<   2018年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

【手話通訳付き行事】

◎2018津久見市人権研修会

日時 10月24日(水曜日)18時30分~

場所 津久見市民会館 2階会議室

講 師 友永 健三 さん(部落解放・人権研究所名誉理事などを務める)

テーマ 「部落差別の現状と課題」~部落差別解消推進法制定をうけて~


◎中津市ふれあいコンサート

日時 10月24日(水)13:30~15:30

場所 中津市教育福祉センター

d0070316_19240353.jpg


◎東大寺サミット2018 in 宇佐

日時 10月27日(土)12:10~13:30

場所 宇佐神宮 参集殿

内容 12時10分~12時20分 東大寺サミット開会

12時20分~12時50分 参加自治体紹介(スライドによる紹介)

12時50分~13時30分 子供たちによる発表(麻生神楽 ほか)


◎OAB大感謝祭2018 トークイベント

  「だから私は挑戦する~パラスポーツの魅力~」 

日時 10月27日(土)13:00~14:00

場所 J:COMホルトホール大分 大ホール

    *申し込みが必要です。

d0070316_19192957.jpg


◎公益社団法人大分県不動産鑑定士協会一般講演会

日時 10月27日(土)

場所 J:COMホルトホール大分 201・202会議室

  *事前申し込み必要(10月24日まで) 申込書センターにあります。

d0070316_19193948.jpg


◎竹8シネマプロジェクト地域映画完成上映会

日時 10月28日(日)13:30~16:30

場所 竹田市総合文化ホール(グランツたけた)


◎第32回秋の読書週間事業 文化講演会

日時 10月28日(日)14:00~15:30

場所 コンパルホール 3階多目的ホール

d0070316_19241411.jpg


◎あすぴあフェスタ2018

日時 10月28日(日)10:00~14:20

場所 大分県総合社会福祉会館

d0070316_19191945.jpg


◎中津市民病院 市民公開講座

日時 10月28日(日) 14:00~17:00

場所 中津市教育福祉センター

d0070316_19235381.jpg


【手話通訳・要約筆記付き行事】

27回津久見市社会福祉大会

日時 10月25日(木)9:30~12:00

場所 津久見市民会館 大ホール



[PR]
by toyonokuni | 2018-10-21 19:25 | 通訳(手話・要約)付き行事・番組 | Comments(0)

明日、大分県立聾学校にて「平成30年度大分県聴覚障害者協会体育祭」があります。
大分県立聾学校校門に駐車場担当者がいます。指示に従って移動をお願いします。
平成最後の体育祭です。気をつけてお越しください。お待ちしています。


d0070316_18054797.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2018-10-20 18:09 | 投稿記事 | Comments(0)

10月6日(土)に開催された「第33回国民文化祭・おおいた2018」「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」開会式のダイジェスト版がNHKにて放送されます。
字幕も付きますので、リモコンの字幕付きを選択してご覧ください。
放送日:10月20日(土)【総合・全国】
    午後3時05分から3時49分


d0070316_15564446.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2018-10-19 08:30 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)



平成30年度中途失聴者・難聴者のための手話講座
受講生募集!!

11月10日(土)~平成31年1月26日(土) 毎週土曜日13時~15時(全10回・12/1・12/29除く)
受講希望者は
①氏名②住所③電話・FAX④年齢⑤障害者手帳の有無 を記入して申し込んでください。
申込みは大分県聴覚障害者センターまで。
TEL097-551-2152
FAX097-556-0556
メールinfo@toyonokuni.jp



d0070316_09331702.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2018-10-18 13:04 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

臼杵・津久見手話サークル
   合同学習会!

 10/11(木)に3回目の臼杵・津久見サークル合同学習会が開催され
ました。
最初は4つのグループに分かれて自己紹介。
今まで何度もしてきた自己紹介にも色んな表現がある事を知り、
改めて手話の奥深さを感じました。
次に参加者全員が輪になって、ランダムに引いた札に書かれた
お題を手話で表現。
『県名』『干支』『目の部分で表現する単語』等、お題を引く度
に盛り上がりました。
分からない単語は皆で教え合って楽しく学べました。
後半は手話検定が近い事もあって、実技試験さながらに、1分間
スピーチ。
d0070316_14434128.jpg
d0070316_14424466.jpg

 すぐに話す事が出てこなかったり、時間が余ったり、足りなか
ったりと戦苦闘…。
手話も会話も短く分かりやすくは基本ですね。
今年度の合同学習会はこれで最後になります。
本当に楽しかったし、他のサークルの方達と交流が増えるのは
い刺激になったので、これからもこの学習会を続けていけたらと
思います。
ー 臼杵手話サークル せきぶつ
大前 久美子 ー


 10月11日(木)臼杵から6名の方が参加されて津久見で合同
学習会がありました。
 最初 手話で自己紹介をしました。
 次に項目の書いたカードを引いて手話で答えるコーナーもありました。
何が出るかお楽しみで苦戦あり笑顔ありでした。
最後に手話検定過去問のテーマにそって1分間スピーチがありました。
手話をとおして臼杵のサークルの方々とも知り会えた楽しい有意
義なひとときでした
ー 津久見手話サークル「小鳩」
     是澤 操 ー

d0070316_15265315.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2018-10-17 06:13 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

シネマ5で、10月27日(土)のみ【日本語字幕付き上映】があります。
10月20日から上映時間が変更になります。シネマ5HPで確認して映画館へ行こう~!! お見逃しなく~136.png





d0070316_14063897.jpg

[PR]
by toyonokuni | 2018-10-16 14:40 | 字幕付き映画情報 | Comments(0)

秋の京都

朝夕は少し肌寒くなってきました。
これから秋本番、紅葉狩りなどお出かけに良い季節になりますね。
秋の一日、少し時間にゆとりをもって、お出かけしてみませんか?
京都に行ってきた方から写真を送っていただきました。

d0070316_16471153.jpg



[PR]
by toyonokuni | 2018-10-15 17:21 | その他 | Comments(0)

昔懐かしい「野草遊び」

仕事帰りに「ジュズダマ」を見つけました。
この実に糸を通してネックレスや数珠、お手玉に入れたり…いろいろと遊んだことを懐かしく思い出します。
他にも野草(細長い葉っぱ)を使って船を作ったり、春はシロツメクサやレンゲソウで花輪を作ったりしました。夏は川遊びに水中めがねの曇り止めにヨモギで磨いて泳ぎ、秋は彼岸花で首飾りを作りました。冬は・・・・
今では見られない風景ですが、みなさんの懐かしい話を聞かせてください。
d0070316_08180091.jpg


[PR]
by toyonokuni | 2018-10-14 09:30 | その他 | Comments(0)

手話言語法ニュース№56

「手話言語法ニュース56号」を発行いたしました
今後とも記事寄稿を含めご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

全日本ろうあ連盟 
手話言語法制定推進運動本部 委員長 石野富志三郎
手話言語法ニュース責任者 小中栄一・倉野直紀・石川芳郎・山田稔彦



[PR]
by toyonokuni | 2018-10-14 08:55 | その他 | Comments(0)

ろう者を対象とした詐欺事件に対する全日本ろうあ連盟の声明

ろう者同士のお金の貸し借りはやめましょう!

 ろう者を対象とした東京都世田谷区の会社社長と従業員3人による詐欺と出資法違反容疑事件は、過去に起きた詐欺の疑い等の事件に比べても被害者数、被害総額とも過去最高であり、連盟は、このような事件の生起に強い怒りを感じます。
 過去、わが国では、高齢者・障害者・児童等は地域でその安全を見守るべき存在として意識されていました。

 しかしながら、情報不足を利用した横領、ねずみ講、物品販売に関係した詐欺など、ろう者を狙った反社会的な犯罪は多々起きていました。
そして、被害者の多くは情報・コミュニケーションの制約などにより、関係機関に訴えられず、被害に耐え、泣き寝入りをすることが多いのが実状でした。

 今回の事件の背景には、現在、社会的な問題となっている高齢者、認知症等を標的としたリフォーム詐欺、振り込め詐欺等の極めて悪質かつ冷酷な犯罪の多発があります。
一部の人たちの行為ではありますが、社会的な弱者を狙った犯行を多くの国民が憂いています。
今回の事件は、このような社会的風潮のなかで起きた事件であり、ろう者だけの問題ではなく社会全体の課題として捉え、対処していかねばならないと考えます。

 被害に遭われた皆さんは、老後や自立した生活を維持するために長年にわたって生活費を切りつめ、蓄えてこられました。それだけに事件が与えたショックは大きく、その損害を取り戻そうと力を合わせて「被害者の会」を結成され、泣き寝入りをせずに弁護士に相談し警察に訴え、民事裁判を起こしました。
 また、地域のろう団体が支援しています。
このような取り組みには、ろう者を狙った犯罪を許さないという思いと、前記のような国民にとって憂いのある出来事の根を絶つきっかけになればとの思いがあります。

 当連盟は、ろう者の社会参加や自立を促進する立場から、手話の国民的な普及や手話通訳制度の実現を優先課題として長年にわたって努力してきました。
この取り組みは国民の皆さんに支持され手話やろう者に対する理解は大きな広がりを見せています。
今回の事件は、この手話の広がりと、ろう者の手話通訳者に対する信頼が悪用されたと言えます


手話を解し、通訳技術に優れた健聴者に対するろう者の信頼は、手話通訳行為が、自身の社会参加や自己選択、自己決定の手段となっているだけに強いものがあります。
連盟は、このような事件が二度と起きないように関係機関や団体と連携して対策を講じていく所存です


[PR]
by toyonokuni | 2018-10-13 20:43 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)