人気ブログランキング |

カテゴリ:協会・センターからの情報( 1776 )

                     大聴協第 41 号

                     令和元年5月16日

大分県知事

広瀬 勝貞 殿

社会福祉法人

                   大分県聴覚障害者協会

                   理事長 西村   務

                 

大分県手話言語条例の制定に関して(要望)

日頃より聴覚障害者福祉向上のためにご尽力いただき深謝申し上げます。

平成20年「障害者権利条約」において「手話は言語である」と明記され、手話が国際的に認知されました。国内ではその条約の批准に向けての法整備の一環として平成25年に「障害者差別解消法」が制定され、平成28年4月1日から施行されました。

大分県においては、平成28年「障がいのある人もない人も心豊かに暮らせる大分県づくり条例」が施行され、障害者を取りまく環境は一歩前進しました。

聴覚障害者にとって、手話通訳・要約筆記を含めた情報アクセスやコミュニケーション支援は不可欠です。平成23年に改正された「障害者基本法」では、手話が言語のひとつとして認知され、県内全市町村で意思疎通支援事業が実施されています。

しかし、社会の中で、聴覚障害者への理解、言語としての手話の認知の普及は十分に浸透していないのが現状です。

 手話の普及、手話が使いやすい社会の実現をめざした手話言語条例は、 平成13年に初めて鳥取県で制定された後、全国に広がり、令和元年5月現在で全国273自治体で手話言語条例等が制定されています。

大分県においても、平成27年度に津久見市、平成28年度に豊後大野市、平成29年度には宇佐市、平成31年度には、中津市で手話言語条例が成立しました。  

また、全国的には「手話を広める知事の会」や「全国手話言語市区長会」が制定されています。

 手話を言語として認め、あらゆる場で使える社会の実現を目指す手話言語条例を制定していただきますよう強く要望いたします。


by toyonokuni | 2019-05-16 13:56 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

令和になって1週間。
最大10連休も終わり、通常の生活が戻ってきました。
連休の疲れがでていませんか?

色々な所へお出かけになった方もいらっしゃると思いますが、
5月23日(木)韓国の聴覚障がい者福祉協議会の方が来県され施設見学等をされます。
施設見学と施設説明の後、交流会を行います。
是非、是非ご参加ください。
交流会の時間は11時から12時です。
たくさんの参加をお待ちしています。
d0070316_17435538.jpg
GWが見ごろの藤棚(宇佐市四日市の千財農園です(^_^)/)




by toyonokuni | 2019-05-08 08:30 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)


もうすぐゴールデンウィークですね。
今年は最大10日間の超大型連休!
どう過ごすか迷います…105.png


さて、連休中のセンターの休館日についてですが、
上にあげている動画を視聴し、確認していただきたいと思います。
なお、以下にも記しておきますので、ご確認ください。

4月29日(月)閉館
4月30日(火)開館
5月1日(水)閉館
5月2日(木)閉館
5月3日(金)閉館
5月4日(土)閉館
5月5日(日)開館
5月6日(月)閉館
5月7日(火)~通常どおり開館します。




by toyonokuni | 2019-04-26 11:16 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会(以下、つくる会)からのご案内
 
 「障がいのある人もない人も心豊かに暮らせる大分県づくり条例」が施行されて3年が過ぎました。
 「障害者差別解消法」の施行からも3年になります。
 
 この3年間、つくる会はさまざまな取り組みをしてきました。
条例を県民に知ってもらうためのパレード、相模原事件を考える
シンポジウム、いのちの重さを考えるシンポジウム、JR駅の無人化に
反対する取り組み、選挙の投票を保障する取り組み、さまざまな相談、
県との意見交換 等々。
 
 5月11日(土)、県条例と差別解消法の施行によってこの3年間、何が実
現し何ができていないのかを皆さんと一緒に考え、安心して暮らせる
地域づくりをさらに進めていきたいと考えます。
 
 つくる会の総会は5月11日の午前10時から大分市のホルトホール大分
3階302・303会議室で行います
 内容は、
  ①条例の3年間の成果と展望(平野亙・共同代表)
  ②JR問題、投票保障の問題について(徳田靖之・共同代表)
③別府市におけるインクルーシブ防災の取り組み(湯澤純一・共同代表)
です。
 ぜひ、ご出席いただきますようご案内申し上げます。
 
 また同日、同じ会場で12時30分から「障害者差別解消法・障がいの
ある人もない人も心豊かに暮らせる大分県づくり条例施行3周年を
考えるシンポジウム」が開かれます。
 「NPO法人自立支援センターおおいた」の呼びかけでつくられた実行
委員会の主催で、ヒューマンネットワーク熊本の植田洋平事務局次長が
講演し県内の障がいのある人、家族、支援者等による意見発表や
シンポジウムが行われます。
 合わせてご参加いただけましたら幸いです。(チラシ及び申込用紙を添付します。
当日参加もできますが、可能な方はお申し込みください)
 
なお、総会終了後、シンポジウムの開会前の時間(11時15分頃~12時頃)
には障害者差別解消法と大分県条例を知らせるためのチラシ
配布行動も予定されています。
可能な方はご参加いただきますようお願い申し上げます。
 
 以上、ご案内申し上げます。
 よろしくお願いいたします。

***************************
 だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会

  大分市都町2丁目7-4 303号 在宅支援ネット気付
  TEL 097-513-2313 FAX 097-529-7212
  ホームページ http://daremoga-oita.net/
  E-mail    info@daremoga-oita.net

by toyonokuni | 2019-04-23 12:39 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

大会・会議等における手話通訳に対する指針

大分県に於いて昭和52年から手話奉仕員派遣事業が開始され、約40年が経過し、聴覚障害者と手話通訳を取り巻く環境も大きく変化してきました。
また、改正された障害者基本法で初めて「言語(手話を含む)」と明記されたことで手話は言語として認知されました。言語としての手話を守り、発展させる役割をろう者や手話関係者が担う責任があると考え、手話通訳者の「大会や会議等における手話通訳に対する指針」を出します。

①既存の手話で対応する努力と工夫をして通訳することに留意してください。
それは、対象者が特定されていないテレビ通訳の場合に手話表現がより幅広い対象者を想定した表現になります。

②当該手話が居住地の多くのろう者が日常的に使っており、地域に定着していると推測される手話であることを判断して、手話通訳者は地域のろう者が使っている手話の表現を心掛けること。
また、手話通訳者は地域の手話を積極的に学ぶ姿勢を持つように心懸けて、地域のろう者との交流をすること

③通訳する時に、最初から新しい手話を表現するのでなく、表現する手話単語に類似した「ことばの置き換え」で対応する能力を高める努力をすること

④表現する手話が地域に定着していないと思われる場合は、当該手話の表現は当面控え、当該手話が地域に根付いたと判断されるまで使用は控える。
当該手話が地域に定着しているかどうかは、地域のろう者との交流の中で判断する。

⑤「手話の標準化」と「地域手話の使用」に関する整理
ア)新しい手話の造語や普及定着活動については、否定していません。
イ)通訳場面、通訳対象者に合わせて手話の使い分けをしていくこと。
ウ)ろう者の社会進出により、新しい手話が作られてきていますが、ろうあ者の中に「言葉として根付いていくまで」手話通訳者は慎重に通訳する姿勢を持ってください。
エ)手話通訳者は地域の手話を「継承」「尊重」「保存」する姿勢を持ってください。

⑥手話通訳者は原則として、地域で使われている手話を基本にして、情報提供をすること。
新しい手話を多用しても地域で暮らしているろう者の生活に結びついていなければ、手話通訳の意義が疑問視されかねません。

 平成31年3月17日 第65回理事会で承認

by toyonokuni | 2019-04-20 20:18 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

日 時:4月21日㈰ 10時~12時
場 所:大分県総合社会福祉会館 4階大ホール
参加費:無料
駐車場:大分川右岸駐車場

お弁当を用意しています。


『おおいた防災アプリ』
 11時40分頃から同会場で説明があります。
 13時からは県聴覚障害者センターでインストールの
 手ほどきが受けられます。
 是非、携帯電話を持ってご参加ください。

d0070316_13020947.jpg
by toyonokuni | 2019-04-19 13:37 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

桜の時期も過ぎ、新緑の季節を迎える5月に、第14回大分県障がい者スポーツ大会が開催されます。
今年はラグビーワールドカップ、来年は東京オリンピック‼
新設された大分スポーツ公園昭和電工武道スポーツセンターをはじめとする会場で頑張る選手を応援しませんか110.png

日程は…
総合開会式
5月26日(日) 9:00~10:00 大分スポーツ公園昭和電工武道スポーツセンター
卓球
5月26日(日)11: 00~16:00 大分スポーツ公園昭和電工武道スポーツセンター
フライングディスク
5月26日(日)11:00~16:30 大分スポーツ公園昭和電工グラウンド

水泳
5月19日(日)11:00~15:30 大分市営温水プール

陸上
6月 2日(日) 9:00~13:30 大分スポーツ公園昭和電工ドーム大分
d0070316_18033503.jpeg



by toyonokuni | 2019-04-17 08:30 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

24年度に紙幣刷新

■24年度に紙幣刷新

1万円渋沢栄一

○5千円津田梅子 

千円北里柴三郎


・麻生太郎財務相は9日の閣議後の記者会見で、1万円札、5千円札、千円札のデザインを一新すると発表した。

・新しい肖像は、1万円札が日本の資本主義発展に貢献した渋沢栄一、5千円札が現津田塾大学創始者の津田梅子、千円札が日本近代医学の父と呼ばれる北里柴三郎になる。
・2024年度上期をめどに流通させる。
21年度上期をめどに500円硬貨のデザインも変える

発表された新紙幣のイメージ=9日午前、財務省
by toyonokuni | 2019-04-09 12:10 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)


記者会見における手話通訳について(共同声明

 今般、内閣官房長官から新元号「令和」の発表がありました。その発表をNHK及び全ての民放は生中継しましたが、手話通訳を付けて放送したのはNHKだけでした。生中継中「令和」と書かれたボードが手話通訳者と重なり文字が見えなくなったことと、その音を聞き間違えて指文字で表現したことがネット上で話題となり、マスコミ各社から問い合わせを受けています。

 私たちは、現在ネット上で話題になっている上記の動きが手話通訳付き放送導入の障壁となるのではないかとその先行きを懸念しています。しかし諸々の課題は私たちや関係機関の英知により必ず解決できるものと思っています。私たちは手話通訳付き放送の歩みを止めることなく、さらに加速させるため、以下の通りの見解を公表します。

①私たち三団体はかねてより手話通訳者の役割の理解普及を図っており、その社会的地位の向上を願っております。しかしながら現状では手話通訳者への理解がまだ不足しています。

②今回の新元号の発表において、テレビ放送で手話通訳を付けて放送したのはNHKだけでした。新元号発表の会場で手話通訳を行っていたことからどの放送局も手話通訳付き放送が可能だったにもかかわらず、民放各社は手話通訳を付けずに放送しました。私たちは、NHKが手話通訳付けて放送したことを高く評価します。

③わが国では障害者権利条約の批准に先がけ国内法の整備を進め、障害者差別解消法が整備されました。合理的配慮を提供しない行為は差別であると認識されるようになり、テレビ放送では字幕と手話言語通訳の付与が大きな課題となっております。海外の多くの国ではテレビ放送で手話通訳を付加することが増えてきていますが、わが国では残念ながらほとんど進まない状況にあります。

④今回のNHKが手話通訳付き放送を実施できたのは、首相官邸内の記者会見の場に内閣府が手話通訳者を配置したからであり、私たちは、内閣府が常に手話通訳者を配置していることを高く評価します。

⑤この配置された手話通訳者を同時に放送するかどうかを決めるのは放送各社の判断によります。首相や官房長官の記者会見を手話通訳付きで放送しているのは全てではないですが、現状ではNHKだけです。

⑥今回の騒動で手話通訳付き放送の歩みを後退させることがあってはなりません。私たちは関係機関に対し、いつでもどこでも手話通訳付き放送をみることができるよう速やかに取り組まれることを求めるものです。

2019年4月5日
全日本ろうあ連盟
全国手話通訳問題研究会
日本手話通訳士協会


by toyonokuni | 2019-04-06 09:00 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

「令和」の手話表現


 新元号「令和」の手話表現が全国手話研究センター・日本手話研究所より発表されました。
 クリックしてご覧ください。



by toyonokuni | 2019-04-02 14:18 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)