大分県聴覚障害者センターブログ toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。


by toyonokuni
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:センターの風( 157 )

編集 | 削除

全通研大分集会


全通研大分集会 「士気」高揚! 
         


第44回全国手話通訳問題研究集会in 大分が「時代(とき)を見つめ 未来につなごう 熱いメッセージを!」の大会テーマで開催されます。

2011年8月26日(金)~28日(日)に別府市で開催予定で
d0070316_15242095.jpg記念講演講師は姜尚中氏(東京大学大学院教授)です。

44回目にして初めて大分で開催される大会です。多くの
皆様のご参加をお待ちしています。
全通研大分集会のブログもよろしく→ここをクリック




d0070316_15163239.jpg

d0070316_14242538.jpg

d0070316_14244512.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2017-07-18 10:57 | センターの風 | Comments(0)

合同会議

皆さんこんばんわ。
日中、室内にいて快適空間で過ごしていると、
少し外に出るだけで無意識に「あちー」と声が出てしまいます。
夕方は日も高くなってきたし、涼しくなるるので、運動がてら散歩しようかな~
と思って、家に帰宅して素直に寝る毎日です。←

さてさて本題へ。。。

先日、N-Actionと青年部の合同会議『平成29年度新役員顔合わせ会+第1回合同会議』を行いました。
顔合わせからお互いの団体を紹介しあい、
今後二つの団体が協力し合えることは何かないか等話し合いました。

また、聴者とろう者の感覚や言葉のズレをお互いに確認しあったり聞いていく事で、お互いをもっと理解し合いたいという話をしました。

今後もろう者・聴者それぞれの感覚や考えなどの理解を深めていくと共に、青年部、N-Actionを盛り上げていきたいと思います。
この活動が、ろう者と聴者の更なる架け橋に繋がっていけるように、一緒に協力していきたいです。
d0070316_18303812.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2017-07-13 18:32 | センターの風 | Comments(0)

センター空調工事中~♪

今週からセンター全館で空調交換工事が始まりました。
開館から20年を迎え、施設のあちこちが老朽化していますが、昨年度に引き続き様々なリニューアル工事が行われています。
今年度は空調機器の交換となりました。
6月中旬には工事完了します。
騒音等でご迷惑をおかけしますがご協力よろしくお願いします。
d0070316_17210668.png

[PR]
by toyonokuni | 2017-06-02 08:10 | センターの風 | Comments(0)

頑張れ西選手!

日本フットボールリーグ(JFL)のヴェルスパ大分に徳島県出身の聴覚障害者が入団しているのをご存知ですか?
西大輔選手です!JFLで聴覚障害の選手が入るのは初めて。
ファーストステージ第5節
4月15日(土)15:30~大分市営陸上競技場にて試合があります!
VS 東京武蔵野シティFC!

ヴェルスパ大分応援しましょう!

なんと!
西選手がデフリンピック参加手続きのため
センターにみえました。
d0070316_17554478.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2017-04-12 06:32 | センターの風 | Comments(0)

はじめまして

d0070316_18441375.jpg
こんにちわ。
4月1日からセンターの職員になりました橋本真江(ハシモト マサエ)と申します。
食べることが大好きで休日は必ずラーメンを朝ごはんに食べています。
先日は朝食と昼食兼でラーメン、夕飯お好み焼き、深夜に180グラムのお肉を食べました。

こんな私ですが、一生懸命頑張りたいと思いますので宜しくお願い致します。


[PR]
by toyonokuni | 2017-04-06 18:48 | センターの風 | Comments(3)
臼杵手話サークルの最近の活動は少し元気がありません。
この臼杵城を背景にした桜の景色は素晴らしいです。

この写真を思い起こし再びサークル活動が活発になるように祈っています。


臼杵サークルの花見会がありました
臼杵聴障協会員や野津サークル会員も参加して臼杵福祉センターでありました、
お弁当を食べた後は、臼杵公園に上がりました。
d0070316_16131472.jpg


葉桜になった枝もありましたが、満開の桜に癒されました。
多くの人が訪れていて、公園中央では、太極拳の演舞がおこなわれていました。
d0070316_1614552.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2017-04-05 05:23 | センターの風 | Comments(0)

●あの時電話ができたら命を救うことができたのに...

 あなたの大切な人、例えば夫が深夜に倒れて、すぐに救急車を呼ばないといけないのに、耳にハンディがあるために電話

をかけることができなかったらどうしますか?

 耳にハンディがある人は、一刻も早く連絡しないといけない時に、電話ができなくて、大切な人を亡くしてしまったり、

一生に一度のチャンスを逃してしまったりすることがよくあります。実際に電話ができなくて、夫を亡くしたり、才能があ

るにも関わらず、電話ができないだけのために、定年まで嘱託だったりするような例はたくさんあります。

●耳にハンディを持つ人を支援する「電話リレーサービス」

 このような事態をなくすために、耳にハンディを持つ人を支援する『電話リレーサービス』が、最近、世界各国で注目

されはじめています。手話や文字を通訳オペレーターに伝えると、相手に音声で電話してくれるサービスです。逆に、相

手から音声で話してきた内容を、手話や文字で伝えてくれる必要不可欠なサービスです。


[PR]
by toyonokuni | 2017-03-22 14:36 | センターの風 | Comments(0)

第44回耳の日記念大分県ろうあ者福祉大会開催

豊後大野市で「手話言語条例制定」!
今日「3月16日」条例制定。
やはり、過去の耳の日大会からの地道な取り組みが実りました。

 豊後大野市で1回目の耳の日大会が開催されました。
 関係者を含め過去最高の1,000人が参加しました。
 この大会成功を基に地道な活動を続けてきいおり、今年度3月市議会で手話言語条例が
可決される見込みです。今回は豊後大野市で開催された耳の日大会を振り返ってみましょう。

平成24年3月4日(日)、エイトぴあおおのにて第44回耳の日記念大分県ろうあ者福祉大会が開かれました。
午前の式典で大会会長のあいさつ、実行委員長の歓迎のあいさつの後、表彰状・感謝状の贈呈式が行われました。
大分県知事、豊後大野市長をはじめ、ご来賓の方々よりご祝辞をいただきました。
手話での祝辞をされる方が多く、会場も感激の声があがっていました。
議事では会務報告、大会宣言、大会決議が起立により満場一致で採択されました。
d0070316_18274989.png

午後からは第2部としてアトラクションが開催されました。
どんぐり幼稚園の園児による「どんぐり太鼓」、子どもたちが一生懸命太鼓をたたく姿はとてもかわいらしかったですね。
エイサー同好会のみなさんは汗をかきかき、迫力のあるエイサーを披露して下さいました。
手話サークル「吉四六」のラインダンス、芦刈さんの雰囲気がとてもよかったですね。
中津ろう者劇団「ひまわり」による「瞼の母」、演じるのはろう者、声優は手話通訳者。
息ぴったりな舞台に引き込まれました。
お楽しみ抽選会の後、引き継ぎ式で豊肥地区協会から津久見地区協会へ協会旗が引き継がれました。
来年は津久見市で開催です。みなさんお楽しみに♪

[PR]
by toyonokuni | 2017-03-15 17:27 | センターの風 | Comments(0)

別府八湯 温泉めぐり

最近別府温泉めぐりをしています。
大分に居て、別府が近くにあり、温泉に入らないのは「損」な感じがします。

別府八湯温泉道は日本一の温泉地、別府の温泉を味わい尽くす、「志(こころざし)高き温泉好き」のためにあります。
別府には日本の源泉の約1割にあたる、約2300の源泉があり、その中の約140湯の共同温泉やホテル旅館の温泉が、この温泉道に参加しており、その中の88湯をめぐり「スパポート」と呼ばれるスタンプ帳にスタンプを集めることで、「別府八湯温泉道名人」の称号を与えられます。

楽しみながら別府八湯を満喫していきたいと思います。





[PR]
by toyonokuni | 2017-03-08 07:03 | センターの風 | Comments(0)

豊後梅

d0070316_14160374.gif
俳句 梅一輪いちりんほどの暖かさ

ことわざではありませんが、早春に聞かれる言葉です。
松尾芭蕉の弟子、服部嵐雪(はっとりらんせつ)の詠んだ俳句です。

「梅が一輪咲き、それを見ると、かすかではあるが、一輪ほどの暖かさが感じられる」

という意味と取るか、「梅の花が一輪、また一輪とだんだん咲くにつれて、少しずつ暖かくなっていく」という意味と取るか。

前者は、寒さの中ほのかな暖かさにじんわりと心がふるえる様子、
後者は、聞こえ始めた春の足音に心躍らせる様子に感じられますね。

まだ寒さの残る中、春の花々に先駆けて咲く梅の花は、昔から人の心をとらえてきました。
平安時代中期頃までは、「花」と言えば桜ではなく、梅を指したそうです

「梅の花 一輪咲いても梅は梅」

新撰組副長、土方歳三は趣味で俳句を詠んでいたそうです。
と言っても、あまり上手ではなかったようで、酷評されることも多いようですが、
そのまんま、と言うか、その素朴さを愛する人も多いようです。

土方 歳三(ひじかた としぞう)は、幕末期の幕臣新選組副長は義豊、雅号は豊玉、

家紋左三つ巴新選組時代には、局長・近藤勇の右腕として数々の事件で武名を顕し、

また隊内に峻厳な規律を実施して鬼の副長と称され、剣豪揃いの隊士たちに恐れられた。

戊辰戦争では旧幕軍側指揮官の一人として各地を転戦し、またいわゆる「蝦夷共和国

では軍事治安部門の責任者に任ぜられて軍才を揮った。明治2年5月11日、戊辰戦争の最

後の戦場になった箱館五稜郭防衛戦で、狙撃を受け戦死。享年35。

Wikipediaから引用

d0070316_14292549.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2017-03-01 05:42 | センターの風 | Comments(0)