大分県聴覚障害者センターブログ

toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。

カテゴリ:その他( 1215 )

手話通訳士と手話通訳者の違い

手話通訳士は名称独占に留まる

「手話通訳士」とは資格の名称で、厚生労働省が聴力障害者情報文化センターに実施を委託している手話通訳技能認定試験に合格し、聴力障害者情報文化センターに登録している手話通訳者のことを指します。

手話通訳士は手話通訳業務を独占しているわけではなく、名称を独占しているだけであるため、この資格を持たずに手話通訳に携わっている人もたくさんいます。

手話通訳士の資格がなければ通訳ができないという場面は政見放送や裁判などのごく一部に限定されています。したがって、それ以外の手話通訳はこの資格がなくても行うことができるのです。※ただし、市役所などに登録して通訳活動する人の多くは「登録手話通訳」者として登録した上で通訳活動をしています。

資格取得は超難関

厚生労働大臣認定の手話通訳士の資格を持つ人は全国におよそ3000人います。

「手話通訳技能認定試験」は1989年(平成元年)から始まりました。

開始から現在に至るまでの平均合格率は約20%と低く、手話通訳士の資格を得ることがかなり難しいことがわかります。

この一方で、手話通訳士の資格がなくてもほとんどの場所で手話通訳の業務に携わることができるため、わざわざこのような難関試験に挑戦しない人も多いのが現状です。

各自治体登録の手話通訳者とは

都道府県には、それぞれ「都道府県認定の手話通訳者」が設置されています。

都道府県認定の「手話通訳者」になるためには主に都道府県が認定した民間機関(全国手話研修センター)が実施する手話通訳者全国統一試験に合格しなければなりません。

この試験に合格した後、都道府県の独自審査に通過して初めて「都道府県認定の手話通訳者」になることができます。

ほとんどの手話通訳者がこの試験だけを突破して全国で活躍しています。

つまり、手話通訳士の資格を持たずに、手話通訳業務を行っているということです。もちろん、手話通訳士の有資格者でもなることは可能です。

都道府県の手話通訳者認定制度には法的根拠は無く、統一されたガイドラインも存在しないため、省令によって独自の制度を設けている自治体もあるので受験の際はよく確認するようにしましょう。

また、各自治体では、手話通訳者を養成するため、手話通訳者養成講座が開講されている場合が多く、この講座を修了すると修了証が交付されます。

養成講座修了者は前述の手話通訳全国統一試験の受験資格が与えられますが、受験資格要件は他にもあるため、養成講座を受けていない者でも受験する事は可能です。

手話奉仕員とは

市町村の多くには手話奉仕員が設置されています。

市町村の手話奉仕員になるためには、市町村が実施する手話奉仕員養成講座を修了することが必要です。

手話奉仕員養成講座は入門課程と基礎課程に分かれており、基礎課程を修了すると、市町村に手話奉仕員と登録されます。

登録に際して試験を課している市町村もありますが、中には自己申請で登録できる市町村もあります。

また、厚生労働省障害者社会参加促進事業の中で手話奉仕員の養成・派遣事業を行なっている地方自治体も多くあります。

しかし、知識的、技術的な面において、手話通訳とは異なるもので、はっきりとした技術の差が見られるのが正直なところです。

民間の手話検定とは

民間資格としては、全国手話検定試験と手話技能検定という検定試験があります。

これらの検定試験は、耳の不自由な方と手話でコミュニケーションがとれるかどうかの能力を問うための検定試験であり、手話通訳の技能をはかるものではありません。

手話の基本技術の習得を目指す上でこれらの検定を受検することは自身の実力を把握する目安になるでしょう。

[PR]
by toyonokuni | 2017-09-20 05:27 | その他 | Comments(0)
手話研究所の手話総合資料室ではHP「手話総合資料室サイト」にて様々な貴重資料の公開を行っています。ぜひご覧くださいね。

山口県へ日帰り旅行した方から写真を送ってくれました。
ありがとうございます。

d0070316_17171716.jpg



[PR]
by toyonokuni | 2017-09-17 08:30 | その他 | Comments(0)
先日(9月10日)、スポーツニュースを見ていたら、埼玉西武ライオンズの試合終了後のヒーローインタビューに手話通訳が付いていました101.png
なぜ?と思っていたら…
昨年制定された、障害者者別解消法、埼玉県共生社会づくり条例及び埼玉県手話言語条例に基づき、プロ野球の球団としてできることを考えて、聴覚障害のある方々も、より野球を楽しめるようにと、ヒーローインタビュー時に手話通訳を付けたそうです。
確かに、勝利の歓喜に沸いている時の情報も大切ですよね。
詳しくはインターネットで「埼玉西武ライオンズ 手話」を検索してみてくださいね。

京都に行った方から、写メールをいただきました。

d0070316_11325417.jpg
先日、韓国に行かれた方は船の中で手話の情報保障があったよ~って教えてくれましたよね。
この日、海外の方がとっても多かったそうです。
誰にでも、どこにいても、いつでも、情報補償してもらえるようになると良いですね。




[PR]
by toyonokuni | 2017-09-15 08:30 | その他 | Comments(0)

連本第170263号
2017年7月6日

総務大臣
 高市 早苗  様

〒162-0801 新宿区山吹町130 SKビル8F
Tel 03-3268-8847 ・ Fax 03-3267-3445

一般財団法人

全日本ろうあ連盟理事長石野富志三郎


聴覚障害者支援について緊急要望

 日頃より、私たち聴覚障害者へのご支援・ご協力を賜り感謝申し上げます。
 さて、2017年7月6日6時40分より、
福岡県・大分県に出された大雨特別警報についての菅官房長官の緊急記者会見が行われました。
 緊急会見には手話通訳がつきましたが、残念ながら、日本放送協会および基幹放送(民放)事業者各位のテレビ画面では手話通訳が外された状態で放送されており、字幕も付きませんでした。
 非常事態での緊急会見はとても重要な情報源であり、聞こえない人にも同時に情報を伝えるべきです。万が一の事態が起こっても聴覚障害者は情報が得られずに対応が遅れてしまい、命を失う危険にいつも直面しております。災害時には被災地における住民、そして被災地を見守る国民にとって、公共放送による迅速にして正確な情報提供はもっとも大切な情報源になります。
 これまでの災害での聴覚障害者への支援をふまえて、日本放送協会および基幹放送(民放)事業者各位の放送について下記のとおり要望いたします。

  1. 緊急災害時におけるローカル番組を含むテレビ番組に、「手話通訳」の付与を行ってください。また、手話通訳がつく記者会見は必ず手話通訳が見えるようにして下さい。
    <説明>
     「手話」について、手話ニュースを緊急放送したり、緊急災害時の放送番組には手話通訳を挿入して放送して下さい。全く情報を配信していない状況は人命軽視であると思います。
     日本放送協会については、放送法第7条(日本放送協会定款第3条)によれば「公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように豊かで、且つ、良い放送番組による国内放送を行い又は当該放送番組を委託して放送させるとともに、放送及びその受信の進歩発達に必要な業務 を行い、あわせて・・・・」とされています。
     「公共の福祉のために、あまねく」と貴社が謳われているように公共放送だということを強く認識していただき、繰り返しますが、公共」から聴覚障害者を排除することのないよう速やかに対応してくださいますようお願いいたします。
     また、基幹放送(民放)事業者各位におかれましては、放送免許の更新にあたり、「基幹放送局の再免許等に当たっての要請」を総務省から受けとっておられると思います。
     その要請項目5では、「字幕放送、解説放送及び手話放送について、視聴覚障害者、高齢者に十分配慮し、総務省が策定した「視聴覚障害者向け放送普及行政の指針」を達成するよう努めること。特にできる限り全ての大規模災害等緊急時放送における字幕放送の実施及びCMへの字幕付与の普及に留意すること。」とされています。いうまでもなく、放送には「公共性」が問われますが、この「公共」から聴覚障害者を排除することのないよう速やかに対応してくださいますようお願いいたします。
  2. 緊急災害時に、特定非営利活動法人CS障害者放送統一機構に対し、ローカル番組を含むニュース、その他の必要な情報を速やかに提供してください。
    <説明>
     特定非営利活動法人CS障害者放送統一機構が放送している「目で聴くテレビ」は以前ピクチャー・イン・ピクチャー機能を活用してNHK放送に「手話通訳と字幕」を付与した放送を実施しました。「目で聴くテレビ」を受信するアイ・ドラゴンⅢを持っている聴覚障害者・施設では、これにより地震情報を一般視聴者と等しく得ることができました。
     NHKは特定非営利活動法人CS障害者放送統一機構と連携することにより、緊急災害時の「手話と字幕」を付加した放送を実施することができます。

[PR]
by toyonokuni | 2017-09-13 06:12 | その他 | Comments(0)

アメリカ同時多発テロ  9.11

9月11日、2001年にアメリカで起こった過激派組織「アルカイダ」による同時多発テロ事件から、16年が経った。

ニューヨークのワールドトレード・センターへハイジャックされた民間航空機が2機突入、2000人を超える犠牲者を出した。2001年9月11日のニューヨーク。

d0070316_16004741.jpg

世界各地でテロが頻繁に起きている、平和な世界を望んでいる


[PR]
by toyonokuni | 2017-09-11 16:01 | その他 | Comments(0)
大分市の秋祭り…
賀来の市が9月1日から始まりました。
今年は6年に1回の大名行列が行われる年です。
このお祭りの謂れを一つひとつ解説したそうです。
d0070316_17494032.jpg
地域の皆さんで、伝統を守っていく…
ふと、その時々で、描かれた景色を思い起こし、秋の夜長を過ごすのも楽しい時間になるかもしれませんね。

どんな歴史が刻まれてるのか、ちょっと地元のお祭りに顔を出してみましょうか。


[PR]
by toyonokuni | 2017-09-08 08:30 | その他 | Comments(0)

県南地区講演会 

大分県聴覚障害者協会県南支部 講演会

テーマ「日本の文化と中国の文化の違い」

講 師 吉田 宏氏、許 莉(きょり)氏

日 時 平成291022日(日)10時~15時 受付930~

会 場 佐伯市東地区公民館(佐伯市蟹田710号 Tel 0972-23-6601

参加費 1,500円(弁当代他含む)

参加条件 協会会員、賛助会員、手話講習生
     (非会員の方はご遠慮ください)

※手話読み取り通訳は付きません。ご了承ください。

締切日  平成291010日(火)(弁当準備の都合のため)

~申込先~ 

県南支部支部長 近藤 忠宏 Fax 0972-46-1166

県南支部事務局 岩田 知恵 Fax0972-28-3565 

または 久見、豊肥、臼杵、佐伯各地区長へお申し込みください。

~講師紹介~

d0070316_16493806.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2017-09-07 08:30 | その他 | Comments(0)

今日は9月1日 防災の日

今日から9月…
9月と聞けば秋を感じますね。d0070316_13122423.jpg




















そろそろ稲穂が実ってきたよ~と写メールをいただきました。
心なしか秋の空を感じますね。
秋の実りが楽しみです。

さて、今日は9月1日、防災の日です。
センターでも、手話講習会や要約筆記者養成講座に出席されていた方々の協力を得て、シェイクアウト訓練を行いました。
ありがとうございました。
d0070316_13204318.jpg
写真の右下にある黄色いグッズ…
車に乗っていた時に災害や事故にあった時、窓ガラスを割ったり、シートベルトが切れるグッズです。
以前テレビで紹介されていて、先日やっと買い求めることができました。

備えあれば患いなし…



[PR]
by toyonokuni | 2017-09-01 13:26 | その他 | Comments(0)
d0070316_15485377.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2017-08-27 15:49 | その他 | Comments(0)

 秋篠宮家の長女眞子さまが26日、東京・有楽町で開かれた「第34回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」に出席し、手話であいさつした。全文は次の通り。

 第34回全国高校生の手話によるスピーチコンテストの開催にあたり、みなさまにお会いできましたことを大変うれしく思います。

 この手話によるスピーチコンテストは、手話の普及と福祉教育の推進を目的として昭和59(1984)年に始まり、青少年の手話への関心を高める上で大きな役割を果たしてきました。

 これまでに出場された方々がその後、医療、教育、福祉など、様々な分野で手話を使い、聴覚に障害のある人々の生活を支えるために活躍されているとうかがい、コンテストの深い意義を感じております。

今年の7月、トルコのサムスンで、聴覚に障害のある選手が出場する第23回夏季デフリンピック競技大会が開催されました。世界各地の代表選手が互いに競い合い、国際手話で交流もされたと聞いております。そして、日本の選手団は過去最多のメダル数を獲得し、大きな成果をあげました。みなさまと同年代の高校生の選手も活躍しました。その様子は、私たちに夢に向かって挑戦することの素晴らしさを伝えてくれたと思います。手話に触れること、手話を学ぶこと、手話の大切さを理解することによって新しい出会いや発見があると思います。コミュニケーションの幅も大きく広がると思います。そして、みなが安心して暮らせる社会へとつながっていくのではないでしょうか。

 この手話スピーチコンテストを含む様々な活動を通して、大事な言葉である手話に対する理解がより一層深まることを願っております。

 本日、全国より選ばれた10人の高校生がスピーチをされます。発表されるみなさまが、ご自分の気持ちを豊かな手話で表現なさるのを楽しみにしております。長年にわたり本コンテストの開催に尽力された方々に敬意を表しますとともに、この大会がみなさまのよい思い出となることを願い、私のあいさつといたします。


[PR]
by toyonokuni | 2017-08-26 19:36 | その他 | Comments(0)