大分県聴覚障害者センターブログ

toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。

<   2009年 02月 ( 45 )   > この月の画像一覧

サクラサク

今日で2月も終わりです。
受験生は今頃試験結果に一喜一憂している時期でしょうか・・・?
ラストスパート、という人もいるでしょうね。

受験の思い出、みなさんはありますか?

d0070316_10153435.jpg


私は、高校受験の面接で大遅刻して母の車で猛スピードで中学校へ行き、同じ中学の受験生全員を待たせていたバスで高校へ行き、何とか受験した、ということがありました。
それでも合格したのでよかったのですが・・・

あとはお弁当のごはんの中に私の好きなクッキーが埋まっていた、トンカツに「がんばれ」と書いた旗が立っていた、など試験日に母が作ってくれたお弁当はかなり思い出深いです。
今では感謝していますが、当時は恥ずかしかったものです。

ともあれ、”春”が待ち遠しいですね。

                             (H)


d0070316_10425559.jpg
[PR]
by toyonokuni | 2009-02-28 10:20 | センターの風 | Comments(4)
行政、社会福祉協議会、公民館等での手話講習会開催予定(平成21年3月1日現在)です。
県聴覚障害者協会から講師を派遣しています。
入門・基礎と書いてある会場は半年間の入門課程が開催され、その後半年間基礎課程が開講される会場です。
入門課程修了者のみ基礎課程が受講できます。
大分市内の4会場、別府市の会場は大分県聴覚障害者協会宛に氏名・住所・生年月日・連絡先・受講希望曜日と会場を明記の上、往復はがきでお申し込みください。
〒870-0907 大分市大津町1丁目9番5号 大分県聴覚障害者協会


その他の会場は直接主催の市町村にお申込みください。
d0070316_1424213.jpg

身近に手話に興味がある方がいたらぜひ手話講習会へ。

独楽回しのコマ体験でなく、椎茸のコマ打ち…自家製椎茸もいいですね~Ψ(`∀´#)
d0070316_1430960.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2009-02-27 14:27 | 受講生・参加者募集 | Comments(3)
~ 城下町中津・お雛祭り交流会 ~
大分県要約筆記サークル「陽ざしの会」
 2月21日(土)中津要約筆記サークル「まなざし」を中心に、
県下各地より22名の参加。
ひなめぐりの初日、最高の日和に恵まれてヽ(^o^)丿
難聴者はもとより、皆いつまでも一緒にと話は尽きず‥‥
城下町の散策・ひなめぐりなどをゆっくり堪能できました。
「楽しかった!」 瑠璃京での「はも料理」は美味しかった。
 最良の思い出となることでしょう。ありがとう! 
d0070316_11282153.gif
     
[PR]
by toyonokuni | 2009-02-26 11:31 | Comments(1)

学習コーナー

刑事裁判に関わる法廷用語の手話 】
2009年5月より実施される裁判員制度に対応して、日本手話研究所標準手話確定普及研究部は聴覚障害を持つ専門家及び全国手話通訳問題研究会(北海道支部、東京支部、京都支部)のご協力を得て、刑事裁判に関わる法廷用語の手話を整理しました。
 既に確定されている手話の是非について検討し、必要に応じて手話を組み合わせたり、新しい手話を創作したりしました。52単語の手話表現について、動画を順次掲載してまいります。
 なお、法廷用語については「法廷用語の日常語化に関するPT報告書(日本弁護士連合会、裁判員制度実施本部法廷用語の日常語化に関するプロジェクトチーム)」に準拠しております。
【全国手話研修センターホームページより引用】

◆伝聞法則(でんぶんほうそく)
◆伝聞証拠(でんぶんしょうこ)
◆伝聞供述(でんぶんきょうじゅつ)
◆ 合意書面(ごういしょめん)
◆違法収集証拠(いほうしゅうしゅうしょうこ)
◆違法収集証拠排除の法則(いほうしゅうしゅうしょうこはいじょのほうそく)
◆弾劾証拠(だんがいしょうこ)
◆ 自白の任意性(じはくのにんいせい)
◆ 実況見分調書(じっきょうけんぶんちょうしょ)
◆検証調書(けんしょうちょうしょ)
◆検察官調書(けんさつかんちょうしょ)
◆員面調書(いんめんちょうしょ)
◆ 証拠(しょうこ)
◆証拠能力(しょうこのうりょく)
◆黙秘権(もくひけん)
◆実況見分(じっきょうけんぶん)
◆ 起訴(きそ)
◆起訴状(きそじょう)
◆公訴事実(こうそじじつ)
◆冒頭陳述(ぼうとうちんじゅつ)
◆ 弁護人(べんごにん)
◆被告人(ひこくにん)
◆被害者参加人(ひがいしゃさんかにん)
◆公判期日(こうはんきじつ)
◆ 裁判員(さいばんいん)
◆裁判官・判事(さいばんかん・はんじ)
◆検察官・検事(けんさつかん・けんじ)
◆弁護士(べんごし)
◆ 有罪B(ゆうざいB)
◆無罪B(むざいB)
◆和解B(わかいB)
◆拘禁(こうきん)

d0070316_14314932.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2009-02-25 14:32 | 協会・センターからの情報 | Comments(2)
CS障害者放送統一機構より

目で聴くテレビ 番組紹介



2月24日(火)午後8時からの「目で聴くテレビ火曜日」の情報コーナー・目で聴くWeeklyでは、2月20日(金)から22日(日)全国手話研修センターにて、「目で聴くテレビ」ディレクター・手話キャスター養成講座を開催したその様子をご紹介します。その他には「JFDレーダー」「わたしたちの学校~三重県立聾学校通信」「地方の手話~山梨」などをお送りします。



24日(火)のリアルタイム字幕放送は午後9時50分から午後11時10分まで「報道ステーション」(テレビ朝日系)を。28日(土)午後6時10分からは「週刊こどもニュース」(NHK総合)・テーマ「<特集>質問バンバン」をお送りします。



28日(土)午後7時45分からの「目で聴くテレビ土曜日」は「関西文化遺産①」(再放送)を放送します。


d0070316_9435925.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2009-02-24 09:44 | その他 | Comments(1)
まるで冬に戻ったようなお天気ですね。
スポーツ界や映画界ではホットなニュースがたくさんありますので、心が温まりますね。
ちょっと庭を見れば、桃の花、梅の花…春の香りがたくさんです。d0070316_14415434.jpg
体調をくずされないようお気をつけください。
さて、これからの通訳付行事は…

【フレッシュおおいた】(手話)
放送日:3月7日(土)・14日(土)17:15~17:30
放送局:OBS大分放送
タイトル:「歴史探訪、春の薫り!」
内  容:豊後国分駅そば大分市歴史資料館で、桜の名所や、礎石が残る奈良時代の七重塔あとなどを巡る。火おこし体験や勾玉作りも楽しむ。
OCT大分ケーブルテレコム(日・月・火・水)
OCN大分ケーブルネットワーク(日・月・火・水)
STV佐賀関テレビ(火・水・木)でも放送します006.gif
[PR]
by toyonokuni | 2009-02-23 14:42 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(3)

字幕の情報

d0070316_14372272.jpg 平成20年1月~12月の1年間で、大分県内(大分市のみですが)でmihoさんからの映画情報等でこのブログでお知らせした日本語字幕付き映画(邦画)は29本。上映日はいずれも最大で3日間ですが、タイトル数としては数年前よりずいぶん増えたといえます。特に「崖の上のポニョ」や「釣りバカ日誌」(今回は大分が舞台でした)などのいわゆる話題作にはかなりの確率で字幕が付くようになった気がします。

 地デジになってから字幕デコーダーがなくても字幕放送が見られるようになりました。ニュースやドラマに字幕が付くことも増えてきました。デコーダーが不要なので、自宅だけでなく、病院の待合室で字幕放送が流れていることもあって、便利になってきたなぁ、と思います。

 CMの字幕を見られるサイトが登場したり、
CM字幕㈱カンバス
 映画館で舞台演劇を見られるイベントで、上映期間中、火曜だけは字幕が付くなど、
演劇集団キャラメル・ボックス
『嵐になるまで待って』

 さまざまな形で字幕の広がりが見られます。
 ※この演劇はストーリーの中に手話が取り入れられています。が、残念ながら今のところ大分では上映予定がないようです。
 
 ただ、すべてに字幕が付いていないということを忘れてはならないし、手話付きの番組は字幕ほど増えていないという現実もあります。
[PR]
by toyonokuni | 2009-02-22 14:48 | 字幕付き映画情報 | Comments(3)
なくせ、情報バリア

★2月22日(日曜) 放送19:30~19:45
 みNHK教育「ろうを生きる、難聴を生きる」をご覧ください。

再々放送(翌日曜) 19:30~19:45(ETV)
再放送(金曜)    12:45~13:00(ETV) 
再々々放送(翌金曜 12:45~13:00(ETV)

 なくせ、情報バリア
~中園秀喜さん~
 国のバリアフリー関係の審議会の委員を歴任した中園秀喜さんが、このほど情報バリアの撤廃を目指して「聞こえのバリア解消への提言」を出版した。

中園さんはこれまでもこのテーマでの著作があるが、その集大成とも言えるものである。この本ではまず、聴覚障害者のバリアが身体障害者にとってのバリアとは全く異なるものであり、「情報バリア」とも言うべきものであること、既存の障害者関連の法律では「情報バリア」解消につながらない現状について指摘する。

 その上で大学、病院、交通機関、公共機関など日ごろ聞こえない人が「情報バリア」に遭遇するする場で、具体的にどの様な改善を行えば「バリア」が低くなるか、ハード、ソフトの両面から提言を行っている。
d0070316_2163494.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2009-02-21 21:06 | 協会・センターからの情報 | Comments(1)
大分市より社会福祉法人大分県聴覚障害者協会が事業委託を受けている、「大分市高齢重度聴覚障害者生活支援・訪問事業」の支援員研修会を開催しました。

午前中は講師に大分市社会福祉協議会さざんかヘルパーステーション駅南事業所 所長 古野善子氏をお招きして、「高齢者の生活支援のための視点」というテーマでお話をしていただきました。
ヘルパーとしての経験や、ご家族の介護体験などから、高齢者の生活支援に必要な観察技術や話の聞き方などを具体的にお話いただき、とても参考になりました。

午後からはケース検討を行いました。

この事業は、高齢ろう者のお宅を訪問し、ニーズや現状把握を行うという事業で、全国的にも珍しい事業です。日頃情報が得られにくかったり、地域生活をうまくおくれない高齢者の支えになりたいと日々訪問を続けています。

d0070316_16115945.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2009-02-21 16:12 | 各種講座・行事等報告 | Comments(1)

情報提供 Tさんより

 ●「日本とモンゴルをつなぐ!ろう者のテレビ会議交流 世銀コーヒーアワー」 

コミュニケーションはモンゴル語-モンゴル手話-アメリカ手話-日本手話-日本語
http://www.youtube.com/watch?v=TX_rcguCD7M

d0070316_20433935.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2009-02-20 20:43 | その他 | Comments(1)