人気ブログランキング |

2019年 07月 07日 ( 1 )

7月1日(月)大分市聴力障害者福祉会5名、手話サークルはぐるま(昼・夜)4名、社会福祉法人大分県聴覚障害者協会顧問である倉掛賢裕議員と同席『大分市手話言語条例』制定についての請願書を提出に大分市議会野尻哲雄議長と面会しました。

まず、大分市聴力障害者福祉会会長の宮﨑惠子があいさつし、大分市手話言語条例を考える会の経緯を説明しました。この後、請願書を読んで提出しました。

野尻議長が「わかりました。手話は大切な言語であることを理解した上、しっかり審議したいと思います。」と応えてくださいました。

今後の予定は、7月10日厚生常任委員会にて大分市手話言語条例を考える会メンバーが意見陳述をします。

その後、委員会が審議され、採決になります。委員会での審議結果は、最終的には7月16日の本会議で決定されます。

「大分市手話言語条例」制定までの距離が近づいた感じがします。安心して、誰でも手話で話せる暮らしやすい社会になるように私たち仲間の意見や要望を整理しなければなりません。まだまだこれからです!仲間とともに頑張りましょう!応援をよろしくお願いします!

d0070316_14212801.jpg
d0070316_14214674.jpg


by toyonokuni | 2019-07-07 09:11 | 投稿記事 | Comments(0)