パラリンピックに「デフ種目」がない理由

2017年10月1日、世界を制した女子バレーボールチームの祝勝会が東京・表参道で開かれていた。

華やかだが、騒然としがちな普通のパーティーとは趣が違い、とても静かだ。盛り上がっていないから、

というわけではない。

聴覚障がい者、英訳するとデフ(deaf)。2017年7月、トルコで開かれた聴覚障がい者の国際

スポーツ大会「デフリンピック」で、女子バレーボールの日本代表が金メダルを獲得した。

この日は、その祝勝パーティーだった。

選手たちのほぼ全員が、まったく耳が聞こえず、静かな世界で生きている。会話はもっぱら

手話で、祝勝パーティーでは小さな笑い声が聞こえる程度だった。

「デフバレーは、まだ知らない人が多い競技なので、自分たちがメダルを獲ることで、いろん

な人に知ってもらいたかった。だから金メダルを目指していました」

そう話すのは、監督の狩野美雪さん(40)。2008年の北京五輪では全日本女子に選ばれた、

バレーボールのトップアスリートである(狩野さんがデフバレー監督に就任した経緯については、

https://note.mu/shoichiro_kawano/n/naf6d2d03ea44 をご覧ください)。

狩野監督が言うように、パラリンピックとデフリンピックでは、メディアの取り上げ方や

認知度でも差がある。新聞では、パラリンピックはスポーツ面で扱われるが、対してデフリ

ンピックは社会面で扱いも小さい。そもそも、デフリンピックの存在すら知らない人も多い。


[PR]
by toyonokuni | 2018-01-12 15:31 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

新着情報随時更新中。


by toyonokuni
プロフィールを見る
画像一覧