大分県聴覚障害者センターブログ

toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。

<   2011年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧

d0070316_14295241.jpg
                            ↑ ↑ ↑
     062.gif062.gif  問合せ等は、fax 097(521)5336 中村義成まで。
[PR]
by toyonokuni | 2011-01-31 11:24 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

鹿児島県福山市へ

桜島を一望する鹿児島県福山町にある「桷志田(かくいだ)」へ行ってきました。
手作業で作られており、コクがあってまろやかな味わいの黒酢です。
地元のアマン壺と呼ばれるかめ壺に、原料の玄米、麹、水を入れてたっぷりと
発酵させています。
「黒酢ソフトクリーム」を見つけさっそく行ってみたもののすでに売り切れてて残念でした 007.gif 
d0070316_1751467.jpg
[PR]
by toyonokuni | 2011-01-30 09:00 | Comments(1)

頚肩腕検診

先週に引き続き今日も手話通訳者の頚肩腕検診が行われました。かい鍼灸整骨院
の先生方に通訳者一人ひとりが検診を受けました。

◆「頸肩腕症候群」というのは、手話通訳者の職業病です。
腕や肩、頸部の筋肉などに負担が集中すること、および手話通訳は同時通訳なので、高度の集中力と緊張状態を保ち続けなければならず、きわめて高度な頭脳の働きが要求されます。

それらの原因により、手指や肩、頸部の筋肉や関節、腱等に痛みを生じ筋力が低下します。
それだけではなく、全身の倦怠感や不眠、イライラなどの精神症状も伴います。

◆予防としては、まずオーバーワークを避けること。長時間の通訳は、複数の通訳者が交代して行なうこと。
一人の通訳者が連続して手話通訳を行なう時間は、一般的には

a)講演会など   ・・・20分
b)テレビの手話挿入・・・15分
と言われています。

※普段から気分転換を兼ねて、ストレッチや体操を適度に行いましょう
d0070316_1626688.jpg
[PR]
by toyonokuni | 2011-01-29 16:28 | Comments(1)
寒さが続きますね。
寒い中、春の訪れを待っているつぼみの写真が届きました。
d0070316_12175370.jpg


桜の便り
d0070316_16443048.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2011-01-29 12:25 | 投稿記事 | Comments(0)
先日、タイガーマスクさんより暖かい膝かけをいただきました。
まだまだ寒さが厳しくなりそうなので、遠慮なく使わせていただきます016.gif
ありがとうございました001.gif
明日から天気予報には、また雪マークがでていますね。
道路の凍結、水道管の凍結等々ご注意ください。

先日、寒もちをつきました。d0070316_1321794.jpg
来週のブログでは、あられに変身した様子をご紹介します。













さて、これからの通訳付き行事は…
【ほっとはーとOITA】〈手話〉
放送日:1月29日(土)11:25~11:40
放送局:TOSテレビ大分
内 容:「おおいた暮らし」のススメ~移住で地域活性化~
     県内各地の特色ある「おおいた暮らし」が実感できる体験プログラムを用意して大分への移住を促進する取り組みをご紹介します。
また、大分の魅力や地域情報を発信して、大分への移住を促進する「おおいた暮らしアドバイザー」の活躍もお伝えします。

【「誰もが安心して暮らせる大分県条例」づくり実行委員会】〈手話〉日時:1月29日(土)13:00~15:00
場所:コンパルホール 
4階 アートルーム

【第3回 佐伯市社会福祉大会】〈手話〉
日時:2月1日(火)13:30~16:00
場所:佐伯市社会福祉総合センター「和楽」1F 大研修室

【第22回豊肥地区解放文化祭】〈手話〉
日時:2月6日(日)12:00~16:00
場所:久住公民館
[PR]
by toyonokuni | 2011-01-28 13:36 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(1)

ろう難2月広報

ろうを生きる 難聴を生きる2月広報                                                  

放 送(日曜)  19:30~19:45(ETV)     再々放送(翌日曜) 19:30~19:45(ETV)
再放送(金曜) 12:45~13:00(ETV)   再々々放送(翌金曜) 12:45~13:00(ETV)

6日 二人で寄り添う、島のろう者の暮らし ~池田文隆さん・宮子さん~                                                         池田文隆さん、宮子さんは島根県隠岐の島に暮らす健聴者とろうの夫婦。健聴の文隆さんが以前住んだ松江の手話サークルで知り合ったろうの宮子さんに求婚した。島に15人ほどいるろう者の大半は1人暮らしの高齢者である。島では公的な手話通訳派遣制度が事実上ほとんど機能していない。松江市に派遣を依頼すると一日1便だけのフェリーで片道三時間かけて通訳が来ることになる。日帰りは困難で勢い依頼は島の手話サークル代表を務める池田さんに舞い込む。池田さんは本業の建設会社勤務の合間を縫ってろう者の家庭を訪問する。公的派遣ではないのでボランティアでの活動である。訪問は夫婦で行うことも多い。池田さんはろう者本人の悩み、困難を聞き周囲との折衝に、妻の宮子さんはそうしたうろう者に寄り添う。
夫婦で島のろう者を支えようと奮闘する、その姿を追う。

20日 「盲ろうについて知っていますか?」~盲ろう者妻の‟手作り授業”~
都内に住む渡井真奈さん(36)歳は、夫が盲ろう者で、5年前から、小学校や幼稚園で、盲ろう者について知ってもらうための授業を企画・運営している。
授業には、実際に盲ろう者を講師に招き、点字や手話についてのクイズ、子供たちに実際に盲ろう者の手引きをしてもらう。真奈さん手作りの紙芝居で、盲ろう者についてわかりやすく伝えるなど、子供たちに親しみやすい内容になっている。
去年は、小学校4年生の子供たちが授業の後、子供たちが自らもっと障害者について知りたいと、テーマを決めて学習し、それを模造紙にまとめて低学年の子供たちに伝えるなど広がりをみせている。
真奈さんには二人の子どもがいるが小3の長男は、今では父親の外出のサポートを積極的に担うなど、真奈さんの試みは父と子の絆も深めているという。「盲ろう者についてもっと知って欲しい」と活動する真奈さんの思いを紹介する。
d0070316_1057829.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2011-01-27 10:58 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

聾学校幼稚部入学者募集

平成23年度大分県立聾学校幼稚部入学者募集

1. 募集対象
○両耳の聴力レベルがおおむね60デシベル以上のもののうち、補聴器等の使用によっても通常の話声を解することが不可能または著しく困難なもの
○平成17年4月2日から平成20年4月1日までに生まれた幼児で、大分県内に在住するもの

2. 出願関係書類の交付
出願関係書類の交付は、平成23年1月24日から大分県立聾学校事務室において交付します。交付の時間は、午前9時から午後4時までとします。ただし、土曜日、日曜日及び祝日を除きます。

3. 出願手続き
(1)出願書類の受付期間
平成23年2月7日(月)午前9時から2月18日(金)午後4時まで(土日祝日を除く)

(2)出願書類の提出先
入学を希望する幼児の保護者は、募集期間内に本校所定の入学願書・調査票に必要事項を記入のうえ、大分県立聾学校事務室に提出してください。 
郵送の場合は「書留」でお願いします。
〒870-0823  大分県大分市東大道2丁目5-12
                   大分県立聾学校長  宛

4. 入学希望者面接
入学希望者には、2月下旬に面接を行います。

5.その他
詳細について、大分県立聾学校にお問い合わせください。
d0070316_244718.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2011-01-26 13:51 | その他 | Comments(0)
25日(火)夕方にセンターの裏口に紙袋を持った方がいて、女性職員の皆様にささやかなものですが使ってくださいとの伝言を残して立ち去っていきました。

なぜ女性職員だけ?
冷え性のの多い女性職員に足元が冷えないように「ひざかけ」をとの優しい心遣いでした。
ありがとうございます。
     女性職員一同感謝しています。
d0070316_212596.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2011-01-26 01:23 | センターの風 | Comments(3)
『わたしたちの手話2011』初版(2010年12月10日発行)の手話の動作文に一部誤りがありました。
 10頁上段「独自性発揮」の手話において、真ん中のイラストと②の動作文の左右が正しく対応しておりません。
 この本をお買い上げになられた方は、お手数をおかけして誠に恐縮ですが、
 皆様に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

                2011年1月25日 財団法人全日本ろうあ連盟出版局
d0070316_1340190.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2011-01-25 13:47 | Comments(0)
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-
d0070316_9523829.jpg

1944年、太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンにアメリカ軍から“フォックス”と呼ばれ、畏れられたひとりの日本人がいた。大場栄大尉。男は最後、47人になりながらも仲間の兵士たちと共に、16カ月もの間、敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた。
彼の誇り高き魂が、味方の日本人だけでなく敵側のアメリカ人の心をも大きく動かしていった――。

竹野内豊、井上真央

上映日 2月14日(月)2月15日(火)
上映館 TOHOシネマズ大分わさだ
Tel:097-548-7878
Fax:097-548-7557
[PR]
by toyonokuni | 2011-01-24 08:00 | 字幕付き映画情報 | Comments(1)