若者ことば

若者が使っている日常会話、あなたは理解できていますか?
今回は「おやじ、おばさん」と言われない程度に若者言葉を学習しましょう!


●とりま
これは本当によく使われている。若者、とまでは言えない世代にも浸透しているようである。
「とりあえず」と「まぁ」が一緒になった言葉だ。「とりま、出かけない?」というように使う。
「まぁ」を付けずに、単に「とりあえず出かけない?」
とかでいいような気もするが、それほど変というわけでもないだろう。


●やばたん
これは「やばい」という意味。女子中高生中心の若者の間では、語尾に「たん」をつけるのが
流行っているのだそうだ。「やばい」に「たん」がついて「やばたん」というわけだ。
ほかにも「つらたん」(つらい)、「かわたん」(かわいい)などがあるそうだが、「たん」っ
てなんなのだろう。これが付くとカワイイとなるらしいが、そんなものなのだろうか。

●メンディー
若者の間で人気のグループ、EXILEの関口メンディーが元らしい。
「面倒くさい」という意味で使う。
「めんどう~」が「メンディー」になったということか。名前が使われるのは、人気がある
という証拠でもあるが、この場合はちょっと複雑かも。

●イチキタ
「一時帰宅」の略語が「イチキタ」。「イチキタしてから集合」は、「一度家に帰ってか
ら集合」という意味だ。LINEなどでやり取りしているときに、サッと使えて便利なのだろう。
わざわざ普通の会話では出てこない「帰宅」なんて言葉が使われているのが逆におもしろい。

●フロリダ
もちろんアメリカの州の名前ではない。「お風呂に入るから離脱する」という意味だ。
みんなでメッセージをやりとりしていたりするときに、これからお風呂だから抜けるね、
と言うわけである。

●おくちょ
「送ってちょうだい」、略して「おくちょ」。あとで連絡が欲しいときなどに使う。

●オラつく
ドヤ顔をして横柄な態度を取ることを言う。オラオラ~という感じ。

●しょんどい
「正直しんどい」の若者言葉が「しょんどい」だ。しかし、なんだかしんどさが軽く感
じられてしまう気がするのは気のせいだろうか。

ここまでは、長い言葉を短くしたりして、さらっと言ってしまうタイプだ。メール世代ならではの
長い言葉を打つのが面倒、ということから始まった傾向なのかもしれない。
しかし、若者言葉には、これとは真逆に長々とした言葉にしてしまったパターンもある。

●激おこぷんぷん丸
めちゃくちゃ怒っている状態を表す。といいつつも、ちょっと愛嬌を残している感じだろうか。
「もう、激おこぷんぷん丸だからねっ!」と言われたら、「ごめんごめん」くらいの軽い感じで
も許されそうな気がする。

●ガチしょんぼり沈殿丸
これは激しくしょんぼりしてしまっている状態を指す。まぁ、「ガチ」「しょんぼり」までは
わかる。
沈殿もしょんぼりした様子から来ているのだろうが、「丸」は何なのだろう。
これまた謎である。

日本には、昔からいろんなものを小さくまとめるクセがある。うちわをたためる扇子にして
しまったり、樹木を小さくまとめて盆栽にしたり。俳句だってそうだ。そのことから考えると、
言葉を略してしまうのは日本人ならではの特性なのかもしれないが、若者言葉はそれだけにと
どまらない。そこにかわいさを入れてみたり、逆に短い言葉をたくさんつないで長くしてしまったり。

そんな言葉わからん!なんて言わずに、あなたも楽しんでみてはいかがだろうか

[PR]
by toyonokuni | 2018-09-12 05:35 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)