人気ブログランキング |

2019年 01月 09日 ( 1 )

七草粥食べましたか?

七草(ななくさ)は、人日節句1月7日)のに、7種の野草あるいは野菜が入った七草粥)を

食べる風習のこと。

元々の「七草」は秋の七草を指し、小正月1月15日のものは「七種」と書く。この七種も「ななくさ」

と読み、一般には7日正月のものを七草と書くなど、現在では元々の意味がわからなくなり、風習だけ

が形式として残った。これらの事から、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が

食べられるようになったと考えられます。

d0070316_17322517.jpg

はる‐の‐ななくさ【春の七草】

正月7日の七草粥(ななくさがゆ)に入れる7種の若菜芹(せり)薺(なずな)御形(ごぎょう)
ハハコグサ)・繁縷(はこべら)仏(ほとけ)の座タビラコ)・菘(すずな)(カブ)・
蘿蔔(すずしろ)(ダイコン)。


by toyonokuni | 2019-01-09 03:18 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)