2011年 03月 14日 ( 2 )

東日本大震災

   厚生労働省から11日、「被災した視聴覚障害者等への避
   難所等における情報・コミュニケーション支援について」
   の文書が出されています。

 
下記のような視聴覚障害者への具体的な支援方法が書かれています。


・安否の確認のときは、「聞こえない人はいませんか?」と書いたプラカードを使用し、手話通訳者、要約筆記者は腕章を着用すること。

・情報を得る方法が、手話か、文字か、補聴器かを確認すること。

・避難所の説明、食料や救援物資の配給などの情報は、プラカードやホワイトボード等を使用し、場合によっては個別に対応して、最新の情報や状況を確実に伝えること。

・字幕や手話放送を見られるテレビ、ホワイトボード(設置型と携帯型)、補聴器用電池などの機材や物品が必要。
      
 詳しくはクリック
[PR]
by toyonokuni | 2011-03-14 15:13 | その他 | Comments(0)

d0070316_9501457.jpg大惨事が起きて大変悲しいことですね。
被災地では生活物資や様々な物が不足していると思います。
電気も不足していると思います。
皆さんの何とかしたいという気持ちは分かります。
ただこのようなチェーンメールを回すと携帯電話が通じにくくなり、被災地の皆さんが困ることにもなります。
←できれば混乱している今は、このようなチェーンメールを回すのは良くないと考えます。
全体の支援方向については全日本ろうあ連盟から出されています。
詳しくは3月13日のブログをご覧ください。


関西電力ホームページ(チェーンメールに対するコメント)
[PR]
by toyonokuni | 2011-03-14 09:58 | 協会・センターからの情報 | Comments(1)