<   2016年 06月 ( 45 )   > この月の画像一覧

杵築地区生活訓練講座

6月19日(日)杵築聴覚障害者協会の生活訓練事業は杵築速見消防組合杵築消防署において、「消防署施設の見学と心肺蘇生法及び消火器実技講習について」がおこなわれました。協会とサークルと合わせて22人参加しました。
まずは、施設の見学は消防活動の説明し、施設内の見学をしました。
次は、外で、消火器実技講習して、部屋に戻り、心肺蘇生法実技講習をしました。AEDの取扱い及び心肺蘇生法に関する実技講習は聴覚障害者にとって、音で反応を見たりするのが難しいと思いました。
AEDの機械で音だけのものは聴覚障害者は聞くことができません。字幕が付いていると分かりやすいと思います。今回は音で指示する機会だけでした。
最後に消防署に対する要望があげ、いい勉強をなりました。
d0070316_17174215.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-06-30 17:19 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)

熊本震災支援ニュース

熊本震災支援ニュース

【石野理事長による現地視察 2016 年 6 月 1 日~2 日】
【支援金振込口座】 ★みずほ銀行内(本・支店間)の振込は手数料免除となります
みずほ銀行 江戸川橋支店 普通預金 口座番号:1511276
名義:(一財)全日本ろうあ連盟 災害救援中央本部代表 石野富志三郎
<目 標 金 額> 20,000,000 円
<支援金 状況> 4,921,696 円/156 件
★6 月 7 日現在


◆6 月 1 日 13:00~15:00
場所:長崎県聴覚障害者情報センター
手話通訳の公的派遣コーディネートを担当した部署です。
派遣された通訳者の活動範囲の制約や、通訳者のサポートの難しさなどの説明を聞きました。また、支援の谷間があるとの通訳者からの報告を受け、支援するなかで感じた事、見えてきたことなど、支援する側からの情報共有や報告会などが必要ではないかと提案がありました。

◆6 月 2 日 10:00~11:00
場所:熊本県ろう者福祉協会(熊本地震聴覚障害支援対策本部)
支援状況の説明がありました。発災後すぐに会員を中心に安否確認に回り、その後、県から 1,000 人以上が避難している市町村では障害者手帳4級以上の名簿を提供してもらい、安否確認をしています。
熊本市の一部がまだ未確認です。家屋の損壊などの被害もあります。また、倒壊を恐れて車の中で寝泊まりしている人もいます。

◆聴覚障害者災害救援対策本部
◆長崎県聴覚障害者情報センター
聴覚障害者災害救援九州ブロック本部

◆18:00~19:30
場所:聴覚障害者災害救援九州ブロック本部
福岡県聴覚障害者センターが物資支援を、九州ろうあ者相談員協議会が相談支援を担当しています。
九州ブロック本部の支援体制、役割などの基本的な部分の説明と、物資支援活動、相談支援活動の報告を受けました。
熊本では潜在的に支援が必要なケースがあり、それが震災をきっかけにして顕在化しています。公的な相
談員派遣は 5/31 で終了しましたが、継続支援が必要なケースがあり、今後の相談員制度の確立につなげ
ていく必要があることを確認しました。

6月中旬から日本財団の助成を受けて、相談員が約3ヶ月間滞在し、継続的な支援を行うことについて、
今後どのように進めるかの確認をしました。
今回の震災をきっかけにして手話通訳の設置や相談員制度に繋げらるように行政に働きかけを行います。

◆6 月 2 日 11:20~11:50
場所:熊本県聴覚障害者情報提供センター
職員から情報提供施設の説明とセンターが福祉避難所に指定されたこと等の説明を受けました。

◆13:00~14:00
場所:被災地障害者センターくまもと
地元の身体・知的・精神の障害に関連する障害者団体やサービスを提供する社会福祉法人等の事業者な
ど幅広く集まった熊本障害者フォーラム(KDF)をベースにして、主に在宅で福祉サービスが届いていない
障害者の個別支援活動を行っています。
「差別解消法がスタートしたが、障害者への合理的配慮がなく、これまでと何ら変わっていない、今後国
としても災害時の障害者支援の問題を取り上げて欲しい」と事務局長の東俊裕氏から話しがありました。

2016 年 4 月 14 日 21 時 26 分頃に発生した熊本県熊本地方での地震を受け、聴覚障害者災害救援中央本部は、同日「聴覚障害者災害救援対策本部」を全日本ろうあ連盟本部事務所(東京)に設置しました。

【石野理事長による現地視察 2016 年 6 月 1 日~2 日】
[PR]
by toyonokuni | 2016-06-29 19:11 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
☆クリーピー 偽りの隣人
字幕付き上映日:2016年7月3日(日)~4日(月)
字幕付き上映館:T-JOYパークプレイス大分
d0070316_17203328.jpg


☆TOO YOUNG TO DIE!

字幕付き上映日:7月3日(日)~5日(火)
字幕付き上映館:TOHOシネマズわさだ
『ピンポン』『舞妓 Haaaan!!!』などの脚本を担当してきた宮藤官九郎が、監督と脚本を務めて放つ異色のコメディー。
d0070316_17203124.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-06-29 16:10 | 字幕付き映画情報 | Comments(0)

ヘイトスピーチ

ヘイトスピーチ?
最近「ヘイトスピーチ」の言葉を聞くことが増えてきました。
これはどんな意味なのか?

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。
定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が
抱える欠点と思われるものを誹謗・中傷、貶す、差別するなどし、さらには他人をそのように煽動
する発言(書き込み)のことを指す。差別の一形態とする見解もある。

ヘイトスピーチを行う目的は
自分の意見を通すことにあり、あらゆる手法を用いて他者を低めようとし、反対意見にまともに
耳を貸すことはない。よって、憎悪、無力感、不信などを被害者に引き起こし、相互理解を深め
ようとする努力を無にする、不毛かつ有害な行為とされる。そのため、ヘイトスピーチを規制す
る動きが全世界的に広がっているが、先進国中、アメリカと日本は法的に規制していない数少
ない国となっている。
d0070316_10514037.jpg

「知恵蔵mini」より引用
[PR]
by toyonokuni | 2016-06-29 14:28 | その他 | Comments(0)
第24回参議院議員総選挙における聴覚障害者福祉施策に関する公開質問状

聴覚障害者制度改革推進中央本部は、2016年6月16日付けで、以下の各政党党首・代表宛に【聴覚障害者福祉施策に関する公開質問状】を提出しました。

回答が届き次第、以下に掲載していきます。

<質問状提出先>
自由民主党/民進党/公明党/日本共産党/おおさか維新の会/生活の党と山本太郎となかまたち/社会民主党・市民連合/新党改革/日本のこころを大切にする党/新党大地/日本を元気にする会

★聴覚障害者福祉施策に関する公開質問状

[PR]
by toyonokuni | 2016-06-29 08:38 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
6月21日(火)高齢ろう者のつどいで「七夕かざり」をしました。
みんなで一つ一つ短冊に願いを込めて書きました。
大分県聴覚障害者センターに飾っています。
7月7日は天の川が見えますように072.gif
d0070316_985282.jpg

d0070316_994311.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-06-28 09:11 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)
6月25日(土)大分県聴覚障害者協会パソコンクラブ”フレンド”では、2ヶ月に1回例会を開催しています。
今回は「フォトアルバムを作ろう」と題して、スライドショーを作りました。みなさんが、思い出の写真や、きれいに撮れた写真などを持ってきて、パワーポイントを使って作成しました。
参加者は、12名。それぞれに、すばらしい作品ができました。
その中の一つをご紹介します。


d0070316_10383534.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-06-27 13:35 | 投稿記事 | Comments(0)
d0070316_854661.jpg

ご協力ありがとうございました!
熊ご協力ありがとうございました!
熊本震災支援金に協会地区協会や手話サークル等からご協力いただき感謝します。
個人的に地域等カンパした方もいると思いますが、今回は熊本地震支援大分県対策
本部としてのカンパ活動でした。皆様のご理解ご協力に感謝します。
 
今回の地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
1日も早い復興を願っています。

また、支援金をお預かりした対策本部としては、皆様からお預かりした支援金を協会支部、手話サークル、全通研会員の皆様にに金額までを含めた詳細をつまびらかにすることが支援金を皆様からお預かりした対策本部の責任と判断してセンター
ブログに掲載し、公表しましたことを付記しておきます。

個人的に地域等でカンパした方もいると思いますが、今回は熊本地震支援大分県対
本部部としてのカンパ活動であること皆様のご理解いただきたいと思います。

d0070316_7505212.jpg

d0070316_756285.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-06-27 08:08 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
6月26日(日)センター研修室10時~12時まで
大分県聴覚障害者協会女性部23名と大分県手話通訳問題研究会18名の合同学習会がありました。
d0070316_15151069.jpg

テーマは、【日本語の使い方~ろう者と健者のズレ~】
日本語「すみません」「ちょっと」「だいじょうぶ」  手話表現では… どんな時に使いますか?
などなど…学習しました。
d0070316_15203499.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-06-26 15:22 | Comments(1)
6月24日(金)大分リハビリテーション専門学校言語聴覚士科の学生33名が
センター見学にきました。
インフォメーションモニターやエレベーター、ボディソニック等の説明を受けながらセンターを見学した後、
ろう者と交流をしました。4つのグループに分かれ、ろう者1名ずつ入ってもらい手話や指文字を使って会話をしました。今後も手話の学習を続けられ、手話ができる言語聴覚士を目指して頑張ってほしいです。
d0070316_14554714.jpg

d0070316_1450133.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2016-06-25 14:56 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

新着情報随時更新中。


by toyonokuni