人気ブログランキング |

カテゴリ:センターの風( 189 )


「青い芝の会」と絶望の哲学


 主に1970~80年代に、何らかの形で「障害者問題」に関わったことのある者であれば、この名前に特別な感慨を抱くのではないだろうか。
特に彼が率いた団体「日本脳性マヒ者協会青い芝の会神奈川県連合会」(以下「青い芝の会」と表記)の強烈な印象と相まって、市民運動の熱い季節の記憶が彷彿(ほうふつ)としてよみがえることだろう。

 同会は街頭カンパニアや座り込み、また時には実力行使も辞さない強硬な態度によって、社会に多大な衝撃を与えた脳性麻痺者らによる運動団体である。「青い芝の会」は全国各地に支部を持ち、それぞれに主義や主張が異なるため、このように一括りにして説明することに抵抗がないわけではない。しかし60年代には穏健な親睦団体だった同会が、日本の障害者運動の歴史に残る存在として人々の記憶に刻まれるようになったのは、やはり神奈川県連合会の果たした役割が大きい。

そして横田は、この神奈川県連合会の中で今なお指導的な立場にいる人物である。横田の名を知る者は、彼を「我らは愛と正義を否定する」という鮮烈なテーゼの起草者として、また養護学校義務化反対闘争のタフな指導者として、あるいは、いわゆる「川崎バスジャック闘争」や優生保護法反対運動の闘志として記憶しているのではないだろうか。その活躍から、現在では障害者運動「伝説の人」とさえ評されている(朝日新聞「人・脈・記」2007年4月23日夕刊一面)。

そもそも万人が支持する社会運動などあり得ないのだろうが、しかし、「青い芝の会」ほど評価が分かれた事例も珍しい。明快で徹底した自己主張に絶大な共感を寄せた人も多かったが、その“過激さ”を忌避する人はおそらくそれ以上に多かった。しかし彼らの主張には、他のいずれの障害者運動にも見られなかった一つの特徴があったように思われる。つまり「障害者が生きる意味とは何か?」という哲学的な思索と、その思索を突き詰めるストイックさを備えていたのである。

その「青い芝の会」の哲学は、横田の詩の中に最も凝縮された形で込められているように思われる。横田は運動家であると同時に詩人としての側面も持っている。むしろ筆者の個人的な感覚から言えば、詩という文学表現にこそ横田哲学の本質が表われている。彼が起草した同会行動綱領には、『歎異抄』を基礎とした独特の宗教観が見られるが、それを綴る言葉は多分に韻文的である。起草されて以来40年を経た文章にも関わらず、今なお人々を惹き付ける力があるのは、この韻文的な言葉そのものの力にあずかる部分も大きいのではないかとさえ思われる。

その横田が今年、喜寿を期して刊行した第五詩集が『まぼろしを』(障害者の自立と文化を拓く会「REAVA」発行)である。紫地に銀字、横長のやや変則的な体裁をしたこの詩集は、長らく障害者運動を牽引してきた横田哲学の集大成とも言うべき一冊である。

by toyonokuni | 2019-05-21 19:43 | センターの風 | Comments(0)

高齢ろう者対策

高齢ろう者支援対策  こんな施設があったらいいいなぁ!!
①コミュニケーション問題で地域のコミュニティに入れず、孤独な生活を強いられている高 齢ろう者が多い。
②高齢ろう者が地域との連携により、手話学習者や一般市民と協同した「地域交流ホーム」
的施設作りを目指していき、孤独な高齢ろう者を失くす。
③本県の高齢聴覚障害者は所得が低く、老後に安心できる環境にない。
生活基盤の安定のために施設の設立を目指す。
④高齢ろう者が地域で自立した生活をし、安心して暮らせ、市民との交流ができるような
場所がないので市民と高齢ろう者が交流できる施設づくりを目指す。
⑤施設入所を希望する高齢ろう者が施設にスムーズに入所できない状況に置かれている。
既存の施設でなく、高齢ろう者と市民が集い、手話学習等を通じて交流等を促進していく
d0070316_6533451.jpg

【0さん提供写真】
高齢ろう者は所得が低く、コミュニケ―ション面で地域のコミュニティにも入れず、
孤独になりがちの高齢ろう者が多数いる。
今後は高齢ろう者を組織的に支援するだけでなく、地域で支える取り組みについ
て検討し、高齢ろう者の自立と市民との交流が進み、一般市民が低額な料金で
宿泊や滞在できるようにしていく。手話関係者や市民との交流が深まり、高齢ろう者に
対する理解や支援が進むことが期待される。
 施設は大分県の温泉を活用し、高齢ろう者施設と併設した「手話サロン」を作り、施
設入所の高齢ろう者と一般市民がと手話サロンで交流できることが期待される。

by toyonokuni | 2019-04-08 07:01 | センターの風 | Comments(0)

新年度施設長挨拶

 平成8年に全国で13番目の情報提供施設としてオープンしたこのセンターも設立から、
 約23年になりました。本日新職員2人を迎えることができ、事業の更なる充実に邁進
 したいと思います。

 オープン当初は、5人程度の職員で様々な事業に取り組んできました。
 当時の職員の努力のおかげで、現在のように全職員が正職員として働ける基盤
 を築けました。当時の職員に感謝の気持ちでいっぱいです。

 オープン当時は施設長と事務長の私だけが正職員で、後は嘱託職員で不安定な身分ながら
 必死に現在まで発展した事業に拡大してきました。
 職員一同は、その先輩の築いてきた、聴覚障害者の専門機関しての役割と自覚と誇りを
 持って仕事に頑張ってほしいと思います。

 職員9人ですので互いに協力し合いながら、利用者から喜ばれるセンターを目指し
 て頑張っていただきたいと思います。

 そして、平成が終わり、新しい元号から、新しい気持ちでスタートできることに感謝して、
 頑張りましょう。

 新しい元号「令和(れいわ)」が発表されました。
 新たな年号でスタートを切ることになりました。
 平成31年度も引き続き聴覚障害者センターをよろしくお願いします。

by toyonokuni | 2019-04-03 20:00 | センターの風 | Comments(0)

改めましてこんにちは、新入社員の岐部あかりです。
今回初投稿となります。

入社してまだ2日目ですが、温かい職員や利用者の方々に囲まれて、
少しづつ職場の雰囲気にも慣れてきているところです。

d0070316_09394553.jpg

日を増すごとに暖かくなってくるのを感じます。
これからたくさんのきれいな花が咲き誇ることでしょう…!

まだまだ慣れない事ばかりですが、毎日少しづつ(手話のほうもぼちぼち)
覚えていけたらと思っています(^^♪
応援よろしくお願いします。


by toyonokuni | 2019-04-02 10:40 | センターの風 | Comments(0)

新元号の発表はいつ?

新元号はいつ発表

 政府は16日、平成に代わる新元号について、4月1日に決定した後、速やかに菅義偉官房長官が記者会見で発表する手続きを固めた。1989年の前回改元時も当時の小渕恵三官房長官が会見で発表した。この段取りに従い、今回も政府のスポークスマンが公表するのが望ましいと判断した。
平成以外20余の元号案=「普徳」「大成」など-九大名誉教授メモ発見・福岡

 新元号の選定手続きに関し、政府は8日の検討会議(議長・菅長官)で平成改元時の手続きを踏襲することを確認したが、発表者は決まっていなかった。政府関係者によると、安倍晋三首相が菅長官による発表を了承した。
 前回改元時は89年1月7日に小渕氏が会見で「平成」と書かれた額縁を掲げた場面が話題になった。「平成」の文字は書家でもあった総理府(現内閣府)の専門職員が揮毫(きごう)した。今回も肉筆の新元号を掲げる方向で、具体的な発表形式を調整している。首相が筆を執る案も浮上したが、首相の判断で前回同様に専門職員が記す。
 4月1日は菅長官が有識者による「元号に関する懇談会」を開いて意見を聴取。衆参両院の正副議長の意見も踏まえて全閣僚会議で協議し、閣議で改元の政令を決定、直ちに菅長官が会見に臨む。全体で所要2時間程度を見込むが、当日の国会日程に左右されるため、具体的な時間は定まっていない。
 政府は新元号を公表直前に天皇陛下と皇太子さまに報告する。天皇の政治関与を禁じた憲法4条に抵触しないよう意見は求めない。皇太子さまが新天皇に即位する5月1日午前0時に新元号を定める政令が施行され、改元する。

by toyonokuni | 2019-03-27 07:40 | センターの風 | Comments(0)

春分の日とは?

春分日って、何?

 太陽が春分点を通過する瞬間を含む日を「春分の日」と言い、現在の祝日法ではそれがそのまま「春分の日」になることは、「何年後かの春分の日・秋分の日はわかるの?」で説明しました。しかし、地球から見ると太陽が移動しているように見えますが、実は地球のほうが太陽のまわりを回っているのだということは、皆さんよくご存じだと思います。
d0070316_745509.jpg


例えば、1996年の春分(の瞬間)は、3月20日の17時3分でした。そして、翌年の1997年は、その約6時間後の3月20日の22時55分、1998年はさらにその6時間後の3月21日4時55分、1999年は3月21日10時46分と、春分は毎年約6時間ずつ遅くなっていきますそのために春分日の日付がずれることがあるのです。しかし、どこまでもずれ続けるのではありません。2000年はうるう年でしたので、1年の日数が平年より1日多く、366日ありました。そのため、春分は約6時間遅れると同時に1日早い日付になり、1996年の春分の時刻に近い、3月20日の16時35分になりました。
d0070316_7481973.jpg


 厳密には、1公転に必要な時間の端数は6時間に少し足りませんので、うるう年が入っても、春分の時刻は、4年前と全く同じ時刻になるわけではありません。このため、少し長期的に見ると、春分の時刻は少しずつ早まっていき、2024年からは、うるう年を含む3年間は3月20日が春分日で、残りの1年が3月21日という組合せになり、さらに2056年からは、毎年春分日が3月20日になると予想されています。


by toyonokuni | 2019-03-21 07:50 | センターの風 | Comments(0)

四つの終止符

四つの終止符
推理小説が好きな方は、読んでみてはどうですか_
著者西村京太郎
発行日1964年

『四つの終止符』(よっつのしゅうしふ)は、西村京太郎の長編推理小説。1963年に短編「歪んだ朝」でオール讀物推理小説新人賞を受賞したことで執筆の機会を得て、1964年に刊行された著者初の長編書き下ろし作品

西村京太郎といえば今日ではトラベルミステリーの第一人者として知られているが、初期の本作は社会派推理小説に分類されるジャンルの作品である。本作が発表された1年後、現実でも同時期に聾者の被告に関する意思疎通の不十分性が問題となる点で類似する事件(蛇の目寿司事件)が起こっており、著者の社会感覚の鋭敏さが示された作品でもある

著者の西村は、聾唖者教育の現状が貧困で一般の認識度も低いことや、聾者は発声機能が損なわれているわけではないため本人もろう学校の先生も懸命な努力をして発音しているにも関わらず、世間の嘲笑の対象となってしまうことにたいしての怒りなどをこの作品に込め、「彼らを理解する手助けになれれば幸いである」と本作のあとがきで述べている

by toyonokuni | 2019-03-16 19:48 | センターの風 | Comments(0)

ラジオ コマーシャル

日本人の生涯で
2人に1人は、がんになる!


BGM♪~
夫あのさぁ、万が一のことなんだけど…
妻 ん、万が一?
夫 そう、万が一、ぼくががんになったら…
妻 何よー!万が一なんて!
 いや、だから、万が一ってことだよ…
ナレーション がんは、万が一じゃなく二分の一。
日本人の生涯で2人に1人は、がんになると言われています。
ナレーション でも、早期発見・早期治療で多くが治る時代でもあります。定期的な検診をどうか心がけてください。
夫妻 はいっ!

by toyonokuni | 2019-03-06 18:17 | センターの風 | Comments(0)

性格・感情に関する短所・・・・・ことばの言い換え!

短所1「臆病」

・堅実に歩んでいける
・リスクヘッジが得意
・人の心を汲み取れる優しさを持ってい

短所2「繊細」

・感受性に恵まれている
・協調性を重んじることができる
・人の心を汲み取れる優しさを持っている

短所3「気が弱い」

・相手が求めていることを察することができる
・相手の気持ちを尊重できる
・優しさに溢れている

短所4「神経質」

・細かいミスにも気付くことができる
・100点を目指すことができる
・感受性に恵まれている

短所5「短気」

・強い情熱を持っている
・強いこだわりを持っている
・時間を大切にしている

短所6「頑固、意地っ張り」

・決めたことを守る意思の強さがある
・ちょっとやそっとの挫折ではへこたれない強さがある
・ストレス耐性が強い

短所7「他人に厳しい」

・向上心が強い
・理想をイメージできる
・他人をよく観察している

短所8「自分に甘い」

・自分のペースを保つことができる
・周りに振り回されない強さを持っている
・自分の感情に素直に生きている

短所9「単純、騙されやすい」

・人を信じる力がある
・すぐに打ちとけることができる
・人を素直に認めることができる

短所10「軽い、おちゃらけている」

・細かいことを気にしない強さがある
・周りを楽しませる心を持っている
・ストレスを溜め込まない

短所11「主体性がない」

・高い協調性を持っている
・相手の気持ちを尊重できる
・人を支えることが得意

短所12「引っ込み思案」

・相手の気持ちを尊重できる
・深く考えてから行動することができる
・人の心に寄り添うことができる

短所13「人見知り」

・深いつながりを重んじることができる
・観察力に優れている
・慎重に物事を考えることができる

短所14「八方美人」

・相手の良いところを見ることができる
・高い協調性を持っている
・自分の魅せ方を知っている

短所15「にぶい」

・小さなことに動じない精神力
・自分のペースを保てる強さ
・暗い雰囲気を変えることができる

短所16「落ち着きがない」

・幅広いことに興味を持てる
・同時にたくさんのタスクをこなすことができる
・時間を有効活用することができる

短所17「でしゃばり」

・積極性を持っている
・人の世話が好き(面倒見が良い)
・自分をアピールすることができる

短所18「嫉妬深い」

・1つのものに強くこだわることができる
・大切にしたいものを持っている
・理想を追求できる

短所19「孤独、寂しさを抱えている」

・1つのものに強くこだわることができる
・人一倍の努力を惜しまない
・誰かのために頑張ることができる

短所20「負けず嫌い」

・誰よりも責任感が強い
・人一倍の努力を惜しまない
・結果を追求して自分をマネジメントできる

短所21「大雑把、ゆるい」

・自然体で親しみやすい
・効率よくポイントをおさえることができる
・おおらかで動じない強さを持っている

短所22「ひねくれている」

・独創的な視点を持っている
・問題を発見して解決に導くことができる
・こだわりを追求することができる

短所23「生意気」

・気丈さを持っている
・どんな環境でも物怖じしない
・自分の意見をキチンと伝えることができる

短所24「ナルシスト」

・強いこだわりを持っている
・自分を磨く努力ができる
・自分のアピール方法を知っている

短所25「おせっかい」

・面倒見が良い
・人に教えるのが得意
・細かいところにまで気づく

生活の中で感じる短所

短所26「時間の使い方が下手」

・マイペースに没頭して作業できる
・感性が豊かで目の前の物事を楽しめる
・単純作業が得意

短所27「サボり癖が抜けない」

・自分の気持ちに素直に行動できる
・没頭できるものに出会ったときのパワーがすごい
・感性が豊かで目の前の物事を楽しめる

短所28「1つのことを続けられない」

・好奇心が旺盛
・新しい物事への行動力に溢れている
・好きになると短期間で思いっきり没頭できる

短所29「ケチ」

・ROI(費用対効果)を考えて行動できる
・コツコツと努力を続けることができる
・感情に振り回されず支出をコントロールできる

短所30「お金づかいが荒い」

・今という瞬間の大切さを知っている
・細かいことを気にしない
・収入を上げる自信を持っている

短所31「要領が悪い」

・1つ1つの作業を丁寧に仕上げる
・目の前のことに集中できる
・感性で人と向き合える(接客に向いている)

短所32「地味、目立たない」

・人に安心感を感じさせる
・必要以上に自分を大きく見せない
・堅実な印象を与える

短所33「派手、目立つ」

・自己主張ができる
・こだわりを追求している
・周りにエネルギーを与える

短所34「すぐにテンパる」

・計画を立てることが得意
・1つずつ堅実に進める力がある
・リスクヘッジ能力が高い

短所35「行き当たりばったり」

・柔軟性が高い
・目の前のことに全力で向き合える
・心からやりたいことに素直に行動できる

短所36「承認欲求が強い」

・人一倍の努力を惜しまない
・誰かのために頑張ることができる
・自分をアピールすることができる

短所37「人付き合いが苦手」

・高い協調性を持っている
・没頭した作業が得意
・マイペースに突き進むことができる

短所38「人を評価してしまう」

・強い責任感を持っている
・公平な判断をできる理性がある
・自分に厳しく努力することができる

短所39「人からの評価が気になる」

・相手の求めるものを提供することができる
・高い協調性を持っている
・失敗やミスを減らす努力ができる

短所40「話が下手くそ」

・相手の話を聞くのが得意
・真面目さがある
・誠実に気持ちを伝えることができる

短所41「話を聞かない」

・頭の回転が早い
・高い集中力を持っている
・話すのが苦手な人へ安心感を与えることができる

短所41「そそっかしい、ミスばかり」

・行動までの着手が早い
・目の前のことに熱中できる
・スピードや効率を重視できる

短所42「やることが遅い」

・粘り強く頑張ることができる
・コツコツと自分を向上させることができる
・常に全体を見渡している

短所43「すぐに調子に乗る」

・向上心が強い
・素直で前向きな明るさを持っている
・行動までのスピードが早い

短所44「馴れ馴れしい」

・誰とでも打ち解けられる
・新しい環境に飛び込むことが得意
・物怖じしない精神力がある

短所45「正論ばかり、融通が利かない」

・真面目で誠実
・物事を順序立てて考えることができる
・公平に判断する理性がある

短所46「被害者意識が強い」

・感受性が豊か
・キチンと反省して改善する力がある
・認めてもらえる環境では誰よりも努力できる

短所47「疑り深い」

・ミスや問題を発見することができる
・リスクヘッジを考えて行動する
・反省を改善に繋げる力がある

短所48「すぐに泣く」

・感受性が豊か
・相手目線で物事を考えられる
・目の前のことに全力を注げる

短所49「すぐに怒る」

・強いこだわりがある
・責任感が強い
・目の前のことに全力を注げる

短所50「基本的にネガティブ」

・感受性が豊か
・他人の良いところを見つけることができる
・思慮深く、失敗から学ぶことができる

以上、50の短所言い換え例を紹介しました。


by toyonokuni | 2019-03-04 14:46 | センターの風 | Comments(0)

センターと共に 豊後梅

d0070316_20434852.jpg
平成8年10月大分県聴覚障害者センター設立の時から、センターの歴史を見てきた豊後梅です。
私自身も県庁⇒県社会福祉協議会⇒聴覚障害者センター⇒現在=センター勤務22年。豊後梅に見守れながら、仕事をしてきました。
手話学習開始、昭和48年⇒就職、昭和56年⇒平成=通算46年の手話学習、高校時代に「手話に魅かれ」、振り返れば半世紀近くになってきました。
手話に魅かれ、ろう者に魅かれ続けての活動。
何かを残さなければと感じるこの頃です。
              なす


by toyonokuni | 2019-02-27 09:35 | センターの風 | Comments(0)