人気ブログランキング |

盲ろう者について知ろう

先日ご紹介した「大分県盲ろう者通訳・介助員養成研修会」「大分市盲ろう者向け通訳・介助者養成講座」は現在、受講者募集中です。

「盲ろう者」って?
「盲ろう者」とは視覚と聴覚の両方に障害のある人をさして言います
一口に盲ろう者といってもいろいろなタイプがあり、一般的には次の4つのタイプに分けられます。
・全盲ろう=まったく見えなくてまったく聞こえない人。
・全盲難聴=まったく見えなくて少し聞こえる人。
・弱視ろう=少し見えてまったく聞こえない人。
・弱視難聴=少し見えて少し聞こえる人。

盲ろう者は、見え方と聞こえ方やこれまでの生活によって、それぞれにあったコミュニケーション方法をもちいています。
たとえば
・手話・・・見やすい距離で表現する「弱視手話」「接近手話」
      手の形に触れて読み取ってもらう「触読手話」「触手話」
・点字 ・・・ 「ブリスタ」、「指点字」
d0070316_11543777.jpg

・手書き文字 ・・・手のひらに文字を書いて伝える(上の写真)
・指文字・・・「ローマ字式指文字」、「日本語式指文字」     
・音声 
・筆談 
・パソコン
  【参考:「目と耳の両方に不自由を感じている方(盲ろう者)への理解のために】

「大分県盲ろう者通訳・介助員養成研修会」「大分市盲ろう者向け通訳・介助者養成講座」では、盲ろう者について、少しでも理解を広げていただきたいと思います。また、盲ろう者の移動介助などを行なう通訳介助者は大分県ではまだ少ない現状です。盲ろう者の通訳介助を担う方々が求められています。皆さんも一緒に学んでみませんか。


                            【盲ろう者について 参考になる図書】 
d0070316_11551313.jpg
・「盲ろう者とノーマライゼーション」
福島智 著 (明石書店)

・「渡辺荘の宇宙人」
福島智 著(素朴社)

・「ゆびで聴く」
福島智君とともに歩む会 小島純郎 塩谷治 著 (松籟社)(しょうらいしゃ)

・「盲ろう者についていく」
小島純郎 著 (近代文芸社)

・「指先で紡ぐ愛~グチもケンカもトキメキも~」
光成沢美 著(講談社)

・「手のひらで知る世界」
石井康子 著(思想の科学社)


 ★秋ですがタンポポが咲いていました。
Commented by 増えるといいですね at 2008-11-30 17:59 x
県内で盲ろう通訳介助ができる人がまだ少ないみたいですね。
多くの人が参加するといいですね。
by toyonokuni | 2008-11-30 12:10 | 協会・センターからの情報 | Comments(1)