<   2009年 06月 ( 43 )   > この月の画像一覧

 「ろう学校や難聴学級などで採用されているCD-ROM教材『手話 ごんぎつね』が、今年の国際児童図書評議会(IBBY)で『海外に紹介したい、日本を代表する障害児のための特別仕様の本』としてIBBMY障害児図書資料センター推薦図書50冊に選ばれ、リストに掲載されました。」(日本聴力障害新聞7月1日号より)

「手話 ごんぎつね」
 熊本手話教材開発プロジェクト(熊本県聴覚障害者情報提供センターなどが立ち上げた任意団体)が2年かけて2007年3月に完成させたものです。
 国語の教科書に載っている「ごんぎつね」(新美南吉 作)を手話で解説するだけでなく、日本語の文章と手話、音声、絵などをリンクさせた教材です。

 手話表現は、2年前「耳の日記念大分県ろうあ者福祉大会」(大分市)で講師として講演いただいた野田尚子さん。魅力的な手話で作品の美しさを伝えられています。
 皆さんもぜひごらんになってみませんか。
 熊本県聴覚障害者情報提供センターHP
d0070316_20522391.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2009-06-30 20:55 | その他 | Comments(2)
日本聴力障害新聞(日聴紙)7月1日号が発行されました。購読者の皆様には、既にお手元に届いていると思います。日聴紙には、全国の聴覚障害者に関する様々な情報が掲載されています。
d0070316_18505351.jpg 日本聴力障害新聞の 7月1日号のおもな内容
・第57回全国ろうあ者大会in茨城に3000人が集結
・映画「ゆずり葉」2会場で上映
・新しい手話「アルファベット」など
・「目で聴くテレビ」番組紹介
・熊本聴障センター制作「ごんぎつね」国際的な推薦図書に!
・ドクター高橋のはじめての人間ドック
その他、様々な情報が掲載されています。
あなたも購読してみませんか。
申込はこちら
[PR]
by toyonokuni | 2009-06-30 18:51 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

オーエス

d0070316_14123030.jpg

葛(くず)のつたを相手に
「オーエス、オーエス」言いながら綱引き。
雨あがりのちょっとの間にも子供は遊びを見つけます。みなさんも梅雨に負けないで
「オーエス、オーエス」 
                            投稿o.s                  
[PR]
by toyonokuni | 2009-06-29 14:13 | 投稿記事 | Comments(7)
雨が心地よく降ってくれてますね。
でも、お日様が顔を出すと暑いですね008.gif
外でお仕事なさる方、室内でお仕事なさる方、スポーツを室内外関係なくなさる方等々、熱中症には充分お気をつけ下さい。
先日、外で仕事をしていた主人が、頭痛と吐き気を感じ、「おっこれは熱中症かも…」と思い、水分補給と水シャワーを浴びたそうです。
年々、気温が上がってきていますので、充分お気をつけ下さい。d0070316_10284571.jpg

さて、これからの通訳付き行事は…

【大分市男女共生講演会】〈手話〉
日時:7月4日(土)13:30~15:00
場所:コンパルホール1階大ホール
内容:演題:~マスオの男女共同参画考~「ことばのプレゼント」
    講師:増岡 弘氏
    人気アニメ「サザエさん」のマスオさん役や「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役でおなじみの声優・増岡 弘さんをお招きし男女共生講演会を開催します。
定員:500人(当日先着順)
[PR]
by toyonokuni | 2009-06-28 10:31 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(3)
****大分聴障協ゲートボールの ちょいエコ作戦!(節約編)******
 
今日は
「ゼッケン番号プレート」と「くじ箱」をご紹介!
d0070316_15552186.jpg

このゼッケンプレート普通は ビニル製市販購入
すると1セット5枚2000円程ですが
こちら 大分聴障協のゼッケン番号プレート。
ジャ~~ン!よく見ると・・・
d0070316_15554692.jpg

木板でできています!
長く使っていると クリップ(青い矢印)の部分がぼろぼろになるのです
・・・・壊れたら捨てる? いやいや 「もったいない!」「環境にもわるい!」
事務局の広瀬さんが補強板をして 再デビューとなった番号プレート。
板をきれいに円形にする技は難しいのですが、糸のこを 使わず、全て手作り!
d0070316_1557573.jpg
d0070316_15571850.jpg

一方、こちらは「くじ引きいれ」 メンバーの中尾さん作。
蓋と番号札入れの部分が 凸凹になった仕組み。毎回くじ引きでチーム内のメンバーを変えます。
この箱に入っている番号くじを引き、終わったら隣の箱に番号が見えるように入れる。
練習が終わったら、くじ入れ部分を逆さにはめて・・・コンパクトになおせます。持ち運びも可。
メンバー匠(たくみ)技と心が  みんなを和やかに かつ やる気にもさせている!
工夫しながら会を盛り立てていこうとする 作者たちに 感謝・・かんしゃ・!
3R(リユース、リサイクル、リデュース)の スタンスも 
しっかり取りこんでのチーム作りを実践しています。
[PR]
by toyonokuni | 2009-06-27 15:53 | 投稿記事 | Comments(1)
6月21日日曜日、別府市聴覚障害者協会主催で、別府市ろうあ高齢者交流会を行
いました。

別府市在住の高齢者に集まっていただき、昔の思い出話を語ってもらいました。

まず最初に、別府大仏のことから伺いました。20年前まで別府に大仏があったこ
とを、今の若い人は知らない人がほとんどですが、高齢者には子どもの頃よく遊
んだと聞きました。

50~60年前にろう者の就いていた職業について、木工、仕立て、皿洗いがあった
こと、別府には竹の釣り竿を作るろうの職人がいたことを、参加者で最高齢の猪原氏
より話がありました。ヘレン・ケラー女史が別府に来たとき、実際に見たと
いう人も何人かいました。

大分から亀川まで走っていた電車について話が及び、60代と80代とでは手話が少
し違っていることがわかりました。また、大雨で土砂崩れにより電車が埋まって
しまった事故のとき、その次の電車に乗っていて急に止まって不審に思ったこと
を語った人もいました。

近所の子供と遊んでいた頃のこと、聾学校の思い出など、昔の話がどんどん出
て、楽しい交流会となりました。
d0070316_17185950.jpg

d0070316_17192257.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2009-06-26 17:20 | Comments(3)
6月24日~25日の2日間、福岡市にある福岡市市民福祉プラザで2009年度全国聴覚障害者情報提供施設協議会総会および第5回全国聴覚障害者情報提供施設大会が開催されました。

24日は午後1時から総会が開催され、平成20年度の事業報告、決算報告、平成21年度の事業計画、予算、役員改選等について審議され、すべて承認されました。
続いて、施設大会が開催され、全国自立生活センター協議会福代表で弁護士の東俊裕氏による「障害者権利条約と合理的配慮」についての講演がありました。障害者権利条約の批准により国内法の整備などはどうなっていくのか、等について興味深いお話がありました。
続いて、厚生労働省社会・援護局 情報支援専門官の東秀明氏より行政説明がありました。

25日は著作権法の改正により、聴覚障害者への情報提供はどう変わるかについて、情報メディアに関する専門委員会の小野康二氏により説明がありました。著作権法の改正により聴覚障害者向けの映像の音声にかかわる字幕手話での複製には許諾がいらなくなりました。一方、貸し出しには補償金が必要になり、施行までにはまだ検討が必要な問題も多く残っています。

その後、5つのブロックに分かれて会議が行われ、それぞれの課題を話し合いました。各施設の体制は異なる部分も多いですが、情報交換により、よりよい施設づくりに活かされると思います。聴覚障害者についての中核施設となるべくさらに研鑽していく必要があります。

来年の総会と大会は岡山県で開催される予定です。
d0070316_15434222.jpg

d0070316_1543556.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2009-06-25 15:44 | 協会・センターからの情報 | Comments(1)

九州大会・月曜男・・・

 「月曜男」さんありがとう!              

 9月に別府市で開催される全九州ろうあ者大会・全九州手話通訳者研修会のアトラクションで「手話漫談」をされる静岡県の月曜男さんが・・・なんとこの大会をPRしてくれています。
 以前九州に来た時の温かい人情に触れた想い出と大会への参加を呼びかけてくれています。
 あなたはもう申し込みましたか?
 7月5日が申込み締切りです。
 月曜男さんはコ・チ・ラ

d0070316_11243136.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2009-06-24 11:25 | 協会・センターからの情報 | Comments(10)
6月23日(火)午後8時からの「目で聴くテレビ火曜日」の情報コーナー・目で聴くWeeklyでは、第57回全国ろうあ者大会で安藤豊喜前理事長に贈られた「とよき」の植樹式の様子をご紹介します。その後は「地方の手話~長崎」「JFDレーダー」「目で聴くテレビ10年!」「いきいきワイド~ろう漫画はろう者の手で」「チャレンジかおり~陶器に挑戦(後半)」などを放送します。

23日(火)のリアルタイム字幕放送は午後9時50分から午後11時10分まで「報道ステーション」(テレビ朝日系)を。27日(土)午後6時10分からの「週刊こどもニュース」(NHK総合)・テーマ「<うなずキッズ>知って
る?難民のこと」をお送りします。

7月から新しいリアルタイム字幕放送がスタートします。これまでの「週刊こどもニュース」に替わって「スタジオパークからこんにちは」(NHK総合)にリアルタイムで手話と字幕を配信。7月2日(木)スタートで毎週木曜日午後1時5分からお送りします。
d0070316_1311262.jpg
 
[PR]
by toyonokuni | 2009-06-23 13:01 | Comments(2)
☆ 真夏のオリオン(上映中)
第二次世界大戦末期、沖縄南東海域-
日本海軍は、米海軍の燃料補給路を叩くためイ-77をはじめとする最後の潜水艦隊を配備していた。
日本の戦局は日に日に悪化を辿り、米軍の本土上陸が近い今、この作戦は最後の防衛ラインともいえた。
当時、潜水艦そのものが日本海軍の最後の防衛線を託されていたのと重なるように
その艦においてただ一人潜望鏡を覗き、すべての決断を下す艦長自信もまた、乗組員たちの命の最終防衛線を託された存在だった。
イ-77の艦長:倉本孝行は、同作戦に参加するイ-81の艦長:有沢義彦とは
海軍兵学校からの親友であり、その妹:志津子とも互いに想いを寄せ合う仲であった。
いつ戻るとも知れぬ作戦への出航前、志津子は手書きの楽譜を手渡した。
イタリア語で「真夏のオリオン」と題されたその曲は、志津子がつくったもので、そこには倉本に宛てたメッセージが書き添えられていた。
「-オリオンよ、愛する人を導け」
冬の星座の代名詞であるオリオン座が、この季節に海上から見えるほんのわずかな時間だけ。真夏に輝けば、それはこの上ない吉兆だと、船乗りの間では語り継がれている。

日本語字幕付き上映日
7月10日(金)11日(土)

シネフレックス東宝11(わさだタウン内)
tel:097-548-7800 
fax:097-548-7557
(●)´`・)miho(・‘‘(●) ♪
d0070316_15294343.jpg

もうすぐ七夕ですね。センターにも七夕飾りが登場しました。
高齢ろう者の皆さんが一生懸命作りました。
皆さん玄関を入られたら、ぜひ上を見上げてくださいね(^・^)
[PR]
by toyonokuni | 2009-06-22 15:33 | 字幕付き映画情報 | Comments(2)

新着情報随時更新中。


by toyonokuni