インフルエンザに注意

   インフルエンザに注意

センター利用者の中でインフルエンザが流行しています。
センター利用の時は各部屋の消毒液で消毒してください。
また、感染や伝染を防ぐためにマスクを着用してください。

職員もインフルエンザで体調を壊し、2名のみで対応しており、利用者の皆様に
ご迷惑をおかけすることもあると思いますがご容赦ください。

15日に開催された講座参加者の半数がインフルエンザに感染しています。
学校などであればクラス閉鎖などの措置をとるくらいの感染率です。

利用者の中には高齢者も多いので十分に注意して対応しなければなりません。

本来は「緊急事態」ととらえと対応していくくらいインフルエンザが蔓延しており
これをストップするにはどうすれば良いか今後の対応のためにも考えなければならない。

緊急事態の対応は通常の事態とは異なり、別の視点から取り組まなければ
インフルエンザの「根源」を絶つことは困難と判断します。



[PR]
by toyonokuni | 2015-02-19 08:54 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)