カテゴリ:県手連・サークル情報( 144 )

~清明・あけぼの学園の開園祭に参加~

11月10日、第16回清明あけぼの開園祭に参加してきました。
好天に恵まれ、気持ちの良い開園祭、地域自治会長も来賓で出席され地域に溶け込んだ開園祭でした。

d0070316_14174541.jpg



d0070316_14180836.jpg


d0070316_14180298.jpg


ミニミニ手話教室やふうせん、神経衰弱、ジェンガ等、施設利用者の皆さんや地域の方々・子供たちと楽しいひとときを過ごしました。

d0070316_14175788.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2018-11-14 06:08 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

臼杵・津久見手話サークル
   合同学習会!

 10/11(木)に3回目の臼杵・津久見サークル合同学習会が開催され
ました。
最初は4つのグループに分かれて自己紹介。
今まで何度もしてきた自己紹介にも色んな表現がある事を知り、
改めて手話の奥深さを感じました。
次に参加者全員が輪になって、ランダムに引いた札に書かれた
お題を手話で表現。
『県名』『干支』『目の部分で表現する単語』等、お題を引く度
に盛り上がりました。
分からない単語は皆で教え合って楽しく学べました。
後半は手話検定が近い事もあって、実技試験さながらに、1分間
スピーチ。
d0070316_14434128.jpg
d0070316_14424466.jpg

 すぐに話す事が出てこなかったり、時間が余ったり、足りなか
ったりと戦苦闘…。
手話も会話も短く分かりやすくは基本ですね。
今年度の合同学習会はこれで最後になります。
本当に楽しかったし、他のサークルの方達と交流が増えるのは
い刺激になったので、これからもこの学習会を続けていけたらと
思います。
ー 臼杵手話サークル せきぶつ
大前 久美子 ー


 10月11日(木)臼杵から6名の方が参加されて津久見で合同
学習会がありました。
 最初 手話で自己紹介をしました。
 次に項目の書いたカードを引いて手話で答えるコーナーもありました。
何が出るかお楽しみで苦戦あり笑顔ありでした。
最後に手話検定過去問のテーマにそって1分間スピーチがありました。
手話をとおして臼杵のサークルの方々とも知り会えた楽しい有意
義なひとときでした
ー 津久見手話サークル「小鳩」
     是澤 操 ー

d0070316_15265315.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2018-10-17 06:13 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

  大分市手話サークル「はぐるま」の交流会について
   ※「地区別交流会」と「大交流会」の違いは?
①「地区別交流会」=7地区個別に交流会開催
②「大交流会」=7地区一斉同時に交流会を開催
 昭和58年頃大分市聴力障害者福祉会は7つの地区に分かれて活動していました。
 その7地区に合わせて手話サークル活動も大分市の福祉会館のみでなく、7つの地区に「手話サークル分会」を計画しました。
 当時は分会の規約まで作り、実現に向けて取り組んでいました
 しかし、大津町の福祉会館に集まる人数が50人程度の中で「分会」を結成することは困難と判断して、地区別の手話サークルは実現しないで終わりました。
 その当時も地域のろう者との交流の中で手話を覚えていくことの必要性を考えていましたので大分市聴力障害者福祉会の7地区に合わせて手話サークルも7つの地区に分けました。
 そして、大分市聴力障害者福祉会の7地区と手話サークルと合同で「地区別交流会」を開催しました。
 更に、大分市の7つの地区が一斉に交流会を行う「大交流会」を実施してきました。

 しかし、数年後は地区別交流会のみが継続され、「大交流会」は自然消滅していました
 地区区別交流会の目的は、地域でろう者と手話学習者が交流できる機会を作ることでした。
 地区によっては、交流会の最初の目的に合うように、月に1回程度地区別交流会を開催
していました。
 最近は当初の目的であった地区別交流会」を月に1回程度開催する地区が減少
してきたようで、非常に残念に思います

  地区別交流会当時の「はぐるま」会長 奈須からサークルの正確な歴史を伝える
  責任を考え、寄稿しました。
  
d0070316_19373744.jpg

   

[PR]
by toyonokuni | 2018-09-13 23:15 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

パステルアート教室

8月30日(木)
前回の「アジサイ」に続いて今回は一足早く秋の風を感じる
「コスモス」のお題で賑やかにパステルアート教室が開催されました。
手順を先生に習ったらあとはピンクやオレンジ、紫と好きな色でコスモスの花を指でくるくるくると塗っていきあっという間に出来上がりました。
背景に青空を水色で塗ったら、まだまだ暑い毎日ですが気分は秋です。
早速家に持って帰って飾って見ました。前回より確実にいい出来に大満足でした。
ー 津久見手話サークル「小鳩」新名 葉子 ー
d0070316_11135146.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2018-09-05 06:30 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

8月25日(土)第55回津久見扇子踊り大会が、つくみん公園にて開催されました。
手話サークル「小鳩」も毎年参加しており、今年は14名の踊り子で参加しました。
大分県無形民俗文化財に指定されている津久見扇子踊りは、およそ450年前から伝わっています。
京舞の流れをくむこの踊りは、美しい扇子が舞う優雅さと当時の戦さの様を表す所作の勇壮さのコントラストが特徴です。
津久見の夜を、扇子持つ踊り子たちの乱れ舞い。色とりどりの提灯に、雲の中から月もお目見えして、応援してくれました。
「小鳩」のプラカードは講習生の男性が持って、力強い先頭にメンバーも力一杯踊りました。
残念ながら賞は頂けなかったけれど、みなさんお疲れさまでした。
ー 中島 良子 ー
d0070316_09113547.jpg

d0070316_09120725.jpg

d0070316_09122602.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2018-08-27 09:14 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

手話サークルはぐるま(夜の部)です。

先日の例会にて陶芸教室を開催しました。

大分市の楽陶会の方々(8)に御指導を頂きながら『ぐい呑み』の作成にチャレンジしました。

d0070316_17354549.jpg
d0070316_17354066.jpg
d0070316_17353487.jpg
d0070316_17352731.jpg


参加者:34(ろう者8名含む)でした。

後は、「乾燥・素焼・釉薬塗・本焼き・・・」の行程をへて2カ月後に完成です。

出来上がりが楽しみです。



[PR]
by toyonokuni | 2018-08-08 06:29 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

県手連講演会始まる!

とても良いお天気に恵まれて、平成29年度県手連研修会が、大分県聴覚障害者センターにて開催されています。
中村会長の挨拶の後、社会福祉法人 大分県聴覚障害者協会理事長の西村 務氏より挨拶。
いよいよ一般社団法人 全日本ろうあ連盟 常任理事・事務局長の久松三二氏の講演です。
テーマは「日本語と手話言語」
参加者は124名。皆さん熱心に見入っています。
d0070316_10342451.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2018-01-21 10:35 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

「手話サークルについて考える」

聴者です。


いろいろな講習会や手話サークルを見てきたので
自分の知っている話を書きます。

私の印象では、手話奉仕員養成講座に20人入ったとすると
そのうち10人が聾者のために手話を習得したいと考えているけど
残り10人は自分の趣味のために手話を覚えたいと思っているようです。
また、最初は聾者のために手話を習得したいと思っていた10人も
最初に想像していたより手話が難しく、半分位は諦めてしまいます。
職場や親戚に聾者がいる人をのぞけば、
奉仕員講座が終わった後に通訳を目指す人は、2~3人です。
少ないですよね。。。でも、これは他の言語でも同じ位だと思います。

手話サークルは、大きくわけて3パターンありました。
(1)手話通訳の勉強をする
  テキストの例文を訳したり、新しい単語を覚えることが中心。
  教科書に乗ってる内容は得意だけど、自然な会話が伸びづらい。
(2)聾者で手話でコミュニケーションをする
  聾者の手話を読み取ったり、聾者との会話が中心。
  日本語での会話を禁じてるところが多く、初心者は入りづらい。
(3)無理なく楽しく手話をつづける
  手話のゲームや、テーマにそった聾者との会話が中心。
  初心者でも入りやすいが、日本語での会話が多くなりがち。

手話を聾者のために使いたいって思っている人が一番多いのは、
(1)のサークルに通っている人です。
でも、手話での会話が上手なのは、(2)のサークルに通ってる人です。
また、(3)のサークルがきっかけで、手話通訳者になる人もいます。
どのパターンの手話サークルにも、良いところはあると思います。

[PR]
by toyonokuni | 2017-10-04 05:23 | 県手連・サークル情報 | Comments(2)

ここではひじ山サークルで今までに誕生日会などでやった手話ゲームを紹介します!
定番のゲームから初心者でも楽しめるものまでありますので、
もしよかったらみなさんでやってみてください。


手話記憶ゲーム
手話記憶ゲーム

①まず、円を作って座ります。そして、一つ何かテーマを決めます。
 例テーマ<野菜>など。
 このときなるべく手話で表しやすい種類のものにしたほうがいいと思います。

②一番初めの人はテーマの中で思いついた手話単語を一つ表現します。
 例「だいこん」など

③次の人は前の人の手話単語と自分で思いついた手話単語を表現します。
 例「だいこん」「にんじん」

④そして、次の人は最初の人と二番目の人と自分で思いついた手話単語を表現します。
 例「だいこん」「にんじん」「かぼちゃ」

⑤これを繰り返して後半の人になるにつれてどんどん覚える手話単語が増えていきます。
 例「だいこん」「にんじん」「かぼちゃ」「ねぎ」…
⑥そして、覚えてなかったり、間違えたり、考える時間がかかりすぎた人は、退場
 円の中からぬけます。

⑦間違えた人の次の人がテーマを変えて、また始まります。

⑧これを繰り返して最後まで残った人が優勝です。

コメント
これはひじ山誕生日会のときにやったゲームです。
よくテレビでみかける記憶力ゲームを手話バージョンにアレンジしたものです。
後半になると覚える単語が多すぎて、なかなか大変なのですが、
手話の単語も覚えられるし、ゲームもできるし、一石二鳥でけっこう好評なゲームでし
手話バスケット
①まず、円を作って座ります。椅子の数は参加者の数より一つ少なめにします。
 なので、だれか一人が立つことになります。

②最初にだれが立つかはジャンケンで決めます

③立った人は円のみんなが見える位置に立って、
みんなになにか共通するようなテーマを手話で表現します。
 例 今日朝ご飯を食べた人etc…

④そして、円に座ってる人の中でそのテーマに該当する人は立って必ずどこか別の席に
移動します。その時にテーマを言った人も空いた席にすかさず座ります。

⑤移動の中で一人取り残された人がまた、同じように手話でテーマをだします。

⑥取り残される回数が三回を越えた場合は罰ゲームとなります。
手話記憶ゲームⅡ
①まず、1チーム5人くらいのチームを作ります。
(チームの人数はその都度適当に変えてください)

②最初に1チームが前にでて、一人ずつ手話表現をします。
 手話表現は簡単なものか難しいものかはレベルに合わせて選んで下さい。
 <例>Aさん→りんご Bさん→みかん Cさん→バナナ Dさん→にんじん Eさん→だいこん

③相手のチームはその表現をみてだれがどの表現をしたのか覚えます。

④表現したチームは立つ順番を変えます。
 <例>ABCDEの順番で立っていた場合はDABECのように適当に変わる。

⑤相手チームは何番目の表現を答えるかくじできめます。番号札を作って選んでもらうといいと思います。

⑥相手チームは番号順に前で表現した人がなにを表現したか一人ずつ答えます。
 <例>1番を引いた人はDさんの手話が何だったか答える(答えはにんじん)
   2番を引いた人はAさんの手話が何だったか答える(答えはりんご)…
  というように順番に答えていく。
⑦一つ答えるごとに1点追加していき、一番点数の多かったチームが勝ちです。
手話あるなしクイズ

①「ある」ほうと「ない」ほうそれぞれ単語を出題します。

②たとえば、
 「何」にはあるけど「どこ」にはない
 「手話」にはあるけど、「指文字」にはない
 「会う」にはあるけど、「分かれる」にはない

③というように単語を出題してあるほうに共通するなにかを見つけるゲームです。
 これは普通のあるなしクイズと違うことは手話についてのあるなしクイズであるということ です。

④例題の答えは「人差し指」を使うということです。
 「ある」ほうの手話はすべて「人差し指」を使う手話になっています。

       *クイズの例題と答え*
          例題A
NGワードで手話ゲーム

①まず、テーマを発表します。
そのテーマに合わせた単語を順番に手話で表現してもらいます

ただし、事前にNGワードが決めてありますので、そのNGワードを言った人はテーマに合っていても×、1つです。
×が3つになったら、罰ゲーム!!!

例:テーマ「冬の食べ物」の場合
NGワードが「鍋」と決めておきます。このNGワードは回答者には秘密です。

順番にみんなに手話で回答してもらいます。
「肉まん」 「おぞうに」…など答えていきます。
そのなかでだれかが「鍋」と言ってしまったら、×です。

×がでたら、テーマを変えます。

手話初心者の方がいる場合はグループをつくって、表現を教えてもらいながらやるといいと思います。

手話できき味ゲーム

ゲームの説明

まず、何人か代表者に前にでてもらいます。
その代表者に5種類のお菓子を食べて、味や形の違いをそれぞれ、
手話で表現してもらいます。

*代表者にも、何の味かは教えません。

残りの人たちは、代表者の手話表現だけを見て、
下の選択肢の中から、該当するお菓子の味を選んで、紙に書いてください。

③それをみんなに発表どれだけ当てられるかが勝負です!
二問目は代表者と当てる人が交代します。

   今回はベービースターの地域限定の味でやりました。

*一問目の選択肢
   
   札幌 味噌ラーメン味
   静岡 富士宮やきそば味
   名古屋 味噌煮込みうどん味
   博多 とんこつラーメン味
   沖縄 ソーキそば味

*二問目の選択肢
    
    函館 塩ラーメン味
    東北 喜多方ラーメン味
    北陸 かにラーメン味
    東京 しょうゆラーメン味
    広島 お好み焼き味

もし、時間があれば、チロルチョコでも!
これは、代表者が表現する手話を
「おいしい」「まずい」「辛い、にがい」「甘い」「すっぱい」という5つに限定します。
表情の違いで味のちがいを表現してください。

*選択肢  
 コーヒー(普通のチロル)
 ミルクチロル
 アーモンド入りチロル
 ビスケット入りチロル
 いちごチョコチロル
 抹茶チロル


[PR]
by toyonokuni | 2017-08-09 06:14 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

恒例となりました大分市内地区別大交流会を下記表のように開催いたします。

参加希望者は、福祉会各地区長又は、手話サークルはぐるま地区担当者にお問い合わせください。

多数のご参加をお待ちしています。

d0070316_10534829.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2017-08-08 08:08 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)