人気ブログランキング |

2010年 12月 21日 ( 1 )

「I Love」から「We Love」へ

   19日(日)。

  12月の定例会は、「過去の運動から学ぼう。」をテーマに

  昭和61年に行われた、「I Love パンフ普及運動」の頃のお話を

  3名の先輩からお聞きしました。

・ ろう者と組んで運動をするということが初めてだったので、お互いに

 どう動いていいのか分からなかったし、一般の人にどう話をすればいいのかも

 分からなかった。それが、回るうちに、話の仕方が分かってきて、説明できる

 ようになっていった。

・ 最初は、「売らなきゃ…」という思いもあったが、ろう者と一緒に、一軒一軒

  家を回っていくうちに「社会の人が知らない、ろう者のこと、手話のことを

  知ってほしい」「話を聞いてくれる人がいることが嬉しい」という気持ちに

変わってきた。

・ 手話講習会を終了したばかりで、やっと手が動く程度だった。

地区のろう者と組んでいろんなところを回った。大変だったけどいい思い出。

・ 「1歩がなければ2歩目はない」ということばに背中を押され、通訳現場に

向かった。県内にそんなに手話通訳者がいなかった時代だった。

・ 福祉会館2階にろう協の事務所があった時代。

「I Love」のときは、大分は2万部ぐらい販売したと思う。

県内をキャラバンするために、横断幕をつけた車を見送ったのを思い出す。

  

  などなど、当時の話をしていただいた。

  「聞こえない人たちの不便さ」「手話の大切さ」を分かってほしいという思いが、


当時の運動を動かしていたのだということ、また、ろう者と一緒に行事をする

だけでなく、キャンプをしたり、飲みにいったりという日常の交流が、運動の支え


になっていたことが感じられました。



  過去の運動などは、「60年のあゆみ」やインターネット等で読むことが出来ますが、実際にそのときながれていた空気というか、思いというのは、文章ではわから

  ないなぁ~と感じました。

これからも、先輩方の話を聞く機会を持つことは大切だと思います。
d0070316_13212630.jpg

d0070316_1313046.jpg

by toyonokuni | 2010-12-21 13:21 | Comments(1)