大分市盲ろう者向け通訳・介助者養成講座開催

 平成24年度大分市盲ろう者向け通訳・介助者養成講座が9月29日(土)~30(日)の2日間、大分県聴覚障害者センターで開催されています。
 これは、大分市からの受託事業で、盲ろう者のニーズに合わせたコミュニュケーション手段や移動介助の知識、技術等の講座を行うことにより通訳・介助者を養成するものです。
 1日目の29日は、午前は、全国盲ろう者協会の村岡美和氏が講義をされ、午後からは「盲ろう者として」と題して3人の盲ろう者当事者から体験発表がありました。
 その後「盲ろう者疑似体験」を行いました。受講生が 2 人ペアとなって、交互にアイマスク、耳栓、ヘッドホーンを付けて盲ろう役となり、目的地まで行ってお菓子や色紙を取って戻ってくる疑似体験を通して、盲ろう者の障害の状況や心理を体験しました。

d0070316_16182814.jpg

d0070316_1619431.jpg

d0070316_16192372.jpg

d0070316_16193880.jpg

[PR]
Commented by ありがとうございます at 2012-09-30 09:47 x
全国盲ろう者協会の方は大分で盲ろう講座が開始された当初から指導いただいていますね。
おかげさまで大分の盲ろう通訳・介助者も以前と比べると増えてきました。
by toyonokuni | 2012-09-29 16:20 | 各種講座・行事等報告 | Comments(1)