<   2007年 03月 ( 49 )   > この月の画像一覧

第18回手話通訳技能認定試験合格者が発表されました大分県からは2名が合格しました。

全国では、受験者数611名のうち合格者が228名で、合格率は37.3%でした。
試験の詳細については実施主体の聴力障害者情報文化センターホームページをご覧下さい。

大分県のこれまでの合格者についてはこちら


d0070316_18315549.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2007-03-31 18:25 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
 方言は気持ちをなごませるのに役立つし、お互いを身近に感じたりします。大分方言をあなたはどれくらい分かりますか?また、聴覚障害の方は方言に接する機会が少ないのでは?ないかと思いますので参考にしてください。

あいい →青い
あいたよー→ 参ったなあ、疲れたなあ、困ったなあ
あちい →暑い、熱い、厚い
あっちあられん→ あるはずがない
いっこん→ 少しも
いっすんずり→ 渋滞する 一寸も動かない意
いみる →増える
いらんしょわ →余計なお世話!
うったちゃ →私たちは
うもねー→ まずい(美味しくない)      d0070316_18291488.jpg
えらしい→ 可愛らしい
おじい →怖い
おらぶ →叫ぶ
おろいい→ 品質が悪いこと、古い
ぎゅうらしい →おおげさ
げさきい→ 汚い
こんめえ→ 小さい
しちくじい→ しつこい
しねーっと→ ひそやかに
しゃーしい →うるさい
じゃあけん →だから
しゃっち→ わざわざ
しょうもねー →つまらない
しらしんけん→ 一生懸命
じりー→ ぬかるんでいる 1
ずつねー →情けない
すもつくれん →まったくつまらない
せちい→ 悲しい、辛い、きつい
だいい →だるい
ちゅうかん →お調子者、おっちょこちょい
てご→ 手伝う人
なしか→なぜ
ぬきい→ 暖かい
のーなる→ 無くなる
はがいい →悔しい
はぶたかえす→ 怒る
むげねー →かわいそう
めんどしい →恥ずかしい、みっともない
やおねー→ 大変、たやすくはない
よこい→ 休み、休日
よだきい→ きつい、面倒くさい
[PR]
by toyonokuni | 2007-03-31 18:23 | その他 | Comments(2)
d0070316_15554480.jpg

【3月29日付け全日本ろうあ連盟より加盟団体長宛の文書の一部抜粋】
 今回の地震報道でNHK等テレビ放送では、緊急の地震災害ニュースには全く字幕と手話がつかなかったために、震災情報を得ることができず、被災地聴覚障害者だけでなく、全国の聴覚障害者たちに不安と怒りをもたらしました。
 連盟は事態を重視して、総務省・厚生労働省・NHK等へ抗議と要望を行います。
※福岡で地震が発生した際も字幕も手話も付いておらず、大分のNHKへ抗議すると福岡に聞いてとのこと。福岡のNHKに聞くと、よく分からないし、タイムリーにはできない・・・ような回答だったと思う。
私 「阪神大震災から何年が経過しているの?その間に全く取り組んでいなかったということですか?」
福岡NHK「結果的にいえばそういうことになりますね」
私「・・・・・・・・」
[PR]
by toyonokuni | 2007-03-30 15:55 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
d0070316_6473476.jpg
 
  学校で職場等新年度を迎えるにあたって様々な別れがあります。
  別れの場面はつらく哀しくせつないもの。
   しかし、惜別の情を捨てさわやかに潔く友を送り出そう!
  「さよならだけが人生だ」これは唐の詩人、干武陵の漢詩 「歓酒」を井伏鱒二が
 訳したものです。
          
            ~「勧酒」 于武陵~

             勧 君 金 屈 巵
             満 酌 不 須 辞
             花 発 多 風 雨
             人 生 足 別 離
[PR]
by toyonokuni | 2007-03-30 06:50 | センターの風 | Comments(0)
すっかり春の陽気ですね。
センターの花々も一段と輝きを増しています。
今年度最後の通訳付行事のお知らせです。

【おおいた情報帳】〈手話〉
放送日:3月31日(土)17:54~
放送局:OBS放送
タイトル:明るい選挙で投票に行こう
内 容:統一地方選挙について告知。

18年度も各放送局の番組に通訳を付けて放送をしましたが、いかがだったでしょうか?
来年度(19年度)も頑張って情報を保障していきますのでよろしくお願いします。
OBS放送の「おおいた捕物帳」、TOSテレビの「ほっとはーとOITA]、OAB朝日放送の「おおいた情報大事典」見てくださいね。
通訳付の内容の時は、ブログでお知らせします。
ご意見、ご感想もお願いします。
d0070316_20102472.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2007-03-29 15:54 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(0)
 3月25日に起きた石川県能登半島沖地震で、奥能登地域が大変な被害を被りました。
 昨日NHKテレビで被災ろう者宅を訪問している手話通訳者が訪問して聞き取り調査や相談支援活動を行っている様子が放映されていました。
 聴覚障害者の安全確認と生活保障の確保をするために、社会福祉法 人石川県聴覚障害者協会を中心に、「能登半島震災聴覚障害者対策本部」が設置 されました。それらの情報は石川県聴覚障害者センターブログで提供しています。
それにより石川県のろう者の動き、地域の聴覚障害者の状況がつかめるかと思い ますのでご覧ください。
 
d0070316_13152555.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2007-03-29 12:52 | その他 | Comments(0)
 年度末の3月末。何かと忙しい日々が続いています。
 こんな時今日のブログに何を掲載するかなかなか見つかりません。
 悩んでいる時・・・投稿ありがとうございます!  感謝いたします
 今日は春のような暖かな日です。出かけましょう 大野川へ。
 このブログを見た人同士が大野川の土手で出会ったら素晴らしいですよね。もしそんな出会いがあったらコメントください。
d0070316_9244717.jpg

****菜の花の こんな楽しみ方もあります*********
一昨日 ぽかぽか陽気の中、友達と大野川土手の菜の花を楽しみました。
菜の花はみなさんもご存じのように 
その群れの のどかさ、黄色のやさしさも楽しみたい花です。

ご存じですか?大野川沿いは今 一面に菜の花!
咲きほころぶ菜の花群を どうやったら イメージできるだろう?

菜の花の高さに 手をかざして、ずっと高さを保ちながら
掌の内側に 花びらが あたるようにしてひたすら歩きました。
菜の花の香りのくすぐる中、
二人の前を白いモンシロ蝶が 飛び交い、ウグイスも大歓迎。

「家の中ばかりにいるとね 四季感覚が鈍くなるの」
「わかった!きっと ずっと 向こうでは 春霞の空と一緒になっているんだ」

視覚障害のある友人に 大野川沿いの菜の花群がイメージ化された昼下がり。
みなさんも お時間あったら いかがですか?  boton
******************************
d0070316_8584985.jpg

botonさんののどかであたたかな文章を読んでいたら、山村暮鳥の「風景」という詩を思い出しました。皆さんご存知と思いますが紹介しますね。。
 単純なことばの繰り返しなのに一面の菜の花畑が想像できることに感動し、少年の頃の私にはインパクトのある詩でした。
 オヤジになった今読んでみて・・・・同じ感動があります。
 菜の花畑の広がり・・・「かすかなるむぎぶえ」・・・遠い昔がよみがえってきてせつなくて泣きたくなるような情感のある詩。

                     いちめんのなのはな
                     いちめんのなのはな
                     いちめんのなのはな
                     いちめんのなのはな
                     いちめんのなのはな
                     いちめんのなのはな
                     いちめんのなのはな
                     かすかなるむぎぶえ
                     いちめんのなのはな
[PR]
by toyonokuni | 2007-03-28 09:20 | その他 | Comments(2)
ブログを読みました。
災害で停電になると、夜は手話も見えにくいですが、
筆談もこまりますよね。この携帯ボードいかがでしょうか?

                 一昨年 たしか愛知博覧会でも とある館内で 
                 光るボードの情報保障として 
                 使用されていたと記憶します。
                 そのときは、もっと大きいサイズだと思います。
                 これは携帯用。20cm四角です。
                 夜 車の中でも ちょっと 会話できるんです。
                                            boton
d0070316_12284187.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2007-03-27 12:25 | その他 | Comments(0)
 石川県で地震が発生しました。災害は忘れた頃にやってくると言われていますが、地震等の災害はいつやってくるか分かりません。地震に備えて準備は大丈夫ですか。一度下記の非常持ち出し用品が家にあるかチェックしてみてください。
非常持ち出し用品
◆ 飲料水-(缶詰のミネラルウオーター、ペットボトル入の保存水)、浄水器
◆ 食料品-(サバイバルフーズ、カンパン、アルファ米、おかゆの缶詰、梅干、食塩、おかゆ用の缶詰(できるだけ缶切のいらないイージーオープン缶がよい)、ミルク、インスタントラーメン、アメ、チョコレート
◆ 懐中電灯・マッチ・ロウソク・固形燃料(懐中電灯に電池を入れっばなしだと放電して「いざ」というときに役に立たないので、別々にして、予備の電池も何個か用意しておきましょう。)・ライター
◆衣類ー防寒着、下着、寝袋または毛布、防水シート、生理用品、おむつ、靴下
◆トランジスターラジオ(予備の電池を忘れずに)
◆救急薬品一三角巾、包帯、ガーゼ、救急絆創膏、殺菌消毒液、災害用ハサミ、とげ抜き兼用ピンセット、マスク、持病薬(持病のある人は、かかりつけの医者から病名、治療法、薬等を教えてもらいカルテの写しを準備しておくとよい。)
◆ 家族の連絡カードや各自の防災カード(氏名、住所、電話、血液型、勤務先などを記入したもの)
◆備品-ちり紙、ぬれティッシュ、サバイバルナイフ、サバイバルマルチハサミ、缶切、ビニール袋(大、小数十枚一小さいビニール袋はトイレ用にも使えるので多少多めの方がよい)雨具、軍手、タオル、簡易カイロ、ヘルメット、救急ホイッスル、防煙フード「(財)・市民防災研究所製」、飲料水運搬バケツ、ロープ
◆現金、医療保険証、預金通帳、印鑑などの貴重品類はいざというときすぐ持ち出せるようにしておきましょう。
※現金は当座の対応のものですが、これとは別に「小銭入れ」を用意し、十円硬貨を準備しておいてください。地震などのときは、百円硬貨やテレホンカードが使えなくなる場合があります。非常持出し袋の中味は、ほんの一例ですが、それぞれの家庭で工夫してみてください。非常時持ち出し袋とは別に、ウエストポーチを用意し、貴重品や、救急絆創膏等を入れておいてください。
※聴覚障害者の場合は、倒壊した家屋等の下敷きになった場合に発声ができにくい方のために笛を準備したり、夜間手話での会話が見えにくいためにスタンド式の懐中電灯もあると便利です。あと補聴器の電池の準備等も必要ですね。
d0070316_1843393.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2007-03-26 17:25 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

パソコン講座修了式

 平成19年3月19日(月)大分県聴覚障害者センターにおいて、障害者UPプロジェクトの指導による聴覚障害者を対象としたパソコン講座(全10回)の修了式が行われました。
 6名の受講者は1人1人修了証書を笑顔で受け取っていました。最後の講義でそれぞれがパソコンで作った「感想文」を手に、記念写真を撮りました。
 修了式では大分県聴覚障害者センターの奈須事務長より「覚えたパソコンの技術を使って世界を広げてください。センターにはパソコンがあるので活用してください。」と挨拶がありました。
 平成19年度もパソコン講座が開催される予定です。
d0070316_15252557.jpg
 
[PR]
by toyonokuni | 2007-03-25 15:28 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)

新着情報随時更新中。


by toyonokuni