人気ブログランキング |

将来は聴導犬

 「しぐさで飼い犬と“会話”/聴覚障害者向けに教室四国新聞 8月16日付

人さし指を上げると「座れ」。手のひらを下げるのは「伏せ」-。耳の不自由な人がしぐさを使って飼い犬とコミュニケーションする方法を学ぶ教室が、徳島県板野町で10月から始まる。

 聴覚障害者を助ける聴導犬は公的な認定が必要だが、普通の犬に簡単な“会話”を学ばせることで、少しでも飼い主の役に立てる狙い。

 聴導犬を育成する板野町の特定非営利活動法人(NPO法人)「ボランティアドッグ育成センター」が主催。新田訓由理事長(57)は「将来は教室から優秀な聴導犬が育てばうれしい」と話す。

 聴導犬は、呼び鈴やファクスの受信音に飼い主が気付かない時に、足などに触って知らせる。路上で後ろから車が近づくと振り返って注意を促すことも。飼い主は「待て」「来い」などの動作に対応した「指符」という手ぶりで犬に指示する。

d0070316_20385866.jpg

Commented by はなちゃんももちゃん今晩は at 2008-08-16 22:27 x
人を見る犬は聴導犬の適性があるんじゃないかしら?聴覚障害者が飼ってる犬は聴覚障害者が好きだよ。
Commented by はなちゃんももちゃん at 2008-08-16 23:42 x
はなちゃんも、ももちゃんも可愛い!なぜこの子たちを飼うようになったの?女性にお年を聞いては失礼かしら?
Commented by いとしのナナ at 2008-08-17 11:58 x
はなとももを飼う前に8年間ナナという大型犬がいました。ナナは子どもの面倒もよくみてくれる賢い犬だったのですが、病気で死んでしまいました。
どこの家庭も同じでしょうが家族の落ち込みはひどかったです。ナナには兄弟が多くいたので、私はいただいた家を訪ねて兄弟の行方を調べたり新聞で兄弟を探しましたが分かりませんでした。
しばらく犬を飼う気力をなくしていましたが子どもと妻も再度飼ってみたくなったようで飼うことになりました。
確か2人のお嬢さんは7歳かな。人間で言うと中年を過ぎているんでしょうか。
Commented by ご冥福を祈ります at 2008-08-18 18:07 x
ナナちゃんのお話伺わせていただいてありがとうございました。私にもいとしの犬がいます。腕の中で息をひきとったあの感触は、いまだに忘れられません。
Commented by ナナちゃん at 2008-08-19 09:40 x
ナナちゃんは、はなちゃんももちゃんの中に宿っているんだと思います。そんなに探されたんですもの戻ってますよ!。
by toyonokuni | 2008-08-16 20:45 | その他 | Comments(5)