年

★宇佐市議会傍聴席に初の手話通訳が付く  ※「派遣制度問題等について」一般質問

★佐伯市社会福祉課に手話通訳者1名増員(2人体制/西村奈緒美氏)

★「地域福祉懇談会」開催  《宇佐市・別府市・杵築市・臼杵市・津久見市・中津市》

★将棋クラブ活動開始(毎月第1・3日曜日)

★市町村合併に向け、聴覚障害者福祉に関する予算要望活動

★聴覚障害者福祉について議会請願活動(宇佐市・臼杵市・津久見市・豊後大野市)

★障害者自立支援法案反対活動

※各市町村へ文書送付及び各支部協会は直接出向いて要望書提出。県聴覚障害者協会、県難聴者協会・県手連・全通研・陽ざしの会・全要研の6団体で活動

★サポートボランティア事業受託

※ホテル・観光地等従業員対象手話講座。県より受託《大分・別府・湯布院会場》

★全国要約筆記問題研究会大分県支部設立 ◎初代支部長 池辺恵子氏

★県南地区「高齢ろう者の集い」自主開催 《佐伯市》【参加者36名】

★聴覚障害パソコン指導者養成講習会開催 ※NPO法人障害者UP事業

■平成17年度聴覚障害者センター利用者数 16,022名(H17.4.1~18.3.31)

*平成17年度 : 協会会員数 415名 賛助会員数 961名

平成18年

★県聴覚障害者センター指定管理施設となり、法人が受託運営

★ 中津市手話サークル「さつき」昼 正式発足◎初代会長:工藤悦子氏

★ 4月1日、大分県聴覚障害者センター・大分県聴覚障害者協会ホームページ開設

★ 豊後大野市役所に手話通訳者設置へ署名運動

★ 当法人理事長・センター施設長 足立亮一郎氏急逝(享年62歳)

★第29回法人理事会において、故足立亮一郎法人理事長兼県聴障センター施設長施設長の急逝に伴い後任者を下記のとおり決定

  理事長:西村 務氏

  施設長:原 悦樹氏

★ 5月ホームページアクセス数5,000件突破!

★ 6月1日 大分県聴覚障害者センターブログ開設

★ 第8回全国障害者スポーツ大会「チャレンジ!おおいた大会」

~大分ならできる 大分だからできる~ をテーマに取り組み開始

★ 豊後大野市で初めての登録通訳者研修会開催

★「第3回全国ろうあヘルパーの明日をつなげよう!フォーラム」湯布院で開催【参加者80名】

★ 別府ケーブルテレビ手話通訳付き放送開始

★ 「障害者自立支援法案反対活動」各市町村へ要望書を提出

関係6団体(県聴覚障害者協会・県難聴者協会・県手話サークル連絡協議会・全国手話通訳問題研究会大分支部・県要約筆記サークル陽ざしの会・全国要約筆記問題研究会大分県支部)による県内14市3町訪問し要望活動を終了

★ 第18回全国ろうあ老人大会及び第20回ろうあ老人ゲートボール交流大会 開催《別府市》【参加者600名】

★ 第33回大分県手話研修会開催《湯布院ゆふの丘プラザ》【参加者123人】

※ 10月21日(土)開会式 ミニディスカッション 交流会

※ 10月22日(日)分科会 全体会 

第1分科会「私の歩んできた人生」

第2分科会「サークルってなーに?」

第3分科会「ん?あなたのその手話通じてる?」

★ 大分県聴覚障害者協会創立60周年・大分県聴覚障害者センター10周年記念大会 大分県総合社会福祉会館で開催【参加者500名】記念誌「60年のあ   ゆみ」販売

★ 大分県議会で要約筆記派遣事業開始

■平成18年度大分県聴覚障害者センター利用数 16,584名(18.4.1~19.3.31)

※平成18年度:協会会員 420名 賛助会員 834名

平成19年

★ 大分市盲ろう者向け通訳・介助員養成講座開始(県協会受託)【受講者21名】

★ コミュニケーション支援事業 手話通訳派遣 16/18市町村

               要約筆記派遣  7/18市町村

★ 国東市手話サークル「菜の花」正式発足 ◎初代会長:鹿島清子氏

★ 聴覚障害者パソコンインストラクター養成講座 【受講生6名】

県障害福祉課がNPO法人障害者UP大分プロジェクトに委託実施

★ 大分県の特別支援教育の方向(素案)に関して大分県特別支援教育推進検討委員会へ4協会から要望書提出、意見交換

★ 第21回大分合同新聞福祉賞 奈須博幸氏

★ 大分大学「指文字認識システム」の研究に取り組み

★ヨーロッパ・イタリアへ研修旅行

■平成19年度聴覚障害者センター利用者数 18,514名(H19.4.1~20.3.31)

※平成19年度:協会会員 418名賛助会員 792名

平成20年

★ 全国障害者スポーツ大会 おおいた大会に向けて 

専門ボランティアリーダー・サブリーダー研修会を開催 【参加者66名】

★ 県民保健福祉センター 設置通訳者廃止

★ コミュニケーション支援事業  手話通訳派遣 16/18

                要約筆記派遣 15/18

★ 道路交通法が一部改正 

聴覚障害者の免許取得「可」の範囲拡大+「聴覚障害者標識」の表示義務化

★ 障害者スポ大会に向けて全日空ホテルオアシスタワースタッフ手話講座開講

★ 第8回全国障害者スポーツ大会リハーサル大会開催 

4、 手話通訳後の難しい問題の解決

5、 通訳内容について、法人が厳正に管理

★ おおいた国体おもてなし 観光ボランティア選択研修会 【受講生334名】

★ 障害者スポ大会に向け「杉の井ホテル」(別府市観海寺)ホテル従業員向け手話講座開講

★ 障害者スポ大会の選手団ボランティアとして下記の学校で手話や聴覚障害者問題講義

◎大分大学、大分県立看護科学大学、日本文理大学、別府大学、別府溝部学園短期大学、大分視能訓練士専門学校、大分リハビリテーション専門学校、大分医学技術専門学校、大分介護福祉士専門学校、智泉総合福祉専門学校

★ 大分県立聾学校 大分県聴覚障害者協会 合同開催

100周年記念 運動会開催 テーマ「100年の絆~はばたけ!希望の未来へ~」

★ 第8回全国障害者スポーツ大会開催 「チャレンジ!おおいた大会」

★ 手話通訳者414名 要約筆記者 299名パソコン要約筆記45名協力

★ 大分県立聾学校創立100周年記念式典、祝賀会、文化祭が開催

★ 大分市聴力障害者福祉会創立60周年記念大会開催

■平成20年度聴覚障害者センター利用者数 24,532名(H20.4.1~21.3.31)

※平成20年度:協会会員 428名 賛助会員 747名

平成21年

★ 大分県立聾学校 校名変更反対署名運動 4,142筆の署名集まる(2月20日)

★ コミュニケーション支援事業 臼杵市が県協会へ委託決定 手話通訳派遣17/18要約筆記派遣17/18

★大分県聴障協 新書籍を発行「ハジメテノ 手話テキスト」

★ センターに利用団体のメールボックスと「ふれ愛・伝え愛伝言板」設置

★ 大分県聴覚障害者協会 パソコンクラブ「フレンド」正式発足 ◎初代部長 岐崎範子氏

★ 「大分盲ろう友の会」正式発足  ◎初代代表 広瀬かおる氏

★ 大分県聴障協 行事入り手話カレンダ作成し会員に無料配布 

★緊急雇用創出聾学校手話通訳士派遣事業開始  (佐伯 美保氏)

★ 大分市「緊急メールシステム」実施開始

★ 大分裁判所と協議し、裁判員制度担当通訳者名簿提出

★ 杵築市役所に専任通訳者設置 (清原千穂氏)

★ 財団法人JKAより競輪公益資金による補助事業決定

  ノンリニア映像編集機器の寄贈を受ける 

★ 佐藤 敬氏(中津手話サークル) 緑綬褒章受賞

★ 全日本ろうあ連盟60周年記念映画「ゆずり葉」 

県内6地区で上映会  開催場所: 大分市、別府市、臼杵市、中津市、日田市、国東市,各地の参加者総数1,500名

★ 第32回大分県合同新聞福祉賞 津久見手話サークル受賞

■平成21年度聴覚障害者センター利用者数 21,270名(H21.4.1~22.3.31)

※平成21年度:協会会員 448名 賛助会員 776名

平成22年

★緊急雇用創出聾学校手話通訳士派遣事業

大分県立聾学校教職員等へ手話・聴覚障害について指導 甲斐雅子氏

★新年文化講演会&映画「ゆずり葉」上映会 開催

〈講師:井崎 哲也氏〉【参加者 450名】

★全国手話通訳問題研究集会in大分実行委員会開催

★豊の国聴障ニュース300号達成!(9月号)

 昭和57年10月第1号発行開始から、平成22年9月号で300号達成!

★「県聴覚障害者センターの任意指定に係る関係者・利用者への説明及び意見聴取の会」が開催

★We Loveコミュニケーションパンフレット全国30万部普及、120万人署名運動開始

★聴覚障害者制度改革推進「地域本部」7団体結束!設立会議開催

★第44回全国手話通訳問題研究集会 ブログ立ち上げ 

 大会テーマ決定「時代(とき)を見つめ未来につなごう 熱いメッセージを」 

★聴覚障害者の緊急時の対応についての意見交換会 各8市で開催

 [大分市 佐伯市 中津市 豊後大野市 津久見市 別府市 杵築市 臼杵市]

★第44回全国手話通訳問題研究集会

 記念講演講師決定 《姜 尚中氏(東京大学大学院教授)》

★社会福祉法人大分県聴覚障害者協会理事長 西村 務氏

  第60回障害者自立更生等厚生労働大臣表彰を受賞

★九聴連主催 九州ブロック手話指導講師養成研修会 開催【九州各地より30名参加】

★大分市高齢重度聴覚障害者生活支援事業生活支援員研修会開催

 〈講師:大分県こころとからだの相談支援センター姫野計志氏 松尾佳子氏〉

★3月11日 東日本大震災が発生!(東北地方太平洋沖地震)

★「東日本大震災聴覚障害者救援地域本部」立ち上げる

●平成22年度聴覚障害者センター利用者数 22,134名(H22.4.1~23.3.31)

※平成22年度:協会会員 440名 賛助会員 740名


平成23年

★緊急雇用創出聾学校手話通訳士派遣事業

 大分県立聾学校教職員等へ手話・聴覚障害について指導 河野民子氏

★協会カレンダー配布

★新年度各講座

 ①手話サロン  5月~9月 4回開催 【参加者 延べ33名】

 ②なるほど・ザ・日本語講座 10回コース 【受講者 20名】

★第44回全国手話通訳問題研究集会大分県別府市で開催 【参加者1,107名】

★一般市民向け手話講座開講を開講   

 【大人向(2日間合計)参加者 39名、子供向(2日間合計)参加者 8名】

★第21回全国デフライダーズ交流会大分県で開催  【参加者50名】

★豊の国聴障ニュース 手話版動画配信開始 県聴障協組織部とビデオボランティア合同制作

★第38回大分県手話研修会開催 【参加者190名】

 講 師 嘉村幸江氏(聴覚言語障害者養護老人ホーム田尻苑生活部長)   

 テーマ 「田尻苑入所者とともに歩んだ二十年」   

★宇佐市役所手話通訳者設置 〈岩水ヤス子氏、山本露子氏〉

★平成23年度大分市高齢重度聴覚障害者生活支援・訪問事業研修会 

 講 師:近藤 亜紀子氏、丸木 勇氏(明野包括支援センター)

★平成23年度手話講習会講師研修会  

 講 師:梶原 直樹氏(大分県教育センター特別支援教育指導主事)

●東日本大震災義援金 大分県地域本部 合計496,122円

●平成23年度聴覚障害者センター利用者数 24,673名(H23.4.1~24.3.31)

※平成23年度:協会会員 446名 賛助会員 700名

平成24年

★県立大分南高等学校福祉科 手話授業開始 講師:浅野月美氏、古田典子氏

★第12回全国障害者スポーツ大会聴覚障害者バレーボール予選大会

★「手話通訳事例に学ぶ」発刊

★大分県大雨災害義援金 20,198円 大分県共同募金会へ募金

★手話通訳者 二宮敬介氏 ご逝去(享年80歳)

★故二宮敬介氏を偲んで「ピエロ」の作品を観る会

   「夕鶴」「しばてん物語」「高瀬舟」「瓜盗人」

★センターホームページ開設から30万件超える。(3/24)

平成25年

★センター公用車廃止

★県南支部講演会「高松裁判の現状」講師 池川 洋子氏

★意志疎通支援事業1時間当たりの派遣単価1500円に値上げ

★臼杵市役所に専任手話通訳者設置 相馬 悦子氏

★大分県聴覚障害者センター新施設長就任 河野 弘氏 原悦樹氏退任

★県のサービス提案事業として下記の2事業を実施

 ①利用者が安心して医療機関を利用するための手話通訳者等のスキルアップ講座開催10診療科目

 ②ふれ愛広場開催(ろう者と手話学習者との交流サロン)

★全日本ろうあ連盟分担金値上げ案 平成27年度~ 2500円⇒3500円

  県下地区ごとに説明会開催

★行政職員手話講座開催要望書提出  杵築市役所のみ開催

★手話通訳士合格 1名 吉岡 千里氏

★平成25年新年文化講演会 【参加者408名】  

    講 師 大橋 ひろえ氏(サインアートプロジェクトアジアン)  

    テーマ 「私が歩んだ道」

★全国統一要約筆記試者試験 18名受験 

  手書き7名・パソコン4名・手書き+パソコン2名 合格

★市役所、職安手話通訳者交代  佐伯市役所=園田 暢子氏 

津久見市役所=薬師寺 かなえ氏 豊後大野公共職業安定所=梅木 節子氏

平成26年

★手話通訳派遣単価1時間1500円に県内統一

★専任手話通訳者

・佐伯市役所   園田 暢子  豊後大野公共職業安定所 梅木 節子 

・津久見市役所  薬師寺 かなえ

★センター祭 10年ぶりに開催  県の提案事業で実施

★10月13日開催予定の手話言語フォーラム台風で中止(1000人参加予定)

★専任通訳者 ・佐伯市福祉課(園田暢子氏)

       ・豊後大野公共職業安定所(梅木節子)

       ・津久見市社会福祉課(薬師寺かなえ氏)

★手話言語フォーラム 大分で開催予定 ※台風のため中止1,000人参加予定

★文化部主催「高崎山セラピー企画」

★佐伯市社会福祉課専任手話通訳者交代(高橋紀代美氏)

★手話言語法の早期制を求める請願 県議会と18市町村採択


平成27年

★新年文化講演会 講師「ぷ~&み~」

★スポーツ活動奨励金制度開始

★4月から会費値上げ

夫婦会員23000円・単身会員12000円・学生会費7,000円

要介護者5,000円・80才以上会費5000円

★中津公共職業安定所手話協力員交代 (大下 千里氏)  

★協会会員の行事参加について 

  ・協会体育祭→非会員不可 新年文化講演会→非会員不可 

  ・耳の日大会→非会員不可※一般参加者は参加可


[PR]
# by toyonokuni | 2017-10-30 11:58 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

協会の歴史を振り返る

昭和17年

★ろうあ協会の前身となる「東九州聾唖協会親交会」を創立

※聾学校同窓生により、土屋準一氏を会長に選任し、会員20名で発足

昭和21年

★「大分県聾唖協会」として再発足

昭和23年

★大分県立聾学校設立  ※盲・聾学校の義務制施行

★大分県ろうあ協会大分支部設立   ◎初代会長:土屋準一氏

★大分県ろうあ協会別府支部設立   ◎初代会長:山岸吉治氏

★ヘレンケラー募金より2万円配分されると同時に、ろうあ会館建設計画をたて一般募金活動実施  

1950年 昭和25年

★ろうあ児施設「あけぼの寮」発足 ※当初130人入寮

★ろうあ者授産場設置 ※大分市大道町1丁目:入所者8

協会事務所移転 ※大道町1丁目(授産場と同地)へ移転

1953年 昭和28年

★全国ろうあ者大会開催 《別府市公民館》  

 33日を「耳の日」とするように提案/徳川総裁より表彰を受ける

★県聴力障害者授産場開所  ※県の補助金交付により正式に開所

★県協会事務所に全九州ろうあ連盟事務所を併設

★県協会創立10周年記念式典並びに祝賀会開催 《ろう学校》

1957年 昭和32年

★全日本ろうあ連盟第7回常任理事会及び評議員会開催 《宮城県仙台市》

※当協会の土屋会長が全日本ろうあ連盟副連盟長に選任。昭和48年3月まで在任

1960年 昭和35年

★聴力障害者授産場拡張のため、ろう学校長、PTA会長諸氏と県に陳情

※社会福祉事業大会において会長提案説明  昭和36年度着工決定

1962年 昭和37年

★県内の身体障害者福祉司25人に手話指導

★県協会臨時大会開催  ※会館建設運動方針決定

ろうあ会館建設

●上記に伴う募金開始  ※会員1人当たり1,000

●大道授産場の土地建物払い下げを県に陳情

昭和44年

★青年部結成式開催 《県聴力障害者授産場》 ◎初代部長:高橋栄次氏

★理容部結成式開催 《県聴力障害者授産場》 ◎初代部長:田口一市氏

 昭和56年

★新年文化講演会・祝賀会開催 <講師:伊東雋佑氏>

★県ろうあ協会宇佐支部設立 ◎初代会長:尾上富彦氏

★県ろうあ協会日田・玖珠支部設立 ◎初代会長:佐藤 等氏

★県障害福祉課に手話通訳者設置(奈須博幸氏)

★大分公共職業安定所手話協力員交替

★県協会内にろう者劇団「ピエロ」結成

 

昭和46年

★県聴力障害者福祉会館建設 ※県が建設:運営を県ろうあ協会に委託

★定期総会並びに会館落成祝賀会開催 【参加者250名】

★県委託手話奉仕員養成事業開始 ※大分市において初の手話講習会開催

★県内初の手話サークル「はぐるま」設立 ◎初代会長:二宮敬介氏

★県聴力障害者福祉会館に聴覚障害者相談員設置(渡辺孝氏) 

昭和47年

★県から県ろうあ協会への委託事業「日曜教室」開始

★第7回耳の日記念大分県ろうあ者福祉大会開催 《ろう学校》

★運転免許取得街頭ビラ配り・署名・カンパ実施

 昭和48年

★大分公共職業安定所に手話協力員設置

昭和49年

★自動車運転免許取得希望者募集 ※テストケースとしてろう者3名入学

★手話劇「瓜盗人」公演

★第1回大分県手話研修会開催

昭和50年

★県内主要機関に手話通訳者を設置するよう土屋会長テレビで訴える

★県内3テレビ局に陳情 

 ※県ろうあ協会土屋会長以下役員により字幕・手話通訳挿入について陳情

★OBSテレビで初めて手話通訳付き番組放映

ろう学校報の「手話は日本語ではない」記事に県協会がろう学校に抗議

★県知事選挙に初めて手話通訳が付く 【参加ろう者約100名】

★大分市長選挙立会演説会に手話通訳が付く

★大分市役所に手話通訳者設置(佐藤桂子氏)

★「交通安全協会」設立結成式開催 《聴力障害者福祉会館

昭和52年

★新年文化講演会・祝賀会開催  《別府市つるみ荘》

★定期総会開催  ※会費1,600

★全日本ろうあ連盟重点運動街頭署名・カンパ運動実施

★参院選立会演説会に手話通訳が付く

★県から「手話奉仕員派遣事業」の受託開始

★大分市役所にろうあ者相談員設置(高橋栄次氏)

★県ろうあ協会中津支部設立 ◎初代会長:吉川文明氏

★手話サークル「佐伯手話研究会」設立(佐伯市) ◎初代会長:谷川奎吾氏

★手話サークル「小鳩」設立 (津久見市) ◎初代会長:石井幸子氏

昭和53年

★新年文化講演会・祝賀会開催 【参加者82名】

★県ろうあ協会津久見支部設立 ◎初代会長:木本登志男氏

★字幕付き映画上映会開催 【参加者多数】

★第10回耳の日記念大分県ろうあ者福祉大会開催 《津久見市民会館》

★理容部創立10周年記念式典開催

★手話サークル「ひた」設立 (日田市) ◎初代会長:中浜 明氏

★手話サークル「せきぶつ」設立 (臼杵市) ◎初代会長:首藤剛平氏

★中津市・杵築市手話講習会開催

昭和54年

★手話サークル「にじ」設立 (別府市) ◎初代会長:竹中澄隆氏

★手話サークル「きつき」設立 (杵築市) ◎初代会長:後藤英利氏

★大分県手話サークル連絡協議会設立 ◎初代会長:加藤正一氏

★津久見市手話奉仕員派遣事業開始

昭和55年

★新年文化講演会・祝賀会開催

★大分市長との懇談会開催

★全国手話通訳問題研究会大分支部設立 ◎初代支部長:二宮敬介氏

★第1回大分県手話通訳認定試験実施 〔24名受験 15名合格〕

★別府市役所に手話のできる職員配置(敦加トシエ氏)

★中津市福祉事務所に手話通訳者設置(週1回)(奥野百合雄氏)

★手話サークル「サツキ会」設立 (中津市) ◎初代会長:奥野百合雄氏

昭和56年

★新年文化講演会・祝賀会開催 <講師:伊東雋佑氏>

★県ろうあ協会宇佐支部設立 ◎初代会長:尾上富彦氏

★県ろうあ協会日田・玖珠支部設立 ◎初代会長:佐藤 等氏

★第13回耳の日記念大分県ろうあ者福祉大会開催 《大分市》

★県障害福祉課に手話通訳者設置(奈須博幸氏)

★大分公共職業安定所手話協力員交替

★県協会創立35周年記念旅行(香港・マカオ) 【参加者35名】

★県協会内にろう者劇団「ピエロ」結成

★第2回大分県手話通訳認定試験実施 〔13名受験 6名合格〕

★竹田市・宇佐市・日出町・佐賀関町で手話講習会開催

昭和57年

★県協会機関紙第1号発行

★県ろうあ協会婦人部設立 ◎初代部長:小野ツタエ氏

★県ろうあ協会老人部設立 ◎初代部長:是永  勇氏

★全通労連主催総合文化祭でろう者劇団「ピエロ」手話劇公演 《別府市》

★手話サークル「ふれあい」設立 (宇佐市) ◎初代会長:奥田大治郎氏

★宇佐市福祉事務所に手話通訳者設置(若山美似子氏)

★別府公共職業安定所に手話協力員設置

★県ろうあ協会土屋準一会長 勲四等瑞宝章受賞

★第12回大分県ろうあ青年研修会開催 《別府市母子休養ホーム》【参加者36名】

 ※青年部長:原悦樹氏

★第9回大分県手話研修会開催 《大分市霊山青年の家》【参加者120名】

 ※分科会 ①初心者A②初心者B③手話サークル講座④全通研講座

★青年部主催クリスマスパーティ開催 《福祉会館》 

 ※手話サークル会員と準備委員会を結成

★障害者の日記念大会において青年部長原悦樹氏意見発表

昭和58年

★県福祉事務所5ヶ所に手話通訳者設置(日出・宇佐・日田・佐伯・三重)※週1回

★県募集「手話奉仕員バッヂ」デザイン決定  ※応募総数101

★手話サークル「ひじ」設立 (日出町) ◎初代会長:川野 順二氏

★手話サークル「はぐるま」昼の部設立 (大分市) ◎初代会長:工藤満津子氏

★手話サークル「あゆみ」設立 (山香町) ◎初代会長:江無田睦子氏

★手話サークル「竹田」設立 竹田市) ◎初代会長:工藤 良一氏

★ろう者劇団「ピエロ」設立

★デフ・パペット・シアター「ひとみ」人形劇、県下5会場で公演

 《大分市・別府市・津久見市・日田市・中津市》

★第9回世界ろう者会議(イタリア)足立亮一郎氏派遣

★別府市手話奉仕員派遣事業開始

 ※手話通訳団体受託→平成13年県協会が受託

昭和59年

★新年文化講演会・祝賀会開催 

★第16回耳の日記念大分県ろうあ者福祉大会開催  《津久見市》

★第5回大分県手話通訳認定試験実施 〔17名受験 9名合格〕

★登録手話奉仕員研修会開催

★専任手話通訳者研修会開催

昭和60年

★県障害福祉課設置手話通訳者の身分保障・聴覚障害者の情報保障・ビデオライブラリー事業実現に向け署名運動実施  

 ※20,156名の署名が集まる。県議会に請願書提出

★中津手話サークル「サツキ会」が「さつき」に改称

昭和61年

★新年文化講演会・祝賀会開催

★第18回耳の日記念大分県ろうあ者福祉大会開催 《別府市》【参加者500名】

★県協会事務所移転  

※東大道の聴力障害者福祉会館→県総合社会福祉会館内

★県協会事務所に専従職員設置 ※県協会事務局長:足立亮一郎氏

★県ろうあ協会「賛助会員制度」開始

★アイラブ・パンフ普及運動実施

★県議会傍聴席に初めて手話通訳が付く

 ※「県ろうあ協会の議会請願等について」一般質問

★第16回全九州手話通訳者研修会開催  《別府市》【参加者400名】

 ※大会史上最高の参加者数

★県協会創立40周年記念事業デフ・パペット・シアターひとみ公演

★全国高校生・大学生の手話によるスピーチコンテスト「大学生の部」2位入賞

 ※大分医科大学生生

昭和62年

★県ろうあ協会佐伯支部設立 ◎初代会長:三浦 弘美氏

★当協会足立亮一郎氏全日本ろうあ連盟監事に選任される

★第8回大分県手話通訳認定試験実施 〔14名受験 10名合格〕

昭和63年

★大分桜丘高校(現楊志館高校)福祉科新設「手話授業」開始

 <講師:奈須博幸氏>

★大分県要約筆記サークル「陽ざしの会」設立

★大分市議会傍聴に手話通訳が付く

 ※市議会議員一般質問『大分市手話通訳者派遣事業と手話通訳者と

 ろう者相談員の身分保障の要望』

平成 元年

★大分市役所職員対象手話講座開催 ※2時間×14回:28名修了

★手話サークル「さくらんぼ」設立(三重町) ◎初代会長:神田 年生氏

★手話サークル「吉四六」設立  (野津町) ◎初代会長:森迫 由香氏   

★手話サークル「ちとせ」設立  (千歳村) ◎初代会長:阿南ケサエ氏 

★手話通訳士試験開始  第1回合格者(加藤正一氏・奈須博幸氏)

 ※一次試験受験者6名:一次試験に5名合格 

★県より「手話通訳士養成事業」受託開始 

 ※受験費用助成上限一人当たり5万円:総額30万円

★全国高校生・大学生の手話によるスピーチコンテスト「高校生の部」3位入賞

 ※大分桜丘高校生徒(現楊志館高校) 

★智泉総合福祉専門学校「手話授業」開始 <講師:二宮 敬介氏>

★県ろうあ協会豊肥支部設立 ◎初代会長:小倉 正義氏

★県ろうあ協会臼杵支部設立 ◎初代会長:藤沢ツヤ子氏

★手話サークル「佐伯手話研究会」が「城山」に改称

★県要約筆記奉仕員養成事業開始(県協会受託)

平成 2年

★県福祉事務所設置手話通訳者勤務日数増 ※週1日から2日勤務に変更

★協会主催字幕挿入講習会開催 【参加者10名】

★地区登録手話奉仕員研修会開催

 ※今年度より大分・中津・津久見の3会場で開催するように変更

 ●参加者数:中津・宇佐・日田・安心院地区 【参加者30名】

         大分・別府地区          【参加者65名】

         津久見・臼杵・佐伯・豊肥地区 【参加者35名】

※県内登録手話奉仕員454名:前年度活動奉仕員51名・通訳依頼ろう者121

★第17回大分県手話研修会開催 《湯布院青少年スポーツセンター》

   第1分科会「手話の学び方」 手話講習会初級程度

   第2分科会「手話を身に付けていくために」 手話講習会中級程度

   第3分科会「手話サークル活動」 手話サークル会員

   第4分科会「手話を自分のものにするために」 初心通訳者

   第5分科会「手話通訳活動」 手話ボランティア

   第6分科会「ろうあ協会幹部研修会」  評議員及び通訳者

   ※両日参加 3,500円/1日のみ参加(昼食付)1,000

★青年部キャンプ開催  《臼杵市・月見島》【参加者25名】

平成 3年

★当協会土屋準一名誉会長逝去 6月28日

  ※8月4日:全日本ろうあ連盟・日本ろうあ体育協会・全九州ろうあ連盟

  大分県ろうあ協会による合同葬 《県福祉会館》【参列者400人】

★「大分県の手話」ビデオ制作開始

★世界ろう者会議に当協会ろう者劇団「ピエロ」参加

平成 4年

★全九州ろうあ連盟改称 → 『九州聴覚障害者団体連合会』(61日より)

★第22回全九州手話通訳者研修会開催 《別府市》

 ≪テーマ≫ 「メッセージみえる 明日へ・・ともに・・」

 ※大会史上最高の500人参加。

平成 5年

★大分県ろうあ協会改称 → 『大分県聴覚障害者協会』(418日より)

★手話講習会講師研修会開催 ※ろう者27名+健聴者36名 【参加者63名】

★大分市手話奉仕員派遣事業開始(7月~)

★大分市手話サークル「はぐるま」主催7地区一斉交流会 【参加者200名】

★県福祉事務所単位で県職員対象手話講習会開催

★手話通訳付き政見放送ビデオ上映会  ※県内10会場で開催  【参加者100名】

平成 6年

★県協会機関紙100号発行(1月号)

★県聴覚障害者協会会長足立公氏 勲五等瑞宝章受賞記念祝賀会開催

《大分市》【参加者126名】

★ろう者劇団ピエロ創立20周年記念公演 【観劇者1,600名】

※「3年寝太郎」を昼夜2回公演

★大分県警察管内6カ所で手話講習会開催(12回)

★評議員会で会費値上げ決定  

  ※平成7年度から7,000円→10,000

   ただし65才以上は7,000

★大分県聴力言語障害者交通安全協会解散式  【参加者90名】

★第1回聴覚障害青年の集い大分大会in別府 開催  《別府市》

★青年部キャンプ4年ぶり開催   《臼杵市・月見島》【参加者65名】

★全国高校生・大学生の手話によるスピーチコンテスト「大学生の部」1位入賞

 ※大分医科大学学生 

 ☆手話講習会場の現況:初級会場50ヶ所・中級会場10ヶ所

平成 7年

★手話サークル「おがた」設立 (緒方町) ◎初代会長:小代 宏子氏

★阪神淡路大震災被災地に手話通訳士奈須博幸氏派遣 ※県社協より公的派遣

★手話講習会講師研修会開催  ※今年度講師数67名

★佐藤敬氏「ボランティア功労賞」として厚生大臣表彰受賞

★聴覚障害者情報提供施設建設に関する陳情書を県知事に提出

★県協会専従職員二宮祥子氏退職  ※昭和56年~平成74月末勤務

★県協会専従職員木原ケイ子氏採用

★全国ろうあ者体育大会に向けて職員採用  ※矢津田明子氏 19日~

★県協会第2回夏期研修会開催 《宇佐市》

★県聴覚障害者協会杵築支部設立 ◎初代会長:中村 征子氏 

★第12回世界ろう者会議に高橋栄次副会長派遣  《オーストリア》

★第15回全国ろうあ者演劇祭典にろう者劇団「ピエロ」出演

1996年 平成 8年

★新年文化講演会・祝賀会開催 <講師:松本晶行氏> 【参加者500名】

★佐伯市福祉事務所に手話通訳者設置(神田 貴代氏)

★別府市障害福祉課に手話通訳者設置(佐藤美智子氏)

★県難聴者協会と県聴覚障害者協会との交流会開催

《大分市・天まで上がれ》【参加者34名】

※難聴者協会21名参加 県聴覚障害者協会13名参加

★国立大分大学教育学部「手話」講義開始 <講師:奈須博幸氏>

★別府溝部学園短期大学食物情報科「手話」講義開始 <講師:奈須博幸氏>

★城南高校(現福徳学院高校)「手話」授業開始  <講師:三澤悦子氏>

★社会福祉法人大分県聴覚障害者協会設立

 ※理事長:神矢武 / 理事15名・評議員30名 

★大分県聴覚障害者センター開所

 ※施設長:足立亮一郎氏 事務長:奈須博幸氏

職員:木原ケイ子氏舘脇千春氏・矢津田明子氏・立川冨美氏の6名体制

★第30回全国ろうあ者体育大会開催 (大分県)

 ※「熱きドラマを豊の国大分で!」のテーマのもと全国から1,800名参加

★平成8年度登録手話奉仕員研修会開催

<講師:全日本ろうあ連盟手話通訳対策部長 黒崎信幸氏> 【参加者150名】

★全日本ろうあ連盟創立50周年記念全国キャラバン  ※平松県知事訪問

★県知事と手話ボランティアとの懇談会開催  《県聴覚障害者センター》

★手話講習会開催方式変更 

 ※従来は初級1年間→中級1年間 : 今年度から初級6ヵ月→中級6ヵ月

  手話講習会講師現況83人(聴覚障害者講師42名+健聴者講師41名) 

★ろう学校生徒を大分県聴覚障害者センター実習生として受け入れ

★大分県認定手話通訳者体験集「手話学習者へのメッセージ」作成・販売

★指文字啓発テレホンカード販売 ※約3,000枚完売 

■聴覚障害者センター利用者 6,947名 (H8.10.19.3.31)

平成 9年

★当法人理事足立亮一郎氏 全日本ろうあ連盟理事に選任

★大分交通新人バスガイド手話研修実施  《県聴覚障害者センター》

★日田手話サークル「ひた」が「あさぎり」に改称

★手話サークル「夢」設立 (天瀬町) ◎初代会長:穴井みどり氏  

★手話通訳士養成事業県委託開始

★字幕制作ボランティア養成講座開催 【参加者25名】

★中途失聴者・難聴者手話講座開催

★社会福祉医療事業団より助成200万円を受け公用車購入

★大分合同福祉事業団より助成50万円を受けビデオダビング機器購入

★大分市役所「市民相談コーナー」に聴覚障害者相談コーナー設置

★企業向け手話講座開催(9企業) 【参加者16名】

★ミニシアター字幕付映画上映会開催  

★当法人機関紙「豊の国聴障ニュース」

大分合同新聞機関紙コンクールにおいて優秀賞受賞 ※応募総数35

★ろう学校に通う聴覚障害生徒と普通校に通う聴覚障害生徒の懇談会開催

★要約筆記奉仕員と手話奉仕員の意見交換会開催

★聴覚障害者実態調査実施 ※災害、病気等の緊急時対応目的

■平成9年度聴覚障害者センター利用者数 13,624名(H9.4.110.3.31

 ※平成9年度:協会会員472名 賛助会員620

平成10年

★祝賀会において「手話サークル機関紙コンテスト」開始 ※応募数9サークル

★センター主催「将棋・オセロ」大会開催

★大分県手話通訳認定試験事前講座開催 【参加者54名】

★大分東明高校商業介護福祉コース「手話」授業開始 <講師:矢津田明子氏>

★大分高校普通科福祉コース「手話」授業開始 <講師:奈須 博幸氏>

★県立野津高校福祉課「手話」授業開始    <講師:赤峰 栄次氏>

★第1回大分県聴覚障害児教育研修会開催 <講師:金山千代子氏・南村洋子氏

★手話奉仕員バッヂ作成  ※初級・中級修了者用

★小中学生手話指導担当者研修会開催 【参加者22名】

★映画「どんぐりの家」上映会 《大分市文化会館》【参加者750名】

★手話サークル「もみじ」設立 (耶馬渓町) ◎初代会長:林 睦美氏

★手話サークル「きつき」昼の部活動開始 (杵築市)  

★要約筆記奉仕員と手話奉仕員との意見交換会の開催

★法人主催「専任手話通訳者会議」開催

★法人主催手話サークルリーダー研修会開催 【参加者27名】

★法人主催ブロック別登録手話奉仕員研修会開催

★県内一斉福祉キャラバン実施 

 ※キャラバン隊が県内58市町村へ直接出向いて要望書提出

 ①手話講習会の開催 

 ②手話奉仕員派遣事業の実施 

 ③要約筆記奉仕員養成事業の実施 

 ④手話通訳者設置 

 ⑤聴覚障害者向け福祉機器の活用

 ●上記①~⑤を各市町村に応じ要望書提出。

関係市町村へ地区協会長同行。

★県内一斉バリアフリー推進事業

※県協会の10支部が手話サークルと協力して病院、郵便局、スーパー等、

 約650の事業所を訪問し、聴覚障害者への配慮等を要望書提出

★県聴覚障害者協会、全国手話通訳問題研究会大分支部、大分県手話サークル連絡協議会の3団体会議開始

★当法人機関紙「豊の国聴障ニュース」

大分合同新聞機関紙コンクールにおいて最優秀賞受賞

★県下全市町村福祉主幹課・各社会福祉協議会へ「手話通訳・要約筆記の活用」についての依頼文書送付

★第1回センター祭開催

★ろう学校の聴覚障害生徒と普通校に通う聴覚障害生徒との懇談会 《湯布院》

★携帯電話20台をフジカラープラザより寄贈される

★県聴覚障害者協会海外研修旅行     《シンガポール》

■平成10年度聴覚障害者センター利用者 13,939名(H10.4.111.3.31

平成11年

★日田市福祉事務所手話通訳者設置(週1回/椋野由美氏)

★大分県県手話通訳認定試験事前講座開催 【参加者41名】

★別府溝部学園短期大学付属高校福祉コース「手話」授業開始 <講師:舘脇千春氏>

★大分歯科技術専門学校「手話」授業開始<講師:舘脇千春氏>

★大分市議会傍聴手話通訳配置(県協会受託)

★大分市要約筆記奉仕員養成派遣事業開始(県協会受託)

★宇佐公共職業安定所に手話協力員設置(週1回2時間/岩水ヤス子氏)

★中津市手話通訳派遣事業開始(県協会受託)

★大分交通新人バスガイド手話研修実施 《県聴覚障害者センター》

★第48回全九州ろうあ者大会、第36回全九州ろうあ者総合体育大会開催《大分市》※アトラクション:初コーナー『九州チャンピオンは誰だ!』大盛況

★第1回手話通訳者養成講座開催

★県聴覚障害者協会実態調査実施

★聴覚障害者の社会参加を制限する欠格条項の改正を求める要望活動

 ※市町村議会陳情・請願書を県下58市町村議会へ提出

  採択市町村45 市外陳情不可3 保留3 継続審議1 資料配布のみ3

★大分県議会において「聴覚障害者を差別する法令の改正」採択

★法人主催手話サークルリーダー研修会開催

★ろう者劇団「ピエロ」:「しばてん物語」公演  《大分市・芸術会館》

★企業向け手話講座開催

★海外研修旅行実施(ハワイ) 【参加者20名】

★当法人機関紙「豊の国聴障ニュース」

大分合同新聞機関紙コンクールにおいて最優秀賞受賞

★院内町役場職員対象手話講座が初めて開催される

■平成11年度聴覚障害者センター利用者数 15,775名(H11.4.112.3.31

※平成11年度:協会会員481名 賛助会員724名 企業賛助会員8

ホームページ⇒協会の歩み

         ↓

 



[PR]
# by toyonokuni | 2017-10-29 20:22 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

新着情報随時更新中。


by toyonokuni