大分県聴覚障害者センターブログ

toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。

<   2010年 09月 ( 39 )   > この月の画像一覧

去る9月25日(土)26日(日)の2日間熊本県天草市に高齢部主催で観光会をしました。
参加者は27名、天草四郎メモリアルホール、天草キリシタン館、熊本城・本丸御殿の歴史などを見ました。
一番楽しかったのは船に乗って野生のイルカに触れ合っていました。
d0070316_14103918.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2010-09-30 14:11 | Comments(0)
  盲ろう者問題学習と交流会のお知らせ
※県庁HP→コチラ


◇日時:10月2日(土)13:30~16:30          
場所:大分県総合社会福祉会館               
内容:講演会                           
    講師:長崎盲ろう者友の会 山田幸枝氏

◇10月3日(日)9:30~12:00
大分県総合社会福祉会館
実技と交流会

◇参加費:1,000円

◇締め切り:9月30日  097-568-8793まで氏名、連絡先(FAX番号)を書いてFAXして下さい
d0070316_22435492.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2010-09-29 22:44 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

たばこ

タバコの害●と 禁煙のメリット○

d0070316_2059274.jpg


●肺ガン、脳腫瘍、咽頭ガン、食道ガン、胃ガン、前立腺ガン、白血病等、全てのガンの原因になる。
○各種ガン発症のリスクが低下する。

●動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、下肢の壊疽(えそ)(腐ってしまう)・脱疽(だっそ)(壊疽になって紫色や黒色に変色した状態)を引き起こす。
○上記病気の危険性が減る。

●血管の老化を促進する(血管の老化により心筋梗塞、狭心症、脳卒中を引き起こす)と共に、痴呆症や難聴や視力の低下にも影響する。
○病気のリスクが減る。

●身体が酸素不足になり、運動能力が低下し、強い持続的な運動ができなくなる。
○酸欠がなくなり、運動時の呼吸が楽になる。

●咳・たん・声がれ・息切れを引き起こす。
○症状が改善される。

●肌荒れを引き起こす。
○肌がきれいになる。

●脳、歯ぐき、卵巣、精巣、胎盤、胎児、胃十二指腸粘膜、網膜の酸素・栄養不足を招きそれぞれの働きが低下する。
○症状が改善される。

●痴呆症、歯周病、エストローゲンの低下による生理不順・不妊症・早期閉経・声の男性化、性的能力の減退、早流産、低体重児、胃潰瘍、視力障害などの原因になる。
○病気の危険性が下がる。

●高血圧症や糖尿病に悪影響を与える。
○悪影響がなくなる。

●歯が黄色くなり、歯肉も黒ずむ。
○進行が止まる。

●歯の隙間や裏側に着いたヤニが、口臭の原因になる。
○口臭がなくなる。

●メラニン色素が喫煙者の皮膚に深く深く沈着していき、皮膚の色が黒くなる。
○症状が止まる。

●免疫力が低下して、肺炎、気管支炎、胆嚢炎、虫垂炎、皮膚化膿性疾患、痔瘻(肛門周囲膿瘍)、カゼ、インフルエンザなどにかかる。また、ガン化を助ける。
○免疫力が上がり、各種病気に対するリスクを減らす。

●放射性物質、特にプルトニウムなどの吸収が10倍以上にあがる。原子力発電所に勤務している人や、放射性物質を扱かったり、放射線を受ける仕事をしている人にとってはガンが早く発症する可能性がある。
○ガンになるリスクを減らす。

●妊娠中にタバコを吸い続けると、早産になる確率が高くなる。また、妊娠中の喫煙により生まれたときの身長・体重がともに劣っているこうした赤ちゃんは、生まれてからも発育が遅れたり、気管支喘息や気管支炎などの病気にかかりやすくなったりするほか、乳幼児突然死症候群の危険度が5倍近くにもなるという研究報告もある。
○上記のリスクを減らす。

●ニコチン性口内炎 (ニコチンから起きる口内粘膜の病気)、歯周炎 (歯ぐきの下の歯を支える骨の病気。ひどいと歯が抜ける)などの口の中の症状を引き起こす。
○病気のリスクを減らす。

●過去に喫煙経験のある人、現在喫煙している人ともに、たばこの本数が増えるほどに、メタボリックシンドロームのリスクが高くなる。
○リスクを減らす。

●疲労感が蓄積する。
○疲労感を改善する。

●副流煙は、周囲の人の目、鼻粘膜、呼吸器への不快な刺激を与え、健康に悪い影響を与える。乳児、小児に対しては、呼吸器感染症、中耳炎の発生率を増加させ、喘息や呼吸器症状を悪化させる。また、成人に対しては、喘息や肺気腫の症状を悪化させると言われている。
○副流煙で周りの人に迷惑をかけなくなります。

●味覚、嗅覚の異常 (舌や、鼻の感覚が低下して食物がまずくなる)が起こる。
○味覚が回復、味の区別ができるようになり、嗅覚も鋭くなるために食事が美味しくなる。

●寝タバコにより、火事の原因となる。
○火事の心配がなくなる。

●(年齢、閉経の有無、閉経後のエストロゲン服用の有無、運動量、カルシウム、カフェイン、アルコールの摂取という関連要因を調整しても)大腿骨頚部骨折の危険度を高める。成人期から更年期までの1日1箱以上の喫煙は、骨密度を5~10%低下させるという報告がある。
○リスクが低下する。しかし、効果は、禁煙から10年以上して表れると言われている。

●糖尿病の人の生命予後を悪化させる。
○リスクが減る。

●術後の呼吸器合併症になる危険率があがる。
○手術前の早い段階(5週~8週以上前)に禁煙を開始すると、術後の呼吸器合併症になる危険率を下げられる。

●肺気腫をはじめとする慢性閉塞性肺疾患の危険因子となる。
○リスクが減る。

●部屋にヤニが付着して、部屋が黄色くなる。
○変色がとまる。

●頭頸部がんの方は、重複がんの発生率が高くなる。
○重複がんになる危険性が少なくなる。
[PR]
by toyonokuni | 2010-09-29 20:33 | その他 | Comments(2)
 毎月1日は映画の日ですが、今度の10月1日(金)には太陽の家で映画“ゆずり葉”の上映会が、太陽の家むぎの会主催の「2010太陽祭」の一環として行われます。
 なお、主管は太陽の家映画同好会。

 この“ゆずり葉”は全日本ろうあ連盟の設立60周年を記念して作成された作品ですが、ろうあ者問題の過去と現在を繋ぐストーリー、聴覚障害者の役者さんたちの素晴らしい演技等々、単なる“福祉映画”ではない立派な作品に仕上がっています。是非ご覧下さい。

◆ストーリー
ベテラン大工の敬一は昔の恋人早苗との悲しい思い出から逃げるように“ろうあ運動”から遠ざかっていたが、障がい者への権利制限撤廃運動を盛り上げるために、20数年前に中断していた映画制作の再開に参加することになる。その映画の主役に選ばれた吾朗の私生活は不安定で、結婚に踏み切れない吾朗に苛立つ恋人のさやか(ろう学校教員)と、その妹で薬剤師国家試験に挑戦する尚美、それぞれが周囲に支えられながら新しい道にチャレンジしている。そして実際の映画作りが始まって・・・。衝撃の事実と感動のクライマックスは観てのお楽しみ。

主催: 太陽の家むぎの会
主管: 太陽の家映画同好会
日程: 10月1日(金)18時30分~(上映時間1時間43分)
場所: 太陽の家コミュニティセンター(3階ホール)
参加費: 無料  
なお、詳細については太陽の家HP(http://www.taiyonoie.or.jp/)

【情報提供】
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 社会福祉法人 太陽の家
  総務部 総務課 専任課長 堀川 裕二
   〒874-0011 大分県別府市大字内竈1393番2
   TEL:0977-66-0277 内線222
   FAX:0977-67-0453
   /sido-ooitamejiro@ezweb.ne.jp  
   E-mail:horikawa@taiyonoie.or.jp
   URL:http://www.taiyonoie.or.jp/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
d0070316_16511731.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2010-09-29 00:01 | その他 | Comments(1)
季刊みみ(MIMI)を継続購読いただいてありがとうございます。
秋号№129 特集 死と向き合う~今をより良く生きるために~
生きているものは、いずれ必ず死ぬ・・・頭ではわかっていても、自分が死んだあとや身近な人がなくなったとき 葬儀はどんな種類かあっていくら? 遺言状の書き方は? 法要の種類は・・・などなど。
いざというときあわてないため、また幸せに生きるため、元気な今のうちに、死について学びましょう。
d0070316_13573189.jpg

購読者の方々は、センター受付にてお渡ししています  
[PR]
by toyonokuni | 2010-09-28 14:09 | Comments(0)

字幕付き映画情報!2本

d0070316_1142857.jpg

THE LAST MESSAGE -ザ・ラストメッセージ- 海猿
上映日 10/7(木)~8(金)
上映館 TOHOシネマズ 大分わさだ
 Fax 097-548-7557
 TEL 097-548-7878

d0070316_1733059.jpg

悪人 (PG12指定)
「いったい誰が本当の”悪人”なのか」

上映日 10月14日(木)15日(金)
上映館 T・ジョイパークプレイス大分
Fax 097-528-7681
Tel 097-528-7678

* PG12指定です。12歳未満のお子さんは、成人保護者同伴で見てください

(●)´`・) miho (・‘‘(●) ♪
[PR]
by toyonokuni | 2010-09-27 17:38 | 字幕付き映画情報 | Comments(0)
中津手話サークル「さつき」30周年おめでとう! 
【9月27日 大分合同新聞より引用】

中津手話サークル「さつき」(吉富智津子会長、61人)の創立30周年記念大会が、中津市教育福祉センターであった。

 関係者約100人が出席。吉富会長が「次の世代へと譲り、つないでいけるよう、会員一人一人が努力していきたい」とあいさつ。新貝正勝市長(梶谷俊司市福祉保健部長代読)、産谷喜久太県聴覚障害者協会副理事長、吉田弘芳中津聴覚障害者協会長が祝辞。スライドショーがあり、これまでの歩みを振り返りながら、節目の年を祝った。

 午後からは、市民との集い行事。中津ろう者劇団ひまわりによる公演や、交流ふれあい手話教室などで、取り組みをアピールした。
 記事全文はコチラ
d0070316_10442888.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2010-09-27 10:45 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
 9月25日(土)~26日(日)県聴障センターにおいて、大分市盲ろう者向け通訳・介助者
養成講座が開かれました。21名が受講しました。
2日間の講座を受けて、盲ろう者の気持ちに一歩近づくことができたのではないでしょうか? 
受講者の皆さんお疲れさまでした。
 来年2月に大分県盲ろう者向け通訳・介助員養成研修会を開きます。さらにレベルアップ
した講座なので、ぜひ受講してくださいね。 よろしくお願いします。
d0070316_19571340.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2010-09-26 19:59 | その他 | Comments(0)

今年の十五夜は・・・

今年の十五夜は22日でしたが、お月見をされましたか?
地域では、22日の日が暮れ始める頃から、子どもたちが大きな袋を持って「名月くれなぁ~」と言いながら各家を周って、お菓子をもらっていました。
肝心のお月見はと言うと・・・この夜は、傘をかぶった月が見えました。
d0070316_15491539.jpg


「月が傘をかぶると天気が崩れる057.gif」というのを聞きませんか? 
このような自然現象や生物の様子などから天気を予想することを「観天望気」というそうです。
気象庁の天気予報の的中率は80%ぐらいだそうで、残りの20%はこの「観天望気」から予知できる場合が多いらしですよ。「暑さ寒さも彼岸まで」と言います、これから暑さがおさまってきて、だんだん涼しく、寒くなっていくのでしょうね。001.gif
d0070316_16165445.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2010-09-25 16:20 | その他 | Comments(3)
 豊の国機関紙300号達成!                         【大分合同新聞9月23日より引用】

 県聴覚障害者協会(西村務会長)が発行する機関紙「豊の国聴障ニュース」が9月で、300号に達した。毎月1300部を会員や手話を学ぶ人、行政などに届けており、「これからも聴覚障害者の理解が進むよう、情報発信していきたい」としている。

 協会は聴覚障害者の福祉向上などを目的に1946年に設立された。国際障害者年(81年)で障害者福祉の充実の機運が盛り上がる中、82年10月に、第1号を発行。トップニュースで初代会長の土屋準一さん(故人)の叙勲受章を伝えた。

 手話を学び、手話サークルの会員として活動する人が増えつつあった94年1月に100号に到達。当時の発行部数は630部で、機関紙は会員の情報交換や交流を深める上で大きな役割を果たした。2002年5月には、200号を発行。手話を学ぶ人を紙面で紹介し、聴覚障害者と手話サークル会員をつないだ。
 課題はサークル会員の減少。一時は約800人いたが現在は約550人。県内約40カ所で開かれていた手話講習会が市町村合併により、12、13会場に減ったことが大きく影響しているという。
 記事全文はコチラ
【cサンの投稿 別府湾SAから 見えるAPU大学の風景だょ。 来年 全国手話通訳問題研究集会が開催されるよ】 
 
d0070316_1453953.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2010-09-25 14:47 | 協会・センターからの情報 | Comments(1)