全要研大分支部DVD完成

聴覚障害者の“会話” 「要約筆記」
[大分合同新聞2011年03月04日夕刊より引用]

要約筆記について知ってほしいとDVDを作った全国要約筆記問題研究会県支部の池辺恵子支部長(右)と製作を担当した仲摩由美子さん=大分市大津町の県聴覚障害者センター
全国要約筆記問題研究会県支部(池辺恵子支部長、20人)は、聴覚障害者のコミュニケーション手段の一つである要約筆記を紹介するDVDを製作した。県内の福祉事務所などに配布し、普及・啓発活動に役立ててもらう。

 要約筆記は、聴覚障害者に話の内容を要約して、その場で文字にして伝える通訳。文字はノートに書いたり、スクリーンに映したりする。
 同支部によると、県内で身体障害者手帳を持っている聴覚障害者は約7千人。多くが手話を習得していない割合が高い中途失聴、難聴者で、要約筆記による通訳を希望する人も少なくないという。
 県内で要約筆記者を養成する講座を開いているのは大分、別府の両市だけ。

県内で活躍する筆記者は134人。派遣要請があっても十分に応えられないのが現状だ。
 DVDは要約筆記を一般の人にもっと知ってもらおうと県聴覚障害者協会の協力を得て約150本作った。要約筆記の利用方法や、筆記者の養成、活動内容を紹介。難聴者からのメッセージを伝え、筆記者養成の必要性を訴えている。製作費の一部は赤い羽根共同募金の配分金を利用した。

 製作を担当した仲摩由美子さん(大分市)は「要約筆記のことを分かりやすく伝えるよう工夫した。福祉だけでなく教育現場などでも活用してほしい」。池辺支部長(同市)は「高齢者は手話を習得するのが困難な場合もある。要約筆記を知らずにコミュニケーションをあきらめている人もいる。筆記者を増やして聴覚障害者が不自由なく過ごせる社会にしたい」と話す。
 DVDについての問い合わせは同支部(TEL097・558・2313)まで。
d0070316_21351232.jpg

[PR]
Commented by ご活躍を at 2011-03-05 02:25 x
地道な努力が成果を生みましたね。
完成おめでとうございます。

今後とも全要研支部のご活躍を祈っています。
Commented by 全要研大分県支部 at 2011-03-05 19:40 x
ありがとうございます。
 どこかで見てくださっていたこと、ありがたいです。
これからも、少人数ですが、頑張ります。
Commented by 応援してます at 2011-03-06 08:38 x
要約筆記者の皆さんの活動にはいつも頭が下がります。DVD製作おつかれさまでした。要約筆記のことを知らない多くの方々に啓発することが、聞こえない、聞こえにくい方々の理解を広めることにもなると思います。これからもがんばってくださいね。
by toyonokuni | 2011-03-04 21:35 | 全要研・陽ざしの会・要約関係 | Comments(3)

新着情報随時更新中。


by toyonokuni
プロフィールを見る
画像一覧