人気ブログランキング |

2009年 07月 26日 ( 1 )

集中豪雨に備えを!

 九州北部、中部地方では、集中豪雨が起き、土砂崩れなどでの被害も出ています。
 被災地域の皆様にお見舞い申し上げます。
 引き続き警戒が必要な地域もあるようです。災害情報をチェックし、身を守りましょう。
 
 【集中豪雨って?】
 短時間のうちに狭い範囲に集中して降る大雨を集中豪雨といいます。集中豪雨は、前線の停滞、台風の接近や上陸などで、大気の不安定な状態が続くと、次々と雷雲が発生することなどで起きます。
d0070316_15383983.jpg
 【集中豪雨が起きると・・・】
 ・河川が増水や、氾濫。
 ・土砂崩れやがけ崩れ。
 ・家屋が浸水。
 ・道路が冠水(道が川のようになる)。
 ・地下街や地下室に水が流れ込む。
             ・・・・・など
  の、災害が起こる危険があります。

 目安として、1時間に30mm以上の雨が降ると、道路が川のようになります。

 【いざ、集中豪雨が起きたら】
 道が川のようになったら、歩いているときはガードレールなどを持ったり、傘の先などで足元を確認しながら歩き、段差や側溝などに気をつけましょう。

 日頃から災害に備えておくことがたいせつです。
 テレビや災害メールを利用するなどして、常に新しい気象情報を入手できるようにしておき、危険を感じたら速やかに避難するようにしましょう。

 『集中豪雨への備え』 (気象庁ホームページより)

『備えておきたい防災用具など』 
(NHK災害ボランティアネットより)
by toyonokuni | 2009-07-26 15:42 | その他 | Comments(1)