人気ブログランキング | 話題のタグを見る

雨に関することばあれこれ

美しき日本語シリーズ~「雨」~

ゴールデンウィーク中に「雨」は禁句ですが、今日は沖縄を除いて晴天のようです。
雨に関することばは多くあります。また歌の世界、特に演歌の世界では雨は欠かせないことばです。雨に関わる美しき日本語を紹介します。
【写真提供はカボスおじさんです 日田の豆田町】
    ①
雨に関することばあれこれ_d0070316_8221854.jpg

■ 雨あがり
 雨がやんだすぐあとのこと。
■ 雨足(あまあし)
 雨の降りすぎていくようす。「雨足が早い」とか「雨足が強い」というような言い方をします。
■ 雨だれ
 軒などからしたたり落ちる雨のしずく。
■ 雨模様
 今にも雨が降り出しそうなようす。雨が降っている天気を指すものではなく、それらしい雰囲気のことなんですが、最近では、雨が降っているようすの意味も加わってきているみたいです。
■ 喜雨
 日照りが続いたあとの、待ちに待った恵みの雨。げんなりしていた植物たちが、本当に喜んでいるように見える雨です。干天慈雨。 
    ②
雨に関することばあれこれ_d0070316_8231348.jpg

■ 狐の嫁入り雨
 太陽が照っているのに降る雨。
■ 霧雨
 普通の雨よりも滴が小さくて数が多い雨。直径は0.5ミリメートル以下とされています。霧や層雲の中で、霧粒や雲粒がくっついて大きくなり、霧雨ができます。
■ 小糠(こぬか)雨
 雨粒が霧のように細かく、音もなく静かに降る雨。
■ 五月雨(さみだれ)
 和語を無理やり漢字に当てはめてこの字になったといいます。「さ」は五月、「みだれ」は「水垂れ」の意味とする説もあるようです。
■ 小夜時雨(さよしぐれ)
 夜に降る時雨のことです。
     ③
雨に関することばあれこれ_d0070316_8235831.jpg

■ 時雨
 晩秋から初冬の頃に、急に風が強まり、ぱらぱらと降ってはやみ、数時間で通り過ぎてゆく雨。
■ 篠突く雨(しのつくあめ)
 篠竹(しのだけ)を束にして地面に突きおろすように、はげしく降る大雨、豪雨。篠竹は、細く群がり生える竹のこと。
■ 驟雨(しゅうう)
 にわか雨。急に降り出し、強弱の激しい変化を繰り返しながら、急に降り止む雨。雷を伴うこともあります。夕立も驟雨ですが、驟雨は時間の制限がありません。
■ 秋霖(しゅうりん)
 秋の長雨。初秋のころ、梅雨時に似た気圧配置になり、小雨が降り続きます。
     ④
雨に関することばあれこれ_d0070316_8255336.jpg

■ 梅雨(つゆ)
 6月頃降り続く長雨。また、その頃の季節。太陽暦で6月10日頃から7月10日頃までの間のこと。 
・走り梅雨
 梅雨入りする前の五月ごろに、ひととき梅雨のような雨が降ること。
・梅雨晴れ
 梅雨の合間にふとのぞく晴天。
・梅雨曇
 梅雨どきの曇り空。今にも雨が降りだしそうな天気。
・送り梅雨
 梅雨が明けるころに、急に強い雨が降ること。梅雨を送り出すような雨。
      ⑤
雨に関することばあれこれ_d0070316_8263884.jpg

■ 通り雨
 ひとしきり降って、すぐ晴れる雨。
■ 菜種梅雨(なたねづゆ)
 3月末から4月の、菜の花が咲くころに降る雨。北日本ではあまり見られません。
■ 涙雨
 悲しみの涙が化して降るという雨。そのときの心情によって、悲しい雨のこともあり嬉し涙の雨のこともある雨です。また、ほんの少し降る雨のことも涙雨といいます。
■ にわか雨
 → 驟雨(しゅうう)
■ 入梅
 梅雨に入ること。暦では6月11日ごろと決まっていますが、実際はその年によって変化します。
     ⑥
雨に関することばあれこれ_d0070316_8271981.jpg

■ 白雨(はくう)
明るい空から降る雨のことで、にわか雨の別名です。
■ 春雨
 春、しとしとと静かに降るこまかな雨。雛菊が月形半平太に向かって「月様、雨が」、半平太の「春雨じゃ、濡れて参ろう」と言うセリフは有名です。
■ 氷雨(ひさめ)
 冷たい雨。また、みぞれのこと。
■ 村雨(むらさめ)
 にわか雨。とくに、秋から冬にかけて断続的に激しく降る雨。
■ 遣(や)らずの雨
 あたかもお客様を帰したくないかのように、降ってくる雨のことです。
■ 夕立
 夏の午後から夕方にかけ、にわかに降り出すどしゃぶり雨。雷を伴うことが多く、短時間で晴れ上がり、一陣の涼風をもたらしてくれます。
    ⑦
雨に関することばあれこれ_d0070316_8275837.jpg

Commented by しゃくなげ at 2008-04-30 09:19 x
日田はこのあいだ手話ニュースで石楠花の紹介がされた所ですね!。雨に関する言葉って、ずいぶん沢山あるんですねー。いかに人の生活に密接なものであったか、が窺えます。人形も日本の色彩や文化が伝わってきます。入梅の下の大写しの童の表情が、じっと見るとそれぞれ微妙に違います。みんな笑っているのに‥。
Commented by 家で観光 at 2008-04-30 14:08 x
私はまだ日田のひな祭りに行ったことがありません。お写真を拝見すると行きたくなります。
カボスおじさん 上手に撮影していただきありがとうございます。
他の観光地も撮影したものがあれば見せてください。
Commented by 日本で観光 at 2008-04-30 14:30 x
見せて下さい
Commented by かぼちゃん at 2008-04-30 14:40 x
演歌といえば野球帽の外国人が歌ってるねー、何となく「カボス」というカタカナに誘われて。カタカナじゃなく酢かもしれないけど。
Commented by モンタナ at 2008-05-05 19:18 x
こちらにも遊びに来ました。
かぼすおじさん、素敵な写真をありがとうございました。
日田のひな祭り、是非観に行きたいです。
雨に関わる美しい日本語・・サークルで学習しようかと思いましたが・・表現できず挫折しました
by toyonokuni | 2008-04-30 08:33 | その他 | Comments(5)