「もうろうをいきる」映画上映会


盲ろう者は全国に14000人、
      大分県に250人の方がいると推計されています。

 「もうろうをいきる」上映会を開催します

平成30年12月16日(日)大分県総合社会福祉会館 4階大ホール
13時30分 受付開始 14時~上映開始 
参加費 無料
上映時間 91分

盲ろう者を取り上げたドキュメンタリー映画「もうろうをいきる」のご紹介

(あらすじ)視覚・聴覚の両方に障害を持つ盲ろう者。現行の身体障害者福祉法では、視覚障害や聴覚障害は別個に規定されている一方、目も耳も不自由な盲ろう者についての規定はまだされていない。また、一口に盲ろうといっても見え方や聞こえ方は人それぞれで、先天的なものか後天的なものか来歴によってもコミュニケーション方法が異なる。本作では年に一度開催される全国盲ろう者大会を取材。さらに、農村や島、都市部など各地で暮らす盲ろうの人々の生活に密着し、支援する介助者や通訳者、触手話や指点字といったコミュニケーション方法も記録。見えない・聞こえない状況と向き合いながら生きる人たちの挑戦にカメラを向ける。 (監督:西原孝至/製作・配給会社:シグロ)

(お知らせ)製作・配給会社シグロのサイトにて、本作品のDVDが販売されています。また、バリアフリー上映についての情報、および自主上映についてのご案内も、本作品の公式サイトにて掲載されておりますので、ご関心がお有りの方はご覧ください。



[PR]
by toyonokuni | 2018-09-19 13:25 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)