阪神・淡路大地震から20年

障害は日常生活よりも、災害などの緊急時によりいっそうの問題を引き起こします。1995年1月17日に淡路、神戸を襲った阪神淡路大震災では多くの聴覚障害者が被害にあいました。日本聴力障害新聞(1995年3月524号)によれば、死亡者は聴覚障害者が7人、手話サークル関係者が1人、家族の死亡が15人、負傷は 26人だそうです。

全日本ろうあ連盟をはじめとして、全国手話通訳問題研究会や各地のろう協、手話サークルは、普段からろうあ運動にたずさわり、聴覚障害者の福祉のために様々な活動をしてきました。それでも今回の地震では今後考えなければならないことが多く発生しました。

まず、救出作業においてはろうあ者の発見に手間取りました。ろうあ者は瓦礫に埋まってしまえば、叫ぶことも、呼かけを聞くこともできません。埋まってしまったらどんなに元気であろうともそれまでなのです。今回の震災では地震発生から70時間後に助け出されたろうあ者がいました。所在の把握や災害救助犬など、ろうあ者の状況をいかに把握するかを考えていかなければならないでしょう。

聴覚障害は情報障害と言われています。実際、配給のアナウンス、罹災証明書の発行場所、仮設住宅の申し込み、どれも音声が中心です。ろうあ者は周りの状況を見て、わけもわからず行列に並び、移動する人が多かったようです。周囲の人が少しでも気を配ってあげられたら、と思います。ただ、これは後でも述べるように大変難しい問題ではあります。
また、マスコミの姿勢にも考えさせられるものがあります。テレビは長田町の火災や今にも倒れそうなビルばかり放送します。このような映像を朝となく昼となく見せられれば普通の人でも不安になりますが、特にろうあ者は強く不安を感じます。ろうあ者には音声が聞こえないので、その光景がすぐ近くなのか、それともだいぶ離れた所のことなのか、そしていつのことなのかがよくわからないためです。肝心な情報は何も流さないテレビ、なかなか届かない新聞、情報を与えるべき者が、恐怖のどん底におとしいれる役割を果たしたなんて、なんて皮肉なことなのでしょう。

幸いなことに手話通訳の派遣が実施されたのはかなり早い時期でした。全日本ろうあ連盟や全通研が統括して迅速に動けたのは日頃の団結力の賜でしょう。しかし、いざ現場に行ってもなかなかろうあ者に出会えない。通訳よりもろうあ者探しに奔走したというのが正直な話だそうです。また、通訳がろくにできない者まで神戸に来ていたようですが、そのような人は参加を遠慮するべきでした。それでは観光者と変わりません。そして今後まだまだ続く震災処理において、手話通訳が絶対的に不足する現状は最重要課題となるでしょう。


[PR]
by toyonokuni | 2015-01-14 04:46 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)