人気ブログランキング |

特別支援教育推進検討委員会報告書(素案)に対する県民意見の募集

 特別支援教育素案について県民意見募集開始
 大分県特別支援教育推進検討委員会報告書(素案)に対する県民意見の募集が8月1日から31日まで募集しています。
 7月31日の大分合同新聞朝刊23面に掲載されている記事には「聾学校は知的障害だけの高等部を設けるほか、聴覚障害の高等部は普通科を新設し、産業工芸、被服の二科をなくす。」となっています。
素案を読んで意見のある方は月末までに提出してください。

1 趣旨
  県教育委員会では、有識者で組織する大分県特別支援教育推進検討委員会を設置し、新しい時代に対応した大分県の特別支援教育の方向について審議を重ねていただいており、本年9月に報告書を提出いただく予定です。
ついては、この報告書(素案)に対する県民の皆様からのご意見を募集します。
     
2 報告書の素案等の公表資料
(1) 「大分県の特別支援教育の方向(素案)」概要 (PDF:1.9MB)
(2) 「大分県の特別支援教育の方向(素案)」 (PDF:1.9MB)

3 意見等の募集方法及び募集期間
  (1)募集方法
   この計画に対するご意見は、住所、氏名、電話番号を明記の上、下記の宛先までお寄せください。(住所、氏名の記載がない場合は受付できません)。
  ア 郵送の場合:〒870-8503 大分市府内町3丁目10番1号
  大分県教育庁特別支援教育推進室
  イ ファクシミリの場合:097-506-1795
                      大分県教育庁特別支援教育推進室
  ウ 電子メールの場合: a31850@ed.pref.oita.lg.jp
                 意見募集用紙 ダウンロード(ワード)はこちら
                 意見募集用紙 ダウンロード(一太郎)はこちら

    (2)募集期間
    平成19年8月1日(水曜日)~8月31日(金曜日)
 
d0070316_9494374.jpg
   
by toyonokuni | 2007-08-01 10:02 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)