障害者自立支援法の見直し求め6千人集会

障害者自立支援法の見直し求め6千人集会           【朝日新聞より抜粋】

 d0070316_19512583.jpg障害者自立支援法の見直しを求めて、障害者や支援者約6000人が30日、東京で集会を開いた。与野党で同法見直しの機運が高まるなか、当事者の声を国会に届けようと、日本障害者協議会などが呼びかけた。

 全国各地からの報告では、障害者らが「作業所に通って工賃をもらっても給食費を払ったら手元に10円しか残らない」「貯金や退職金を切り崩して生活している」と苦しい現状を口々に訴えた。

 政党シンポジウムもあり、自民、公明、民主、共産、社民各党の国会議員が参加。1割負担を廃止する改正案を参院に提出した民主党の議員らが抜本的見直しを主張したのに対し、与党側議員は「所得保障をしたうえで1割を払えるようにすることが大事」などと応じた。
[PR]
by toyonokuni | 2007-11-01 19:13 | その他 | Comments(0)