人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

三好達治の「雪」

三好達治の「雪


「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降り積む

 次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪降り積む」


◆たま雪(玉雪)球形をした雪。雪のシーズンの初めや終わりの時期、また雪雲のでき始めている先端部分などで見られる。
◆こな雪(粉雪)さらさらとした粉末状で、乾燥した雪。寒冷な地域に多い。
◆はい雪(灰雪)空中をすらっと降りてくるのではなく、灰のようにひらひらと舞いながら降りてくる雪。やや厚みがあり、日光に当たると陰影ができて灰色の影ができる。
一般的な降雪としてはこれが最も多い。
わた雪(綿雪)手でちぎった綿の様に大きな雪片からなる雪。水分を含み、重みのある雪。降雪地帯の中でも温暖・多湿な地域に多い。
◆もち雪(餅雪)融解が始まっており、水分を多く含む雪。雪の塊は餅のように柔らかく自由に形状を変えられるので、雪玉や雪だるまなどがつくりやすい?
◆べた雪もち雪よりも水分が多く、べちゃっとした雪。団子状に固まっていることもある。ぼた雪、ぼたん雪。
◆みず雪(水雪)べた雪よりもさらに融解が進み、水気の多い雪。みぞれと同じ。
また、日本雪氷学会では、雪質によって積雪を9つに分類している(→詳細は積雪を参照)。
農林省の積雪地方農村経済調査所(通称、雪害調査所)では以下のように分類していた[7]。
◆乾雪(かわきゆき)灰雪最も細かく風にとぶもの
◆粉雪灰雪よりもやや大きいもの
◆綿雪綿のようにふかふかしたもの
◆玉雪最も大きく円い塊となり飛ぶもの
◆潤雪(ぬれゆき)餅雪つかむと軽い手触りのもの
◆濡雪ややべたつくもの
◆水雪もっと水分が多いもの
◆締雪(しまりゆき)小締雪(こじまりゆき)しまり加減による
◆硬締雪(かたしまりゆき)同上
◆潤締雪(ぬれしまりゆき)潤締雪 (べたしまりゆき)
◆水締雪 (みずしまりゆき)
◆粒雪(ざらめゆき)小粒雪(こざらめゆき)
◆大粒雪(おおざらめゆき)
◆凍雪(こおりゆき)小凍雪(こごおりゆき)
◆硬凍雪(かたごおりゆき)
◆氷板(ひょうばん)全く氷化したもの
立体写真で見る冬の鶴見岳←クリック
by toyonokuni | 2016-01-23 21:03 | センターの風 | Comments(0)

1月24日(日)に予定していました大分市、 国東市、日出町の登録手話通訳者研修会は
荒天(積雪)が予想されるため延期にします。

なお、振替日程については後日各サークルにお知らせします。
よろしくお願いいたします。
by toyonokuni | 2016-01-23 14:30 | Comments(0)

強い寒気、大雪に警戒!

大分地方気象台から次のとおり情報提供がありました。
県内は、23日(土)から25日(月)にかけて、強い寒気が流れ込む見込みです。
このため、24日(日)を中心に大荒れの天気になり、山地・平地ともに大雪になるおそれがあります。
また、気温も平年よりかなり低く、最高気温が氷点下となるところがある見込みです。

今後の寒波や大雪に備えておきましょう
・食料や灯油の買い出し
・懐中電灯やロウソクなど停電への準備
・雪かき用スコップの準備
・冬タイヤへ事前の交換、またはチェーンの準備


d0070316_1161273.jpg

by toyonokuni | 2016-01-23 11:33 | その他 | Comments(0)

毎日大変寒い日が続きますね。
また、この週末には大寒波到来との事…
可愛いお花を見てちょっとだけあたたかい気持ちになっていただければ…
d0070316_9485038.jpg

お出かけの予定のある方は、寒さ対策、安全対策等々をして十分お気をつけてお出かけください。

さて、これからの通訳付き行事は…
【おおいたのキリシタン・南蛮文化遺産シンポジュウム】〈手話〉
日時:1月23日(土)13:50~16:55
場所:コンパルホール文化ホール
内容:
d0070316_9504698.jpg

d0070316_951633.jpg


【おおいた捕物帳】〈手話〉
放送日:1月25日(月)18:55~18:59
放送局:OBS大分放送
テーマ:「マイナンバー制度はじまる」
by toyonokuni | 2016-01-22 09:53 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(0)

平成28年1月9日(土)大分市聴力障害者福祉会と大分市手話サークル(昼・夜の部)と大分市手話講習生の合同新年会を大分市内で開きました。参加者は50名です。
昨年の活動行事で楽しかった事やたくさんの思い出を語りながら、聴障者とサークルの皆さんと交流して楽しく盛り上がりました。
今年は九州ろうあ者大会と全国ろうあ青年研究討論会が開催されます。大変に忙しい年になりますが、たくさんの行事を楽しんでいきたいと思います。
d0070316_17553435.jpg

by toyonokuni | 2016-01-21 18:06 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

ろうを生きる難聴を生きる 
2016年2月広報 
放送(土)20:45-21:00 ETV 
再放送(金曜日)12:45-13:00 Eテレ
心がつながるバー

北名古屋市の住宅街にあるバー「しゅわしゅわ」。店主の前田誠治さん(44)は、コミュニケーションの達人だ。手話が得意なろう者には手話で、手話が苦手な健聴者や難聴者には、口の動きを読み取る口話と筆談で、それぞれのニーズを瞬時によみとり、会話をはずませる。共通の言葉を持たない客が一緒になった時には、口話と手話を織り交ぜながら翻訳、会話の橋渡しをする。

店には様々な工夫がある。カクテルグラスは、手話で話す時、手がぶつかっても倒れにくい特注品だ。注文メニューは、聞き間違いの少ない番号制。椅子は、客の声が聞こえなくても、目配りが出来るように配置されている。全国のバーを行脚し、知恵を集めた、前田さんの努力の成果だ。
前田さんは、生まれた時からの難聴だ。症状が悪化する中、営業の仕事をしながら独学で口話を身につけた。30代半ば、両耳がほとんど聞こえなくなると、手話にも挑戦。教室に通い、本を読みあさって習得した。
障害がある人、ない人、家族ぐるみの常連客から一見さんまで、様々な人が集まるバー「しゅわしゅわ」。番組では、人と人をつなぐ店の魅力を描く。

静かでうるさい居酒屋

週末ともなれば、真っ赤なルージュの若者から白髪の年配者、日本はもちろん世界各地の観光客まで、いつも十人十色の客でぎゅうぎゅう詰めになる。…にもかかわらず、店内はひっそり静かな、不思議な居酒屋がある。東京・大久保の串揚げ屋「ふさお」。ろう夫婦が接客・調理をする、全国でも珍しい居酒屋だ。
客の7割が聴覚障害者。店内は手話が公用語のように飛び交う、独特の空間だ。会話に苦労しながら、筆談で働く大手企業のサラリーマンろう者。学校で手話を使うことを禁じられ、言葉に不自由な思いを強いられてきた高齢のろう者など、普段、聞こえる人に囲まれ、会話ができない寂しさや、自分を押し殺して過ごす虚しさを抱えている人たちが集まる。ここは聴覚障害者にとって、「聞こえない自分のまま」人とかかわれる、特別な場所になのだ。
番組では、クリスマスから年末にかけて店内に密着。言葉を交わせる嬉しさを爆発させる客の交流から、人とつながり合えることへの純粋な喜びを映し出す。 
by toyonokuni | 2016-01-20 14:15 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

~忘れ物のお知らせ~

1月17日新年文化講演会会場でマフラーの忘れ物がありました。
センターでお預かりしています。040.gif
d0070316_15181915.jpg

by toyonokuni | 2016-01-19 08:27 | Comments(1)

☆人生の約束
『池中玄太80キロ』や『点と線』などのテレビドラマを手がけてきた石橋冠の初めての劇場作品。石橋が“第二のふるさと”と呼ぶ富山県新湊を舞台にしたオリジナル・ストーリー。
主演は竹野内豊。他に、江口洋介、松坂桃李、ビートたけし、西田敏行など。
字幕付き上映館:TOHOシネマズ大分わさだ
字幕付き上映日:1/24(日)〜1/26(火)

   fax.097-548-7557
d0070316_16443431.jpg


九重連山長者原登山口の長者原ヘルスセンターに山のガイド犬「平治」の銅像が建てられているのをご存知だろうか。
登山口をうろついていた皮膚病の捨て犬は、荏隈さんにかわいがられ、りっぱな山のガイド犬になる。
雨の日も雪の日も登山客を案内し、多くの人を進んで助けた「平治」。
山を愛し、山に生きた世界でもめずらしいガイド犬だそうです。
30年近く前には亡くなっていますが、今も平治がこのくじゅう連山を見守っているようでした。

d0070316_171625.jpg

by toyonokuni | 2016-01-18 08:41 | 字幕付き映画情報 | Comments(0)

新年文化講演会

平成28年1月17日(日)大分県総合社会福祉会館大ホールにおいて「新年文化講演会」を開催し、380名近く参加がありました。
今年はモンキー高野氏をお迎えして、「海外体験記」をテーマに講演していただきました。
講師自身が海外で体験したことをもとに、出発から日本に帰国するまで、搭乗から驚いたこと、怖い体験したこと、食文化や「マチュピチュ」に着いたときの感動等を思い出を辿りながら身体全体を使って表現され、とてもユニークで分かりやすい講演でした。
講演の後、3月6日に開催される「耳の日大会」PRに実行委員長より挨拶、サークルPR、申年生まれの年男年女の方に記念品贈呈がありました。
この後、会場を移動して、大分県聴覚障害者センターでサイン会があり、講師と写真を撮ったりしていました。
d0070316_16810100.jpg

by toyonokuni | 2016-01-17 16:16 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)

お花をいただきました

K・Oさんからお花をいただきました。
蝋梅、水仙、アオキ、麦の穂
かぐわしい香りの蝋梅と水仙は季節の花です。
青が鮮やかな稲の穂、春まじかです。
d0070316_15315416.jpg

by toyonokuni | 2016-01-17 15:32 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)