人気ブログランキング |

新型インフルエンザについて(情報)

WHO(世界保健機関)が新型インフルエンザ発生を確認し、4月30日にはフェーズ5が宣言されるなど、世界各国に感染者が拡大しています。

d0070316_16584034.gif


5月1日午後、大分県新型インフルエンザ対策本部長が、県民向けにメッセージを出したとのことで、県から文書が届きました。
『国内における新型インフルエンザ疑い患者の発生に伴う対応について』

新型インフルエンザは、「空気感染」をするのではなく、通常のインフルエンザと同様、咳やくしゃみの「しぶき」で感染をします。

①感染をしないために 
・外出したときはうがい、手洗いを忘れずに行う。
・外出時にはマスクを着用する。
d0070316_1551588.jpg
 
「咳エチケット」を心がけましょう!!
・咳、くしゃみの際は、ティッシュ等で口と鼻を被い、他の人から顔をそらす
・使ったティッシュは、直ちにゴミ箱に捨てる
・咳やくしゃみ等の症状のある人には必ずマスクを着けてもらう
・咳やくしゃみをおさえた手、鼻をかんだ手は直ちに洗う

その他、下記についても心がけましょう。
・帰宅後や不特定多数の者が触るようなものに触れた後の手洗い・うがい を日常的に行うこと
・手洗いは、石鹸を用いて最低15秒以上行うことが望ましく、洗った後は、清潔な布やペーパータオル等で水を十分に拭き取ること
・感染者の2メートル以内に近づかないようにすること
・流行地への渡航、人混みや繁華街への不要不急な外出を控えること
・十分に休養をとり、体力や抵抗力を高め、日頃からバランスよく栄養をとり、規則的な生活をし、感染しにくい状態を保つこと

②情報に注意しておきましょう 
テレビなどの情報、厚生労働省のホームページなどを参考にして、現在の状況を把握するようにしましょう。

 ※今日5月2日(土)午後6時から、「目で聴くテレビ」の緊急放送「豚インフルエンザ」が午後6時45分まで放送されます。
 「新しいインフルエンザの世界的な大流行が大きな社会問題になるなか、「目で聴くテレビ」では独自の取材で皆さんに正確な情報をお伝えするために緊急放送を実施します。「発熱などの心配時にはどうしたらよいの?」「相談窓口の電話番号だけ教えられても困る!」―番組では京都の内科・小児科医の山内英子先生(京都府登録の手話通訳者)にお話をお聴きしました。どうぞごらんください。」
*「目で聴くテレビ」の詳しい情報はホームページをごらんください。
d0070316_1613329.jpg

③感染した可能性がある方で発熱や咳の症状があるかたは、直接医療機関を受診せず、
大分県の相談窓口へ相談しましょう。
d0070316_1643740.jpg

【大分県総合相談窓口】
対策本部(健康対策課) ☎TEL : 097-506-2669
          FAX: 097-506-1735
※聴覚障害者の方でFAX送信される方は「インフルエンザの相談です。聴覚障害者です」と最初に書いてください。
まだ国内での感染者は確認されていませんので、情報に注意して、冷静に行動をするようにしましょう。
Commented by ありがとう at 2009-05-03 12:39 x
インフルエンザのこと良く分かりませんが、怖いですね。いろいろな情報をありがとう。
by toyonokuni | 2009-05-02 15:33 | 協会・センターからの情報 | Comments(1)