人気ブログランキング |

大分県聴覚障害者センターブログ

toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。

ブログトップ

2008年 02月 12日 ( 1 )

明後日はバレンタイン

バレンタインデー迫る


2月といえばそう・・・バレンタインデー
今年も近付いてまいりました(o^^o)
この季節はトキハなどのデパ地下がチョコレート販売で賑わいますよね。
あっ・・・あのチョコかわいい~~  こんなチョコあの人に渡したいなあ・・・
な~んて思いながら、見ているだけで楽しいですよね。
本命の男性やお世話になった方に贈るチョコはもちろん、
ここ数年では自分への”ごほうびチョコ”や仲良しの女友達への”友チョコ”なんていうのも流行っているそうです・・・(@。@)


【バレンタインデーの起源】
バレンタインデー あるいはセントバレンタインデー(St. Valentine's Day)は、2月14日に祝われ、世界各地で男女の愛の誓いの日とされる。もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日であるとされている。なお、2月14日のウァレンティヌスの記念は第2バチカン公会議後の典礼改革で、史実の上で実在が明らかでない聖人たちが典礼暦から整理された際に取り除かれ、現在では祝われていない。

【各国でのバレンタインの形】
バレンタインデーは恋人たちの愛の誓いの日とされ、世界各地で様々な祝い方がある。

欧米
ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人に贈ることがある日である。カードには、"From Your Valentine" と書いたり、"Be My Valentine." と書いたりもする。

欧米では、日本に見られるような、ホワイトデー(バレンタインデーと対になるような日)の習慣は存在しない。

日本
女性が、チョコレートを贈る習慣は日本で始まったものである
女性から男性へ贈るのみで反対に男性から贈ることは珍しい、という点と、贈る物が多くはチョコレートに限定されている、という点は、日本のバレンタインデーの大きな特徴・特異性である。最近ではそれを避けて、クッキーやケーキなどを贈る人もいる。

日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史は、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年2月12日に、国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年2月に伊勢丹新宿本店でメリーチョコレートカムパニーが「バレンタインセール」というキャンペーンを行った。ただどちらにしても、あまり売れなかったようである。伊勢丹でのセールでは、1年目は3日間で板チョコが3枚、カードを含め170円しか売れなかったとの記録[要出典]がある。

現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されると言われるほど[要出典]の国民的行事となっている。当初は女性が男性にチョコレートを贈ると同時に愛の告白をする日とされていたが、現在では既に交際中の恋人や、結婚している夫妻の間でも行われるようになり、上司や同僚、ただの友人などの恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈る「義理チョコ」という習慣や女性が女性へチョコレートを贈る「友チョコ」という習慣も生まれている。


大韓民国・台湾
大韓民国や台湾などのバレンタインデーでは、日本のようにチョコレート一色ということはないが、日本の影響で、よく贈られるものの一つにチョコレートは挙げられる。しかし、台湾では男性が送り手である場合が多い。台湾には、8月の旧暦7月7日にあたる日にも七夕という「中国のバレンタインデー」と似た行事が行われる。台湾、香港など中国語圏では「情人節」と訳される。

【バレンタインデーから派生した文化】
日本
日本では、1か月後の3月14日をホワイトデーと呼び、この日に主に男性から女性へ返礼のプレゼントをする習慣が生まれている。代表的な贈り物は(チョコレートの価値などと釣り合った)クッキー・マシュマロ・飴である。ただし、バレンタインデーでのチョコレートほどには画一的ではなく、(男性から見て意中の女性に対しては)稀に、指輪やネックレスなどのアクセサリーが贈られることもある(ただし、意中の人でも、一般的には、クッキーやマシュマロなどを贈ることが多い。)[1]

近年では柑橘類生産農家などが4月14日をオレンジデーと呼び、恋人同士(男性女性とも)でオレンジを贈りあい、愛情の確認をすることを提案しているが、現在のところ基本的に受け入れられておらず、関係者以外でオレンジデーなる存在を知る者はほぼ皆無であると思われる。



明後日はバレンタイン_d0070316_153440.jpg

by toyonokuni | 2008-02-12 15:26 | その他 | Comments(5)