大分県聴覚障害者センターブログ toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。


by toyonokuni
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

第48回「耳の日記念」大分県ろうあ者福祉大会
         開  催  要  網


1.名  称   第48回「耳の日記念」大分県ろうあ者福祉大会
          
2.趣  旨   耳の日を記念して、聴覚障害者及び関係者が一堂に会し、相互理           
     解と信頼を深め、もって聴覚障害者等の福祉向上を図ることを目
     的とする。

3.日  時   平成28年3月6日(日) 午前10時~午後3時

4.会  場   佐伯文化会館

5.主  催   社会福祉法人 大分県聴覚障害者協会

6.主  管   佐伯聴覚障害者協会

7.後  援   大分県・佐伯市・大分県社会福祉協議会・佐伯市社会福祉協議会
佐伯市教育委員会・大分県身体障害者福祉協会・佐伯市身体障害者
福祉協議会・大分合同新聞社・NHK大分放送局・OBS大分放送
TOSテレビ大分・OAB大分朝日放送・ケーブルテレビ佐伯

8.協  力   佐伯手話サークル「城山」
          佐伯市要約筆記サークル「陽だまりの会」

9.参 加 者   聴覚障害者・手話通訳関係者・福祉関係者・一般市民等
約600名
d0070316_135521.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-02-29 12:40 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
あっという間に2月が終わってしまいます。2月は「逃げる」で早かったですね。
今日は29日閏日で、1日得した気分になります。

さて、NHKの番組「ろうを生きる難聴を生きる」の3月放送のお知らせです。
d0070316_1016455.gif

放送(土)20:45-21:00 ETV  再放送(金曜日)12:45-13:00 Eテレ

3/5子どもに未来を与えたい
聴覚障害者の自立のため、海外で様々な活動を行っている女性がいる。ろうの廣瀬芽里さん(42)だ。数カ国の手話が操れる廣瀬さんは、海外で多くのろう者と出会ってきた。その中で、教育を受けられないため、筆談も手話もできない人が多いことを知り、支援の必要性を痛感したという。
2002年には、19ヵ国から集まった聴覚障害者と共にロサンゼルスからワシントンまでを自転車で横断、聴覚障害者のための奨学金を集めた。2013年には、JICAの海外青年協力隊に応募、ドミニカでろう学校の教師となった。
今、広瀬さんが取り組んでいるのが、ドミニカの聞こえない子どもたちの就労を助けることだ。かき氷屋を立ち上げるため、この冬、一時帰国。イベントを主催して資金を募り、必要な品々を購入しようとしている。
番組では、山田賢治アナウンサーが、帰国中の広瀬さんを訪ねる。インタビューで、ドミニカの聴覚障害者の現状と、支援にかける思いを伝える。

3/12旅がくれた生きる勇気
名古屋市に住む映画監督の今村彩子さん(36)は、ドキュメンタリー映画の監督だ。生まれた時から難聴で補聴器がないと全く聞こえない。今村さんは、小学生の時から映画監督になるのが夢だった。これまで被災地の聴覚障害者を取材するなど、ろう者を取り上げたドキュメンタリーを多数制作してきた。
2014年、そんな今村さんが映画制作に対する情熱を失いかける出来事が起きた。自分を支えてくれた母の加代子さんが亡くなったのである。気分が落ち込み、生きる気力すらなくなったという。心の隙間を埋めてくれたのが、クロスバイクだった。自転車に乗ると元気がわき、少しずつ自信を取り戻していったという。そして友人の「映画と自転車をくっつけたら?」という一言に、自転車で日本列島を縦断し、そこでの出会いを映画にしようと決意した。難聴でコミュニケーションがとりにくい自分自身を、旅の中で見つめ直し、障害を乗り越える勇気を再確認しようと思ったのだ。去年7月に沖縄をスタート。2ヶ月かけて北海道の宗谷岬まで横断した。今は春の映画公開に向け、編集作業の真っ最中だ。
番組では、山田賢治アナウンサーが、編集に励む今村さんを訪ね、インタビューで作品への思いを伝える。

3/19幸せは自分が決める
盲ろう者支援の雑誌編集やイベントを主催するなど、今注目を集めている女性がいる。NPO理事の荒美有紀さん、26歳だ。
荒さんは、目が見えず、さらに耳も全く聞こえない「全盲ろう」。しかしかつては、見えて、聞こえていた。中学校の時には海外にも留学。CAになるのが夢だったという。しかし16歳で難病“神経繊維腫症Ⅱ型”を発症し、大学在学中の22歳の時、視力も聴力も完全に失ってしまった。一時は生きる意味がないと絶望したが、ある臨床心理士との“ブログ文通”をきっかけに、勇気を持って自分の可能性を広げることを決意した。
 荒さんは、普通の20代の女の子として、プライベートも大事にしたいと考えている。そんな思いに応え、交際している彼や友人たちも、荒さんと話すために「指点字」を勉強し、一緒に楽しめるにはどうすればいいか一緒に考え、笑い合う時間を大切にしてきた。
番組では、“盲ろう者の若手リーダー”と普通の女の子という、二つを大事にしながら日々を駆け抜ける荒さんに密着。今の思いに迫る。

3/26震災から5年「孤立を防ぐために」
1万8000人の犠牲者を出した東日本大震災。中でも聴覚障害者の死亡率は2%、障害を持たない人の2倍にのぼった(NHK調べ)。
また被災地の自治体の多くには手話通訳者がおらず、日常的に聴覚障害者への支援が行われていなかった。そのため安否確認が難航したうえ、家の外には出たことがない、学校にすら通っていなかった高齢ろう者が発見されるなど、地域で孤立している聴覚障害者の実態があらわになった。
こうした教訓も踏まえ、国は2013年に「災害対策基本法」を改正。各自治体へ「避難行動要支援者」の名簿作成を義務づけた。しかしNHKが全国923の市町村に行ったアンケート調査の結果によれば、名簿の作成は始まった一方で、そのほとんどが「要支援者」への具対策を打ち出すに至っていない。
そうしたなか、当事者団体や関係者で自ら支援方法を考える動きが広がっている。三重県聴覚障害者情報センターは、災害が起きたときに、伊勢市から要支援者の名簿提供が受けられる協定を締結。手話での支援・相談にあたれるよう、災害支援サポ-ターの養成にも着手した。また兵庫県聴覚障害者福祉事業協会は、阪神淡路大震災をきっかけに、孤立させないことが減災につながると、聴覚障害者専門の老人ホームや介護支援センターを相次いで開設させている。
震災から5年、次なる災害に、聴覚障害者はどう備えていけば良いのか。各地の取り組みからヒントを探る。
[PR]
by toyonokuni | 2016-02-29 10:26 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

春になると…

ふと…行きたくなる…
d0070316_14372765.jpg

に乗って…ここもいいな038.gif
d0070316_14374339.jpg

大好きな風景…
d0070316_14404830.jpg

行きたいなぁ039.gif
[PR]
by toyonokuni | 2016-02-28 14:46 | Comments(0)
九州聴覚障害者団体連合会高齢部  創立30周年記念祝賀会
平成28年2月11 日(木・祝)大分県日田市の小京都の湯みくまホテル1泊2日創立30周年記念祝賀会が開催されました。各県の参加数は91名参加しました。大分から21名参加でした。開会式では藤瀬九聴連高齢部長挨拶、ご来賓の松永理事長の代わり太田副理事長、時松女性部長、鈴木青年部長より挨拶をいただきました。
式典終了後はゲーム等仲間と交流ができて、とても楽しく過ごしました。
d0070316_9372222.jpg

d0070316_93844.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-02-27 09:40 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
昨日はとっても寒かったですね。
朝夕も冷え込みますね。

昨日、福岡の方へ行かれた方から、春はまだかな~…って感じる写メを送っていただきました。
サクラが待ち遠しいです016.gif
d0070316_1315717.jpg


もうすぐ2月も終わりますね。
3月になると、卒業式シーズンに入りますね。
仕事では年度末のまとめ等々、めまぐるしく日々が過ぎていくことでしょう。
忘れ物がないように、しっかり日々を過ごしたいものです。

さて、これからの通訳つき行事は…
【大分県聴覚障害者協会女性部&大分市聴力福祉会 生活訓練講座】〈手話〉
日時:2月28日(日)10:00~12:00
場所:大分県聴覚障害者センター
内容:「マイナンバーについて」

【健康づくり推進大会】〈手話〉
日時:2月28日(日)13:30~16:00
場所:玖珠まちメルサンホール

※来週は耳の日大会がありますよ~006.gif
 体調を万全にして、みんなで佐伯に行きましょう056.gif
[PR]
by toyonokuni | 2016-02-26 13:28 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(0)

全日本ろうあ連盟情報

 全日本ろうあ連盟が国土交通省・観光庁を訪問し、下記の聴覚障害者の福祉施策への要望書を提出しました。
 今後、観光施設や案内所に手話ができる人がいたり、観光地で必要な情報がスムーズに入るようになることを期待します。

                                 記
1.「障害者差別解消法」施行に向け、聴覚障害者が必要な情報を入手し、観光を楽しむことができるよう、観光地での情報アクセス・コミュニケーション保障のために、下記を要望します。
(1)全国の観光施設で紹介されている映像に字幕、手話通訳をつけてください。
(2)手話のできる観光ガイドの育成・配置を働きかけてください。
(3)ツアー中、添乗員等が集合・解散時間や重要な注意事項を案内するときの手段として手話も含める、もしくは手話通訳者を配置し案内するよう、指導してください。
(4)聴覚障害者がツアーに参加する場合、宿泊先においてテレビの字幕表示ボタン付リモコン及び振動呼び出し機を部屋とフロントに設置するよう、関係事業所に周知・指導してください。
d0070316_1518833.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-02-25 15:20 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

温泉県おおいた動画

「おんせん県おおいた」と聞いて、いったい何を思い浮かべるだろうか。
別府や湯布院など有名な温泉地を抱える大分県は、「おんせん県おお
いた」というキャッチフレーズを掲げ、ユニークなCMを制作し、話題とな
っていた(参照:世界の「おんせん県」大分が、やっぱり完全に開き直
ってる)。

ところが、その大分県がさらにパワフルな動画を制作し、注目を集め
ている。
この動画は、大分県が制作した「おんせん県おおいた」のTVCMの第
3弾。シンクロナイズドスイミングと同県内にあるバラエティ豊かな温泉
をかけあわせた「シンフロ」と題した動画である。


出演するのは、オリンピックメダリスト・藤井来夏氏が主宰するプロの
シンクロナイズドスイミングチームのメンバーで、県内11カ所の温泉
で撮影された。関西地域でTVCMとして放送が始めたまったが、フル
がバージョン2分33分の動画"同県特設ウェブサイト同県特設ウェ
ブサイで見ることができる。
http://onsenkenoita.com/

[PR]
by toyonokuni | 2016-02-24 05:05 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
d0070316_1344525.jpg

 聴覚障害がある有権者のために、候補者の演説などを文字で簡略に伝える「要約筆記」に対し、政党や候補者が報酬を支払えるようにする公職選挙法改正案が、今国会で成立する見通しになった。夏の参院選から適用される公算。従来、認められていた手話通訳への報酬の支払いに加え、要約筆記への報酬も認められて利用が広がれば、聴覚障害者が選挙に参加しやすくなる。 (大杉はるか)
 聴覚障害者は手話の苦手な人もおり、要約筆記へのニーズは大きい。厚生労働省の調査(二〇〇六年、複数回答可)では、聴覚障害者がコミュニケーション手段として挙げたのは「筆談・要約筆記」が30・2%で、「手話・手話通訳」(18・9%)を上回った。
 一三年の公選法改正で選挙運動のための屋内での映写が認められ、要約筆記も表示できるようになったが報酬の支払いは買収に当たる恐れがあるとして禁じられてきた。民主、維新両党はこれを解禁する公選法改正案を近く提出し、与党も賛成する方針。報酬額は、政党が支払う場合は「社会通念上妥当な額」(総務省)、候補者による支払いは政令で基準額を定める。
 手話通訳には〇〇年の同法改正で支払いが認められた。法改正で要約筆記の普及が進めば、聴覚障害者はより多様な手段で投票の判断材料を得られる。全国要約筆記問題研究会の三宅初穂(はつほ)理事長は「政党や候補者が、聴覚障害者にも政策を伝える手段が必要と気づいてくれたら」と期待する。
 一方、視覚障害者への対応は遅れ気味だ。選挙で政党などから点訳者への報酬支払いは認められておらず、今回の法改正でも対象外。改正案作りに携わった民主党の黒岩宇洋衆院議員は障害者の政治参加を「一歩ずつ前に進めたい」と話している。
 <要約筆記> 講義や研修などで発言者が話すと同時に要約文をつくり、聴覚障害者らに読んでもらう情報伝達手段。手書きしたノートやパソコン画面を直接見てもらったり、スクリーンに映し出したりする。厚生労働省によると、登録試験に合格した要約筆記者は2013年度末現在で3513人。国内の聴覚障害者は推計約32万人(11年度調査)。
[PR]
by toyonokuni | 2016-02-23 13:06 | Comments(0)

オススメ動画紹介♪


「アイラブユー」で一世風靡したろうの女優「忍足亜希子」さんの手話パフォーマンスを紹介します。
タイトルは「juliet」(ジュリエット)
以前、大分にも新年文化講演会でお越しいただきました。覚えてますか?
ほんとうに可愛い方ですよね~
共演されているのは、三浦剛さん。
舞台『嵐になるまで待って』での共演をきっかけに演劇集団キャラメルボックス所属の三浦さんと結婚されたそうです。
夫婦で手話パフォーマンス、ステキですね。
d0070316_1231794.jpg

初主演のアイラブユー。
[PR]
by toyonokuni | 2016-02-22 12:12 | 動画だより | Comments(0)
本日、全国統一要約筆記者認定試験を実施しました。
試験を受けられた皆さんお疲れ様でした。
大分県の合否発表は3月18日(金)の予定です。
d0070316_18254873.jpg

三寒四温で少しづつ春の足音が聞こえてきました。もうすぐ春ですね。

[PR]
by toyonokuni | 2016-02-21 18:33 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)