大分県聴覚障害者センターブログ

toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。

<   2017年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧

第28回手話通訳士試験

第28回手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)の合否結果が発表されました。受験者数は1,058名、合格者数は119名 合格率11.2%でした。
d0070316_11232123.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2017-01-31 11:46 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

☆恋妻家宮本

子どもが巣立ち、2人きりとなった宮本夫婦。

ある日、夫は妻が隠していた離婚届をみつけてしまう。

そこから始まる、おかしくも愛おしい夫婦の物語とは――。

人気作家・重松清の「ファミレス」を原作に、気鋭の脚本家・遊川和彦が初めてメガホンをとる。キャストには豪華俳優陣が顔をそろえる。

字幕付き上映日:2/5()2/8()

字幕付き上映館:TOHOシネマズ アミュプラザおおいた
d0070316_14235819.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2017-01-30 14:24 | 字幕付き映画情報 | Comments(0)

耳の日大会 講演

☆講 演
講 師 岡本 かおり 氏
テーマ  「デフリンピックと私」
                  

<プロフィール>
大阪出身  大阪育ち
家族  主人のテツさん
バレーボール選手(デフリンピック出場)
目で聴くテレビ手話キャスターデビュー
趣味 映画鑑賞、人の応援をすること!!
参加者の皆さんへメッセージ
  「参加者の皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。」                    

<デフリンピック選手出場経緯>
     第18回 1997年 デンマーク・コペンハーゲン   <5位入賞>
     第19回 2001年 イタリア・ローマ        <金メダル>
     第20回 2005年 オーストラリア・メルボルン   <銀メダル>
     第21回 2009年 台湾・台北           <銅メダル>

👆手話動画を主にカオリンワールドを発信中!!
ブログ  ; 
Facebook ;
☆お楽しみ抽選会
☆引き継ぎ式 ・杵築聴覚障害者協会(開催地 国東市)
                  ↓
              ・大分市聴力障害者福祉会(開催地 大分市)


[PR]
by toyonokuni | 2017-01-30 13:59 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
聴覚障害者センター 文化教室のご案内
d0070316_14383529.jpg

期 日  3月 3日(金)  13:30~15:00
内 容  おりがみ教室
その他  材料費  200円            

期 日  3月 7日(火)  13:30~15:00
内 容  書道教室
その他  ①毛筆・硯・筆・墨をご準備ください
    
場 所  3月17日(金)  13:30~15:00
内 容  絵手紙
その他  道具のレンタル料 1回当たり200円

場所は大分県聴覚障害者センターです
※申込み FAX(097)556-0556
     2月21日(火)までに申し込んでください


[PR]
by toyonokuni | 2017-01-29 13:56 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
昨年11月5日から始まった中途失聴・難聴者向け手話講座(10回)が終了しました。講座の最後に要約筆記派遣事業に関して説明しました。
この難聴者向けの手話講座では要約筆記による全体投影がつくことで要約筆記で確認できる安心感もあります。
受講生から「要約筆記を初めて見たけど、先生の話や講座の内容が把握できた」「一般の講座では聞こえにくいし分からないこともある」等の声がありました。
来年(29年)度も中途失聴・難聴者向け手話講座を開催の予定です。難聴ゆえに聴こえにくいたくさんの受講をお待ちしています。


d0070316_09122536.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2017-01-29 09:48 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)

新しい洗濯表示

昨年の12月から衣類の取り扱い表示が変わりました。国内外で洗濯表示を統一化して取扱いがスムーズに行えるようにと考えて新しい表示に変わったそうで、世界共通のマークらしいです。表示記号は22種類から41種類に増えています。覚えるのが大変そうですね。
表示についての詳細は消費庁のHPをご覧ください。 消費庁

d0070316_14153386.jpg



[PR]
by toyonokuni | 2017-01-28 14:17 | その他 | Comments(0)
まだまだ朝夕は冷え込みますが、日中は暖かくて助かりますね。d0070316_17034359.jpg
インフルエンザが流行っているようです。
手洗い、うがいに加えて、「歯磨き」をするのも効果があると聞きました。
これからもっと流行るかもしれませんので、十分お気をつけください。

さて、これからの通訳付き行事は…
【なぜ聞こえの問題は理解されにくいのか!?
             難聴への新しい対応と展望】〈要約〉
日時:1月29日(日)14:00~16:30[受付13:30]
場所:ホルトホール大分 大ホール
内容:
d0070316_17092819.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2017-01-27 08:30 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(0)
1 概要
感染症発生動向調査事業に基づく、定点医療機関からの患者数の報告で、県
内のインフルエンザの1定点医療機関当たりの患者数が、第3週(1/16~
1/22)に警報発令の基準となる30人を超え、35.6人(患者数2,065人)とな
りました。
全国のインフルエンザウイルスの報告状況は、AH3亜型(A香港型)が最も多
く報告されており、次いでB型、AH1pdm09の順で報告されています。本県でも
全国同様A型が多く報告され、第3週ではA型が2,002人、B型が34人、型不
明が29人の合計2,065人が報告されています。

4 インフルエンザの予防と対策
(予防)
・こまめな手洗いやうがいを心がけましょう。
・十分な休養とバランスのとれた食事を心がけましょう。
・乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保
つことも効果があります。
(症状のある方は)
・医療機関を早期に受診し、無理をして学校や職場などに行かないようにし
ましょう。
・マスクを着用する等の「咳エチケット」を心がけましょう。また、なるべ
く人混みや繁華街への外出を控えましょう。

[PR]
by toyonokuni | 2017-01-26 18:45 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

耳の日大会

大分県ろうあ者福祉大会実行委会よりのお知らせ

                      

託児申込について

  皆さん、耳の日大会の参加申込書とチケット券をお送りいたしましたが、

 託児申込者がいましたら、年齢と人数を把握したいと思います。

 対象は、未就学のお子様です。

  つきましては、別紙(地区長、サークル会長等にFAX済)の託児申込書に記入して

 28日(水)までにお申し込みください。

  なお、特に必要な配慮等があれば備考欄にご記入ください。

  当日は、着替え等は各自持参でお願いいたします。

    ※申込用紙は地区会長、サークル会長にFAXしています


[PR]
by toyonokuni | 2017-01-26 13:19 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

 県北地区予算要望活動等について

 市町村への要望活動についての概要を報告いたします。
 【県北地区 7月31日(月)】

宇佐市福祉事務所  9:00~9:45
◇訪問者 ※訪問者は宇佐市・豊後高田市・国東市は同じ
①(社福)県聴覚障害者協会理事 兼宇佐市聴覚障害者協会 会長  岡本隆一
②宇佐市聴覚障害者協会事務局       岡本志津子
③県手連代表代理兼全通研支部代表代理 岩水ヤス子
④大分県聴覚障害者センター職員      矢津田明子
◇要望の回答
応益負担 今後も手話通訳派遣に利用者負担を求める予定はない
②要約筆記養成
③要約筆記派遣
②、③ともに今後検討していきたい。
④市役所通訳設置
福祉計画の中に「将来的に設置」と入れてある。すぐにというわけにはいかないが、設置する方向。
⑤障害者福祉計画の策定
  福祉サービス、教育等、地域の3部会に分けて会議を開催しており、あと2回開催予定。福祉サービス部会の残り2回に岡本さん出席してもらいたい。

豊後高田市福祉事務所  10:00~10:30
◇要望の回答
①応益負担  ※現在手話通訳者派遣事業は現在実施していない
②要約筆記養成
③要約筆記派遣
④市役所通訳設置
①~④について要望の趣旨はよく理解できる。十分検討したい。
派遣事業については県聴覚障害者協会と協議して決めていきたい。
⑤福祉計画策定委員
委員は既に選任しており、新たに入れることは難しい。現委員の中に聴覚障害者はいる。
今回いただいた要望を、福祉計画に入れていきたい。

国東市福祉事務所 11:15~11:35
◇要望の回答
①応益負担 ※現在手話通訳者派遣事業は実施していない  今後十分検討したい。
②手話・要約養成  現在武蔵町で実施中。今後市としての実施も検討したい。
③手話・要約派遣  現在、大分県聴覚障害者協会と協議中。実施する方向。
④市役所通訳設置 できるだけ要望に沿っていきたいが、まずは派遣から考えている。
⑤福祉計画策定委員  委員は既に選任済で、今から加入は難しい。身体・知的・精神、それぞれの代表が入っている。今回の要望を反映させることと、要望があれば福祉事務所に言ってほしい。また、策定された計画についても、問い合わせがあれば答えます。
d0070316_18385578.jpg
 各市町村への訪問要望活動ご苦労様です。皆さんの粘り強い活動の積み重ねで聴覚障害者の福祉は徐々に向上してきたとことを考えると本当に頭が下がります。
 「コミュニケーションは人権保障」そのとおりですよね。福祉事務所の担当者の方は、今日の訪問活動で聴覚障害者協会の理事さんとスムーズに会話ができたのは、手話通訳者がいたからでしょ。
 行政の福祉計画等を説明するために手話通訳者を活用した行政担当者は無料で、説明を受けた聴覚障害者だけ手話通訳者の利用料を払うことに対して反対運動をしなければならない現実はあまりにも情けないです。住民等への説明責任は本来行政のお仕事ではないの?
 仮に通訳料を払うことになったら、行政の責任を果たすために通訳者を利用した行政が通訳料を払うのが一般社会の常識ですよね。 
Commented by pinoko at 2006-07-31 21:59 x
 手話通訳者が設置されていない市役所に聴覚障害者が出かけていき、コミュニケーションがスムーズにできない場面が増えたらどうなるのでしょうか?
 市役所から手話通訳依頼する機会が増えたら気づくかもしれませんね。 『手話通訳は聴覚障害者のためだけではなく、聞こえる者のためにもあるんだ』 
 でも、これは体験しなくても想像すれば分かることのように思うのですが・・・。

[PR]
by toyonokuni | 2017-01-25 14:28 | 協会・センターからの情報 | Comments(2)