大分県聴覚障害者センターブログ toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。


by toyonokuni
プロフィールを見る
画像一覧

高齢者スポーツの現状は?何とゲートボール人口は1/3に減少!

 60代以上の人口が増える中、ゲートボール競技人口は減少してきている。
 減少の理由は競技誕生20年ほどのグラウンドゴルフや、パークゴルフなど「ニュースポーツ」が普及してきていること愛好者の高齢化や、レジャーの多様化が原因ではないかと言われている。
 またチームスポーツ特有の人間関係を嫌う人も増えたようだ。メンバー全員で勝利を喜べる半面、意見の食い違いが生じやすく、かつてはゲートボールでの人間関係をめぐって殺人事件も起きた。「責めない、怒らない、愚痴らない」の三ない運動を展開する都道府県団体もあるという。
d0070316_2022762.jpg

 ゲートボールは、47年に北海道芽室町で考案された。5人1組で最後にゴールポールにぶつけて点数を競う。90年ごろまで最高600万人いた競技人口は、現在200万人まで減った  代わりに高齢者を引きつけ始めたのが、グラウンドゴルフやパークゴルフだ。ゴルフを手軽にしたスポーツで、愛好者はそれぞれ150万人、70万人と増加中。グラウンドゴルフは個人で楽しめ、専用コースがなくてもできる手軽さが好まれているらしい。
 さらにフィットネスクラブも人気を集め、60歳以上の割合が98年の6.0%から、05年は
18.5%に急増した。高齢者向けスポーツを「格好悪い」と感じるのか、避ける傾向もあるようだ。
 聴覚障害者協会は9月24日(日)に聾学校で体育祭を開催予定にしているが以前と比べ
て会員の高齢化に合わせた競技内容に配慮してきています。
 皆さん24日は聾学校に出かけていい汗流しましょう!
[PR]
Commented by 三ない運動に感心します at 2006-09-20 22:24 x
「責めない、怒らない、愚痴らない」の三ない運動は職場、サークル
家庭等どこでも使えますね。
 
by toyonokuni | 2006-09-20 20:12 | 協会・センターからの情報 | Comments(1)