人気ブログランキング |

干支とは?

干支(えと)?

12種類の動物「十二支(じゅうにし)」が「干支」だと思ってしまうのですが、
干支とは「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」を加え、十干の「干」
と十二支の「支」を合わせて「干支」になります。

干支の読み方は

子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)
辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)
申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)

干支の12種類を「十二支(じゅうにし)」と言い、干支の物語と言うより十二支の
物語として語り継がれています。日本でも各地方、世界では中国や朝鮮半島、モン
ゴルがある中央アジア、ロシア等に物語が存在しています。
d0070316_15485033.jpg

少しの違いはあるのですが、昔も今も共通する動物のイメージで作られた物語には
大昔、神様が「1月1日元旦の朝に挨拶に来た12番目までを、毎年交代でリーダーに
して仕事をしてもらう」と言いました。動物たちは自分が一番になろうと前日の夜
や当日の早朝からスタートしはじめます。

牛は自分が歩くのが遅い事を知っているので前日の夜から歩きはじめ、牛が前日の
夜から歩きはじめるだろうと予想していたねずみは牛に乗って、牛と一緒に出発を
します。

前日から出発をしていた牛は他の動物より先に神様の所に現れたのですが、到着寸
前にねずみが飛び出し一番に挨拶をした事で一番初めがねずみ、続いて牛、虎、兎、
龍、蛇、馬、羊、猿、鳥、犬、猪と到着した事で12のリーダーが決まりました。

牛は2番目になったからと言って怒るのではなく「2番目だったら満足だ」と思い、
虎は神様の所での話を噂で聞いたので本当かどうかわからないけれど、本当だった
時にはじをかくのは許せないと思い参加をして3番になります。

兎が龍より早いのは、神様に会いに行く時にみんなが休憩をしている間もぴょんぴ
ょんと進んでいた事から4番目になった。龍(辰)と蛇の順番には一緒に神様の元に
到着したのですが蛇は龍(辰)が空を飛べ、修行を積んだ尊敬に値する事を知って
いた事から龍(辰)に順番を譲った。

昔から犬猿の仲と言われている猿と犬の間に鳥が入っているのは、猿と犬の喧嘩の
仲裁をしたことから、猪は実は一番最初に到着をしていたのですが、まっすぐにし
か走る事が出来ない事から神様の所通り過ぎてしまい一番最後になった。

13番目に到着したのはカエルであった説やイタチであった説もあり、カエルはその
まま帰ったのですが、イタチは何度も神様にお願いした事からみんなに内緒で毎月
1日を「つ・いたち」と呼ぶ事で納得してもらったとも言われています。
カエル イタチ 猫は神様の伝言を聞く集まりに参加するのを忘れてしまい、ねずみに聞いた所1月2
日だと教えてもらいその事から猫はねずみを見ると追いかけるようになったと言わ
れています。
by toyonokuni | 2017-01-04 06:18 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)