大分県聴覚障害者センターブログ

toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。

<   2016年 05月 ( 44 )   > この月の画像一覧

d0070316_11365948.jpg

手話総合資料室はこちらをクリック
[PR]
by toyonokuni | 2016-05-31 11:47 | Comments(0)
☆世界から猫が消えたなら
脳腫瘍で余命わずかと宣告された30歳の郵便配達員の青年の前に、青年とそっくりな悪魔が姿を現わす。
悪魔は青年に、大切なものと引き換えに1日の命をくれるという。
電話や映画、時計など大切にしてきたものが次々と失われていく中、青年は元恋人と再会を果たし、かつての思いや別れの時を思い出していく。
字幕付き上映日:6月5日(日)~7日(火)
字幕付き上映館:T・ジョイパークプレイス大分
fax.097-528-7681
d0070316_13471883.jpg


☆海よりもまだ深く
「そして父になる」「海街diary」是枝裕和監督最新作。
台風の夜に、偶然ひとつ屋根の下に集まった"元家族"。
夢見た未来と少し違う今を生きる大人たちへ贈る感動作。
字幕付き上映日:6月5(日)〜7日(火)
字幕付き上映館:TOHOシネマズアミュプラザおおいた
fax.097-538-3312
d0070316_1348453.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-05-30 13:48 | 字幕付き映画情報 | Comments(0)
今日雨が降り続く中、大分銀行ドームにおいて「第11回大分県障がい者スポーツ大会」が行われました。
参加された選手の皆さん、情報保障にご協力いただいた手話通訳、要約筆記の皆さん本当にお疲れ様でした。
d0070316_18392948.jpg

d0070316_17392669.jpg

d0070316_17432724.jpg
d0070316_17455590.jpg

d0070316_17515270.jpg

d0070316_17483391.jpg

d0070316_18405223.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-05-29 18:45 | その他 | Comments(0)
大分県手話通訳問題研究会(大分通研)の若いメンバーが頑張って活動しています。
手話サークルの若い会員のみなさん、大分通研の仲間になって一緒に活動しませんか。
d0070316_1742314.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-05-28 17:44 | 大分通研情報 | Comments(0)
朝は涼しいというより寒さを感じ、日中は汗をかくほど暑さを感じる日々が続きますね。
1年の四季を1日で感じているようです。
ちょっと寒いからと思い長袖を着ると、半袖にすれば良かった~008.gif
と、背中に流れる汗を感じながらお仕事をされている方も多いと思います。
汗をかいた後、夕方がまた涼しくなってくると体調をこわされることもあるかと思います。
十分お気をつけください。
d0070316_1316234.jpg

5月、鮮やかな自然の色ですね。

さて、これからの通訳付き行事は…
【未来の暮らしを見つめる女性の会inおおいた】〈手話〉
日時:5月29日(日)13:00~15:15
場所:大分オアシスタワーホテル

【津久見聴覚障害者協会生活訓練講演会】〈手話〉
日時:6月2日(木)19:00~21:00
場所:津久見市消防署
内容:講演会及び施設見学
[PR]
by toyonokuni | 2016-05-27 13:21 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(0)

賛助会員への加入依頼

d0070316_1315436.jpg

賛助会員制度について

 昭和61年から法人活動に対して物心両面から支援を行うことを目的とした
制度で、毎月送付している機関紙を通じて聴覚障害者協会の活動に対して理解を深めてもらう役割と同時に、法人と手話学習者をつなぐ制度と考えいただきたいと思います。現在賛助会員は460人です。皆様の入会をお願いします。
賛助会費は下記のように機関紙発行経費と協会会員の活動に使われています。

賛助会費内訳
①機関紙作成費等     2,000円 
年間186万円
・郵送費
・機関紙送付協力者経費


②法人運営協力費
     1,000円

d0070316_1317131.jpg


・全日本ろうあ連盟分担金 
960000円
・九州聴覚障害者団体連合会分担金
390000円
 ・会議費        500,000円
・団体活動育成費     310,000円
・スポーツ大会助成    300,000円
・各専門部活動補助金   210,000円
・総会費         200,000円
 ・研修費        160,000円
・地区協会補助金     150,000円
・その他研修会補助    130,000円
・スポーツ団体補助金   110,000円
 ・手話研修会補助金    60,000円
・手話通訳対策費      70,000円
・耳の日大会補助金     20,000円
・夏季研修会開催費     10,000円

d0070316_131223.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-05-27 13:02 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
第65回全九州ろうあ者大会・第44回全九州手話通訳者研修会案内書アップしました

9月2日(金)~4(日)まで大会が開催されます。
大会案内書は各県協会・各県手話サークル連絡協議会・全通研各県支部長宛に
送付しています。
近日中に案内書が手元に届くと思います。
案内書をご覧になり、参加したい分科会や観光会にも申し込んでください。
なお、案内書の中で参加費1500円となっていますが、お弁当代を含んで1500円です。
案内書は各県に多数送付していますが必要な方はダウンロードしてください。

多くの皆様のご参加をお待ちしています。
午前中の式典後は講演があります。
テーマは「高崎山のサル社会」です

講師は高崎山管理公社の菅本氏です、映像を見ながら講演を聞くことができます。

午後からは「うみたまご」と「高崎山」の観光を予定しています。
[PR]
by toyonokuni | 2016-05-26 14:20 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
5月14日(土)、第16回敷戸地区交流会がありましたけど参加はろう者13名と健聴者10名の23名でした。A~Dのグループが分けているのでしりとりとゲームしたけど手話表現が難しいけど沢山覚えていることを楽しかったです。
d0070316_13104386.jpg

d0070316_1312762.jpg




教育文化部からの報告
ブログでJRウォーキングのことを知り初めて参加しました。暑い中で歩きましたが古い歴史や話を知ることが出来良かったです。参加者は5人と少なくて残念でした。今度は多多かったらいいですね。又、参加したいです。
d0070316_13202921.jpg
d0070316_13205110.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-05-26 13:22 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
ろう者登山家の田村聡さんがエベレスト登頂成功

 東京都立川市は24日、同市在住のろう者登山家、田村聡さん(51)が世界最高峰
エベレスト(8848メートル)の登頂に成功したと発表した。登頂は21日。市によると、
田村さんは、耳が聞こえない人の登頂は世界で初めてだと説明。全日本ろうあ連盟は
海外のケースは分からないが、日本人では初とみられるとしている。

 市によると田村さんは登山歴37年で、3回目の挑戦で成功した。市を通じ「酸素マス
クのトラブルがあり、苦しい登頂でしたが、全力を尽くしました。ただ生きて下山すること
に精いっぱいでした」とのコメントを発表した。

 市によると、田村さんは3月から高地トレーニングをしていた。6月初旬に帰国し、立
川市長に報告する。
日刊スポーツより引用
[PR]
by toyonokuni | 2016-05-26 12:37 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

九州大会

第65回全九州ろうあ者大会・第44回全九州手話通訳者研修会

上記大会が9月に大分市で開催されます。
大分市の歴史や有名人を紹介します。

(古代)
古代には、現在の大分市周辺は大分郡(おおきたのこほり)と呼ばれ、現在の市の中
心部からやや南に外れた大分川下流沿い(現在の古国府)に、豊後国の国府が置か
れたと推測されている。
「大分」の名は、『豊後国風土記』によれば、景行天皇がこの地を訪れた際に「広大な
る哉、この郡は。よろしく碩田国(おおきたのくに)と名づくべし」と言って名づけたもので、
「碩田」が後に「大分」と書かれるようになったとされる。

(近代)
全国の都市の中でも、大分市はここ40年の間に急激に成長した都市のひとつである。
1950年代には大分市の人口は10万人弱で、宮崎市よりもわずかに少なく、九州(
沖縄県を除では佐賀市に次いで2番目に小さな県庁所在地であった。

1960年代に入ると、高度経済成長の恩恵を受けるべく、工業振興による発展を図っ
て新産業
都市指定を目指した。人口要件を満たすために1963年(昭和38年)に鶴崎市や大
南町などと
の大合併に踏みきり、1964年(昭和39年)1月に新産業都市に指定されると、沿岸
部に新日
鉄などの大工場が進出した。それまでの鄙びた小都市から九州を代表する工業都市
へと急速
に開発が進み、大分市は「新産都の優等
生」と呼ばれた。


人口も1960年代以降急激に増加し、1963年(昭和38年)の合併時には21万人で
あった人口が、1970年(昭和45年)には26万人、1980年代には36万人、1990年代には40万人
を突破し、ほぼ倍増するという著しい増加を見せた。


出身有名人
村山富市 - 政治家、第81代内閣総理大臣

スポーツ
野球
安藤優也 - プロ野球選手(阪神タイガース)
内川聖一 - プロ野球選手(福岡ソフトバンクホークス


サッカ-
清武弘嗣 - プロサッカー選手(ハノーファー96)
清武功暉 - プロサッカー選手(サガン鳥栖)


その他

千代大海龍二 - 元大相撲力士

芸能

錦野旦 - ミュージシャン
南こうせつ - フォークシンガー
指原莉乃 - 歌手・アイドル(HKT48・前AKB48)

古手川祐子 - 女優
財前直見 - 女優
深津絵里 - 女優

石丸謙二郎 - 俳優、声優、ナレーター
お笑い[編集]

ユースケ・サンタマリア - タレント
メイン会場周辺の風景パノラマ
※ウィキペディアから引用
[PR]
by toyonokuni | 2016-05-25 06:24 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)