2007年 10月 30日 ( 1 )

 おめでとうございます
 平成19年10月25日大分県地域福祉推進大会で大分県要約筆記サークル「陽ざしの会」の児玉幸代さんが、社会福祉事業協力者として大分県社会福祉協議会会長表彰を受けられました。
 児玉さんは昭和63年にサークル「陽ざしの会」の立ち上げの時から現在まで約20年間会に関わっておられます。
 今派遣活動はされていませんが、要約筆記に関する学習面(要約筆記者は正確な情報を提供する為に、筆記するにあたって正しい日本語の修得が必須条件である。故に「シリーズ 日本語」と題して毎回広報紙に日本語の要項を掲載して会員の参考にしてもらっている)等、今御自身ができることで会に貢献されています。
 また、会を存続させるということは聴覚障がい者の自立の支援につながるとの信念をもっておられるようです。(森﨑 裕香子)


d0070316_1123113.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2007-10-30 11:03 | 全要研・陽ざしの会・要約関係 | Comments(1)