人気ブログランキング |

協会会員・賛助会員・手話講習会受講生のみなさんのところへ近日中に届けられます。

今月のコンテンツ
 ・第28回全九州ろうあ女性幹部研修会
 ・市町村への要望活動について
 ・手話講習会講師研修会開催
 ・全国聴覚障害者情報提供施設協議会総会
 ・別府ケーブルテレビ手話通訳放送開始
 ・生き活き!地域の風(杵築地区)
 ・若いチ・カ・ラ~県立野津高等学校~
 ・手話サークルと地域自慢コーナー 津久見「小鳩」

 今月号は、研修会等のニュースの他にも、ブログでもお伝えしている市町村要望の内容が掲載されています。
 また、連載中の「街を変える 人が変える」などもあります。
 聴覚障害者の生活とは?これからの福祉の課題は?
学べると思いますので、ぜひサークル等で学習にも利用してください。

 みなさんからの情報、ご意見等もお待ちしています。

 現在、会員以外の方で「豊の国聴障ニュース」購読希望の方は大分県聴覚障害者協会へお問い合わせください。

d0070316_12495265.jpg
 
# by toyonokuni | 2006-08-08 12:55 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

 平成20年10月11日(土)~13日(月)「第8回全国障害者スポーツ大会」が開催されます。
     ~笑顔、元気、ともに未来へ 新たな一歩 チャレンジ! おおいた大会~ 

 この大会には聴覚障害者の団体競技として、男女のバレーボール競技があり、現在聴覚障害者協会会員を中心に大津町の身体障害者福祉センター体育室で毎週木曜日の夜7時~9時まで練習しています。
 男女チームともに人数がまだ不足しています。
バレーの経験がある方や関心のある方は一度練習を見学してみてはいかがですか?
 今日は第8回全国障害者スポーツ大会の選手強化に向けての取り組みについて、大分県障害者体育協会事務局の阿部友輝さんと塩月つむぎさんが来所して説明と依頼がありました。
 大分県の聴覚障害者男女バレーチームを結成して、来年の3月までには県外に遠征して
対外試合をする計画をしているそうです。
 県聴覚障害者協会としても積極的に選手募集をしていきたいと思いますので、皆さんの知り合いにバレーボールに興味のある聴覚障害者がいれば是非誘ってみてください。
   問合せ等は大分県聴覚障害者協会へ
  TEL 097-551-2152  FAX 097-556-0556
d0070316_11294991.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-08 11:30 | 全国障害者スポーツ大会 | Comments(0)

 手話通訳・要約筆記を利用する聴覚障害者の応益負担反対や手話・要約筆記講座の開催
手話通訳・要約筆記派遣事業の実施、手話通訳者設置、障害者計画策定委員に聴覚障害者を入れてほしい等の要望を7月25日の中津市からスタートした運動も今日の由布市、九重
町、玖珠町と訪問し、最後は日田市での話し合いで終わりました。
 市町村福祉担当者の皆様ご多忙中に訪問したにも関わらず親切に対応していただきありがとうございました。
 また、この運動にご協力頂いた各団体と市町村に出かけていただいた関係者の皆様お疲れ様でした。お礼申し上げます。
  この要望の回答については市町村の議会の承認を得てない段階で公表できにくい市町村もありますが、大体の市町村においては応益負担はない方向の回答でした。
 県聴覚障害者協会は市町村合併の2年前から具体的な予算書や事業と契約書等を送付
したり、直接訪訪問した市もありました。
    今回の訪問運動開始前には、
  ①市町村ごとの詳細な予算書や計画書を6月30日付けで送付
         ↓
  ②訪問前には文書で訪問趣旨と面談の依頼
         ↓
  ③念のため要望書を市町村にファックス送信
 なのに、なのに・・・なのにですよ・・・・

 いよいよ住んでいる市町村により福祉サービスに格差が生じる社会になってきました。
 「人間が人間らしく生きる」という理念に基づいた※憲法25条の生存権を持ち出すまでもなく、住んでいる市町村で社会福祉サービスが異なるなど、戦後60年紆余曲折しながらも形成されてきた権利としての「社会福祉」ではなく、戦前の「恩恵」としの福祉に逆戻りしているような感さえします。
       ※憲法第二十五条【生存権、国の生存権保障義務】
       1  すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
       2  国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の
        向上及び増進 に努めなければならない。

 しかし、この現実を受けとめていき、住民福祉担当者に理解をしてもらう取り組みも含めて私達の大切な役割であり、それが「運動」であるという共通認識を関係者が持つことが今後の
課題となってくると思います。
         皆さん頑張りましょう!今後ともご協力をお願いします。
                 大分県聴覚障害者センター事務長 奈須
d0070316_23281142.jpg
# by toyonokuni | 2006-08-07 23:10 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

 中津手話サークル「さつき」の機関誌が市役所のホームページにアップされるようになって
2回目の機関紙が市役所のホームページに掲載されています。
 カラーでとても見やすく、多彩な行事が紹介されています。
 皆様是非ご覧くださいね。
中津市役所ホームページ→サイトマップ→■福祉保健部→社会福祉課→さつき機関誌  
          ↓ 
  www.city-nakatsu.jp
d0070316_21531285.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-07 19:58 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

 8月7日(月) 大分県聴覚障害者センター1階会議室で活動専門部長会議が開催されました。大分県聴覚障害者協会の理事長と専門部長9名が集まりました。今年は大分県聴覚障害者協会創立60周年と大分県聴覚障害者センター創立10周年の記念行事が予定されており、また、10月には全国ろうあ老人大会が開催され、これからとても忙しい時期に入ります。
 力を合わせて事業の成功に向けて取組んでいきます。
 皆様のご支援とご協力をお願いします。
d0070316_19262653.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-07 19:28 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)

 今日は広島に原爆が投下された日です。以前と比べると新聞でもテレビでも「ノーモアヒロシマ」が叫ばれなくなくなったような気がします。
 というよりも自分自身の気持ちで「反戦」意識が鈍感になり、平和ボケしたオヤジになってしまったと思います。
 せめて歌だけでもと口ずさんでみると、学生の頃に「学生大会」や様々な場面でこの歌が歌われ手話通訳していたことを思い出しました。この歌を手話通訳すると、じんわりと怒りと憤りがこみあげてきました。誰に対しての怒りか、何に対しての憤りか?「思うだけでなく、行動せよ!」という自分自身に向けられた怒りと憤りでしょう。私にとってこの歌と手話通訳は連動しているようです。 余談になりますが、世に希望有れとの願いを込めて「有希世(ゆきよ)」と名づけた我が長女が生まれたのも8月6日です。
  「原爆を許すまじ」の歌を聞いたことのない方は聞いて、聴覚障害者の方に手話通訳してみてください。あなたの通訳で相手は「平和の尊さ」を理解してくれたみたいですか?NASU       「原爆を許すまじ」          
      ↓
  原爆を許すまじ
         作詞:浅田石二
        作曲:木下航二
1 ふるさとの街焼かれ
  身よりの骨埋めし焼土(やけつち)に
  今は白い花咲く
  ああ許すまじ原爆を
  三度(みたび)許すまじ原爆を
  われらの街に
                           
2 ふるさとの海荒れて
  黒き雨喜びの日はなく
  今は舟に人もなし            
  ああ許すまじ原爆を
  三度許すまじ原爆を
  われらの海に
                          
3 ふるさとの空重く
  黒き雲今日も大地おおい
  今は空に陽もささず
  ああ許すまじ原爆を
  三度許すまじ原爆を
  われらの空に

4 はらからの絶え間なき
  労働に築きあぐ富と幸
  今はすべてついえ去らん
  ああ許すまじ原爆を
  三度許すまじ原爆を
  世界の上に
d0070316_233518.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-06 22:09 | センターの風 | Comments(4)

 今日のセンターは多くの方に利用していただきました(約90名)
 10:00~17:00 青年部研修と会議             8名
 10:00~15:00 女性部会議                 6名    
 10:00~15:00 聴覚障害者パソコン講座         6名
 10:00~15:00 手話通訳者講座              12名
 10:00~15:00 全通研支部学習会            40名
 13:00~16:00 協会創立60周年実行委員会会議   14名
 13:00~16:00 機関誌発行作業   3名
d0070316_18284097.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-06 18:29 | センターの風 | Comments(0)

 中津手話手話サークル「さつき」昼から早くも2回目の投稿をいただきました。

 こんにちは。毎日暑い日が続いていますが、夏バテしていませんか?
 さて、今日は、「さつき」昼 の例会についてお知らせしたいと思います。
◆●今回は、【学習部】について●◆
第1週と第3週が学習部の担当で、単語学習、日常会話、ロールプレイ、ビデオ学習などをしています。
《単語学習では・・》
                       →“手話って難しい~”“単語数が多い     d0070316_1731885.jpg                              ~”“似たような手話がたくさんあって覚え                                られない~”等の声から、それなら自分たち                               で覚えられるような方法を考えよう!と手話                                 単語集を作りました(平成13年作成)。手                                話表現する場所で分類したもので、〔頭・額・                                耳・目・ほほ・口・あご・鼻〕の部位に分けま                               した。毎回、「こんな手話もあるよ」と聴障の                                方に教えて頂き、単語数は今も増え続けてい                               ます。
 《ビデオ学習では・・》
聴障の方にミニスピーチをして頂き、その様子をビデオカメラに収録します。そしてすぐにテレビ画面に映し、読み取りを検証します。分からない手話があれば、一時停止して、その場で直接聴障の方に手話や話の内容を尋ねます。座る位置も、遠慮なく「待った!」が言えるよう、前列には入会したばかりの新人さんが座るようにしています。
今回は、“戦争の体験”についてミニスピーチをして頂きました。
手話も然る事ながら、空襲から逃げる様子や当時の苦労話など胸に迫るものがありました。
―年代の違う聴障の方の感想ですー 
 「戦争を体験された方は、本当に怖かったでしょうね。また、昔の手話表現は今と違い珍しい表現だなぁ、すごいなぁと思いました。私は、戦争は知りませんが学校で聞いた事があります。夜、避難する時は長いひもに皆でつかまって逃げたんですね。お店もなかっただろうし、食べ物にも苦労したんですね。今日は、貴重なお話を聞く事が出来てとても良かったです。」
d0070316_1722252.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-06 17:23 | 県手連・サークル情報 | Comments(3)

 こんにちは!津久見手話サークル小鳩です。
 暑い日が続いていますがみなさんお元気ですか?
各地で夏祭りや花火大会が開催されていますが、津久見では「港まつり」と「花火大会」が終わり、夏の大イベントは19日の市民扇子踊り大会を待つばかりとなりました。
小鳩は今年も踊りの輪に参加することになり衣装作りや踊りの練習に取り組んでいるところです。
 みなさん、私達の華麗?な踊りを是非見にきてくださいね。
尚、先日配布されましたOSRに記載された場所に間違いがありましたので訂正します。
 正しくは・・・つくみん公園・・・津久見駅から徒歩5分ほどの海岸沿いの公園です。
車 の方は警察署・消防署の前、亀の井ホテルのすぐ近くです。  お待ちしていま~す(^^)
 ※津久見「小鳩」手話サークルの新名鉄平 さんから投稿がありました。ありがとうございました。新名鉄平さん、いい名前ですね。まだお会いしたことがないような気がします。今度センターに遊びに来てください。
d0070316_2234361.jpg

※上記の写真はセンターで下記のサイトから写真を引用させていただきました。
www3.coara.or.jp/~ya9ya9/tikyu/taikenhaku/sensu/sensu.html
# by toyonokuni | 2006-08-05 21:45 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)

 第39回全国手話通訳問題研究集会が愛媛県松山市で開催されており、全国から
約1、100人が参加。大分からは9名が参加しています。
 「コミュニケーション」分科会の写真を送ってもらいました。
 集会は8月4日(金)~6日(日)まで松山大学・愛媛県民文化会館サブホール(開会式・閉会式)で開催されています。
 全国規模の研修会に参加するのも楽しいと思います。来年はぜひあなたも参加してみてはどうでしょう。
 
d0070316_2181395.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-05 21:10 | 大分通研情報 | Comments(1)

 8月5日(土)平成18年度中途失聴者・難聴者のための手話講座が始まりました。
 講座の受講生は8名。昨年も受講された方もいて、和気あいあいとした雰囲気の中で講座が始まりました。講師は柴田悦子さん。パソコン要約筆記と講師の手話を見ながら、真剣な中に楽しい雰囲気で進んでいる講座です。今日から11月まで、全10回の講座となります。
 今日は講座の後に「夢サラダ」の交流会もあり、参加者は楽しいおしゃべりに花を咲かせていました。
d0070316_181167.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-05 18:01 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

 8月5日(土)朝10時より、大分県聴覚障害者センター1階会議室で、手話通訳士養成講座が開催され、15名の受講者が参加しました。
 講師は、大分大学留学生センターの坂井美恵子先生。通訳士試験の中でも重要な科目である「国語」の基礎を丁寧に教えていただきました。
 受講生は休み時間にも先生に質問をしたり、たいへん熱心に受講されていました。
 
d0070316_17533715.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-05 17:53 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)

        「第5回ほのぼのおおのラブライブ」のお知らせ
夏本番です。連日のうだるような暑さ!お元気ですか?こういう日は水分をたっぷり取りましょう。健康には十分留意し、夏を乗り切りたいですね。
 さて、来る9月3日(日)、豊後大野市、エイトピアおおの大ホール(13:00~)にて「第5回ほのぼのおおのラブライブ」が開催されます。バリアフリーコンサートで第1回目からさくらんぼも参加しています。
今年は「ほのぼの…」の歌を、去年出演していただいたデュオグループ「HARU(ハル)」が(“窓をあけて九州”のオープニングテーマでおなじみ)作詞/作曲を手がけてくださり、今その歌をサークル内でも覚えるため特訓中です。施設・団体・個人の方たちがすばらしい感性でかなでる音楽は、会場でぜひ聞いていただきたいです。 
 毎回ほのぼのとしたコンサートになっており、取りで歌う「翼をください」は会場のみなさん・高校生ボランティア・スタッフとともに歌い上げます。みなさんへのこれからの活躍、期待、感謝の気持ちをこめ、また来年の開催に向けて気持ちを一つにしていきます。
 ただいま、チケット好評発売中!大人1000円、高校生以下500円
 問い合わせ 日小田春作まで Tel/Fax0974-35-2811
豊後大野市のホームページの「最新情報」にも掲載されていますのでご覧ください。    www.bungo-ohno.jp
d0070316_921988.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-05 08:53 | 県手連・サークル情報 | Comments(1)

 NPO法人大分情報化推進ネットワークの片山勇理事のご協力をいただき、聴覚障害者センターにIPテレビ電話を設置しました。当面8月末頃まで設置予定ですので、試してみてはどうですか。
 今日原施設長が試してみたところ、手話の動きもスムーズで分かりやすいとのことでした。以前のテレビ電話と比べると動きはかなりスムーズになっています。
 テレビ電話の活用法は様々で、大分市での講演会の様子を中津市、日田市にいてプロジェクターを使って見ることも可能です。他県で見たことがありますが、離島等の手話講習会をテレビ電話で指導していました。
 パンフレット等はセンターにありますので、いらしてください。
d0070316_18153578.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-04 18:17 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

 8月4日朝10時~、大分県聴覚障害者センター会議室で2008年に開催されるチャレンジ!大分大会の情報保障に関する話し合いが行われました。大分県国体・障害者スポーツ大会局の佐藤健治さん、大分県要約筆記サークル陽ざしの会森崎裕香子さん、全国要約筆記問題研究会大分県支部矢野容子さん、協会事務局より奈須事務長他1名が参加しました。
 大会での情報保障に関しては、聴覚障害選手だけでなく、観戦、応援に来る聴覚障害者への情報保障としての手話通訳、要約筆記はもちろん、この大会をきっかけに、一般参加者へ聴覚障害者への情報保障を見ていただくいい機会にしていただきたいと、熱のこもった議論が続きました。
 平成18年度中には要約筆記ボランティアの公募、並びに、手話通訳ボランティア、要約筆記ボランティアの指導者養成講座が開催されます。
d0070316_16593565.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-04 17:01 | 全国障害者スポーツ大会 | Comments(2)

「さつき」昼 は、中津手話サークル「さつき昼の部」としての5年間の活動を経て、平成18年
1月1日より正式に“会”として立ち上げました。
現在、会員は45名。第1~第4週水曜日の10時~12時に例会を開催しています。
会員は、それぞれ学習部・企画部に所属し、一人一役の当番を務めサークル運営に携わっています。
例会には、毎週聴障の方の参加があり(いつもありがとうございます)、中でも、昼間の時間帯ということで、高齢の聴障の方の参加が多いのも我サークルの特長かなと思います。おかげで、珍しい手話に出会う事も多く、いつもそこから脱線し、いろんな思い出話を聞かせて頂いています。(私たちは幸せものだ~♪と実感しています)
今回は簡単なサークル紹介になりましたが、また次回、例会の様子やこぼれ話など、
持ち出せる範囲でお届け出来たらと思います。
d0070316_17323497.gif

# by toyonokuni | 2006-08-04 16:56 | 県手連・サークル情報 | Comments(4)

 大分県内の教育機関に県聴覚障害者協会から講師を派遣しています。1番最初は昭和63年度からでした。詳細はホームページ「教育機関手話指導者派遣事業」に掲載していますのでご覧ください。
 県内の全ての教育機関へ講師派遣できることを夢見ているのですが・・教育関係者の方がご覧になったら是非あなたの学校でも手話の授業をしてみませんか。

昭和63年4月 楊志館高等学校 福祉科・土曜クラブ
平成元年度 智泉総合福祉専門学校 介護福祉・社会福祉
平成8年 4月 大分大学 教育福祉科学部
平成8年 4月 福徳学院高等学校 保育福祉科・保育コース 福祉医療・介護コース
平成8年10月 別府溝部学園短期大学 食物学科・介護コース
平成10年4月 大分東明高等学校 商業介護福祉コース
平成10年4月 大分高等学校 普通科
平成10年4月 県立野津高等学校 福祉コース
平成11年4月 別府溝部学園高校 普通科福祉コース
平成11年8月 大分歯科技術専門学校 歯科衛生科
平成12年4月 大分介護福祉士専門学校 介護福祉科
平成12年4月 藤華医療介護専門学校 ※平成13年まで
平成13年4月 日本文理大学付属高校 福祉コース
平成13年4月 県立佐伯豊南高等学校 選択クラブ
平成13年4月 大分リハビリテーション専門学校 聴覚言語士科
平成14年4月 大分医療事務専門学校 医療・介護事務学科
平成15年 4月 日本文理大学 経営福祉コース
平成16年10月 別府大学短期大学部 地域総合学科
※上記以外に警察学校への手話指導者派遣も行っています
d0070316_22405516.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-03 22:03 | その他 | Comments(0)

 全通研大分支部では、今年度、班ごとに分かれてロールプレイのビデオ撮影をしています。
今日は大分市①班~③班が順番に大分県聴覚障害者センターのスタジオで撮影を行いました。完成したビデオは、全通研の学習会で使用し、通訳上の問題点に気づいてもらう学習に使う予定です。今後の通訳活動に活かしてもらおうと、皆さん必死に撮影に取り組んでいました。
 
d0070316_20412397.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-03 20:59 | 大分通研情報 | Comments(0)

 8月3日(木)は県南方面と豊肥方面へ要望に行きました
■9:00~9:30臼杵市    10:30~11:00津久見市 13:00~13:30 佐伯市
■9:00~9:30豊後大野市 11:0~11:30 竹田市
佐伯市からの報告が届きましたので紹介します。
■佐伯市 13:00~13:30
◇訪問者
①県聴覚障害者協会理事                                原   悦樹
②県聴覚障害者協会理事兼佐伯市市聴覚障者協会書記             近藤  忠宏
③大分県手話サークル連絡協議会                           高司真智子
④全国手話通訳問題研究会大分支部                         神田  貴代
⑤大分県要約筆記サークル「陽ざしの会」                         冨高  国子
◇市の回答
①応益負担 コミュニケーション事業の利用者応益負担については、検討中ですが、担当課としては他市同様無料で考えています。正式には市長と協議して8月中に決定したいと思います
②要約筆記奉仕員派遣事業については要約筆記者を増やしていく必要があります。どれくらいの方が要約筆記活動に従事できるかが課題だと思います。
③障害者福祉計画策定委員会については25名で構成していますので、策定にあたってはアンケート調査をする中で利用者の声を反映させたいと考えています。計画策定への参加については要望として承っておきます。
d0070316_19473970.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-03 19:34 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

 大和証券福祉財団 第13回ボランティア活動助成が下記の要領で助成団体を募集しています。団体として応募を検討してみてはどうでしょうか。
◇実施団体 財団法人 大和証券福祉財団
◇お問い合わせ・申込先 大和証券福祉財団
             〒103-8219 東京都中央区日本橋茅場町1-1-9 大和証券兜町ビル
                          TEL 03-3365-5147
                          FAX 03-3662-0495
◇応募資格 ボランティア活動を目的とした団体・グループ。
          学生・若者のボランティア活動も積極的に支援します。
    (申し込みに際しては、社会福祉協議会・共同募金会等の推薦を受けてください)
◇応募課題 特に在宅老人、障がい児・者、児童問題等に対するボランティア活動
◇助成金 1件あたり:30万円を上限とする(総額:5000万円)
◇助成対象期間 原則として平成19年1月~12月の活動に対して助成
◇応募方法 所定の申込書により郵送にてお申し込みください。
      申込書は上記財団へ電話またはFAXにてご請求ください。ホームページからも
      プリントアウトして申請いただけます。
◇募集期間 平成18年8月1日~9月15日(当日消印有効)
※その他各種の助成団体募集情報が随時ありますので大分県ボランティア・市民活動センターホームページをご覧ください。
d0070316_2323754.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-02 22:39 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

 全国手話研修センター主催で「手話通訳者のための実技研修会」をご案内します。京都
嵯峨野へ出かけてみませんか。

 手話通訳士試験を受ける方のために、また手話通訳者としてのレベルアップのために、IT学習室の機材を使用し、実技研修を行ないます。
第1回 2006(平成18)年9月30日(土)~10月1日(日)
第2回 2006(平成18)年10月29日(日)~30日(月)
各 回 1日目 午後1時~午後5時
      2日目 午前9時~午後3時    
◇参加対象者 ・手話通訳士二次試験 受験予定者 ・各都道府県認定手話通訳者
◇定  員 各回 20名
(申込みが10名未満の場合は実施いたしません。ご了承ください)
◇会  場 社会福祉法人 全国手話研修センター(コミュニティ嵯峨野)
◇実施内容 ・読み取り通訳ポイント・トレーニング(4時間) 講師:小出新一
・聞き取り通訳ポイント・トレーニング(4時間) 講師:中西久美子
                    合計 8時間
※若干変更することもありますのでご了承ください。
◇受 講 料 1回に付き 12,000円
◇宿 泊 費 ツイン 9,000円(1泊3食(夕食・朝食・昼食)
         シングル希望は、ツイン料金の2,000円UPになります。
◇申込締切日 第1回 2006年9月1日(金)
         第2回 2006年9月29日(金)
*別途申込書にご記入の上、FAXにてお申し込みください。
*受講の可否は、締切日から1週間後、FAXでお知らせします。
お申込み・ お問い合わせは社会福祉法人 全国手話研修センター 人材養成課まで 
d0070316_20423828.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-02 20:37 | 受講生・参加者募集 | Comments(0)

 第10回全国要約筆記研究討論集会が下記の要領で開催されます。人数制限と参加資格がありますので確認して早目に申し込んでください。
 開催要項・参加申込書は社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会ホームページ
をご覧ください。http://www.zennancho.or.jp/
◇目  的:要約筆記活動の現状を分析し、そこに横たわる種々の課題や問題点を取り上げ、要約筆記者とその利用者が話し合いを通じ、解決の糸口を探る。
◇テーマ:第1分科会 「表記」
     第2分科会 「要約」
     第3分科会 「新制度移行」
◇主  催:特定非営利活動法人 全国要約筆記問題研究会
◇共  催:社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会
◇開催日時:2006年11月25日(土)13時~ 26日(日)16時(予定)
◇会  場: 横浜市健康福祉センター(JR桜木町隣)
◇募集定員:90名
◇参加資格:全要研の会員または全難聴の会員で、論文を提出した方
     (共同執筆は認めません)
◇参加費:4,000円
◇申込期間:2006年8月1日(月)~8月31日(水)
◇論文提出期間:2006年8月1日(月)~9月20日(火)(必着)
d0070316_1910599.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-02 18:14 | 全要研・陽ざしの会・要約関係 | Comments(0)

 8月1日に見学に来た医療事務専門学校の皆さんの笑顔をお届けします。
 手話を学ぶのは初めての方がほとんどでしたが、全身で伝えよう!という気持ちで交流され、あちこちで笑いが巻き起こる楽しい交流となったようです。
 「4月から手話講習会に通います!」断言して帰った学生さんもいました。うれしいですね!!
 手話奉仕員養成講座入門課程(初心者対象)は、大分市をはじめ各地で来年4月~開講します。来年2~3月頃に市報や大分県聴覚障害者協会ホームページ等でお知らせします。
d0070316_8482576.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-02 13:13 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

 8月1日の高齢者のつどいは20名の参加者、3名のヘルパーが担当して開催されました。
 数字の手話1、2、3、・・・1つずつその手の形を使った手話を考えるゲーム、ビデオを見ながらの健康体操、花いちもんめなどのゲームを楽しみました。
d0070316_10554283.jpg

 参加した玉田由美枝さんは「高齢者のつどいはとても楽しい。今日は健康体操と、数字を使った手話を考えるゲームをしました。家にずっと一人でいて、テレビを見ているだけだと口を動かすことがなく、だんだん口が動かなくなってくるのよ!集いに来て、おしゃべりしたり、ゲームをすると口や体を動かすでしょう。それに頭を働かせたら老化防止にもなるから、とてもいいわ!」と感想を話してくださいました。
 毎日暑いですが、参加者は元気いっぱい楽しんでいました。
 皆さん体に気をつけて、たくさん笑って、暑い夏を乗り切りましょう!
# by toyonokuni | 2006-08-02 11:36 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)

訪問した市町村をピックアップして報告いたします。
県下でトップに訪問した中津市の報告を最初にします
中津市 7月25日(火) 11:00~
◇訪問者
①県聴覚障害者協会理事                                小倉千万基
②中津市聴覚障害者協会長                              塚崎太都子
③大分県手話サークル連絡協議会                      野畑敬子・矢野和彦
⑤全国手話通訳問題研究会大分支部                         瀬口 伴子
⑥大分県要約筆記サークル「陽ざしの会兼全国要約筆記問題研究会大分県支部 今冨 信子
◇市の回答
①応益負担手話通訳派遣事業については従来どおりの方法で進めたいと考えている②要約筆記奉仕員養成講座については一定の受講者の確保とニーズに応じて開催を検討していきたい。
②要約筆記奉仕員派遣事業については平成19年度より実施していくように取り組みたい
③障害者福祉計画策定委員会についてはすでに市障害者連絡協議会から代表者が出ているので要望があれば代表者か市の障害福祉課長に言って意見を反映させていただきたい。

別府市障害福祉課 13:30~14:05
◇訪問者名 ①県聴覚障害者協会理事長兼別府市聴覚障害者協会会長    西村  務
②大分県手話サークル連絡協議会                           後藤 啓子
③全国手話通訳問題研究会大分支部                        福盛  洋子
④大分県要約筆記サークル「陽ざしの会」                      森崎裕香子
⑤全国要約筆記問題研究会大分県支部」                      池辺  恵子
◇市の回答
①手話通訳派遣については、予算を切るようなことは考えていない。
②要約筆記派遣事業についても実施予定。手話通訳派・要約筆記派遣事業の方向を検討している
③障害福祉施策策定委員に当事者団体をという要望については、現在進行中の施策については別府市の場合、身体障害者協会の会長に委嘱しているので出来ない。
今後の施策については考慮していく予定。
d0070316_18232679.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-01 18:42 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

 今日は、大分医療事務専門学校の学生さん17名がセンターを訪れ、センター見学とろう者との交流を行いました。

 みなさん手話はまだ習ったことがないということでしたが、みぶりや空書など色々な方法を使ってろう者とお話をされており、とても楽しそうにコミュニケーションをしていました。

「手話でコミュニケーションが通じる」ことの楽しさが分かっていただけたかな?と思います。
みなさん、ぜひこれから手話を学び、ろう者と交流を深めてくださいね。

またセンターでお会いできるのを楽しみにしています。

d0070316_187065.jpg

# by toyonokuni | 2006-08-01 18:08 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

 市町村への要望活動についての概要を報告いたします。
 
 【県北地区 7月31日(月)】
宇佐市福祉事務所  9:00~9:45
◇訪問者 ※訪問者は宇佐市・豊後高田市・国東市は同じ
①(社福)県聴覚障害者協会理事 兼宇佐市聴覚障害者協会 会長  岡本隆一
②宇佐市聴覚障害者協会事務局       岡本志津子
③県手連代表代理兼全通研支部代表代理 岩水ヤス子
④大分県聴覚障害者センター職員      矢津田明子
◇要望の回答
応益負担 今後も手話通訳派遣に利用者負担を求める予定はない
②要約筆記養成
③要約筆記派遣
②、③ともに今後検討していきたい。
④市役所通訳設置
福祉計画の中に「将来的に設置」と入れてある。すぐにというわけにはいかないが、設置する方向。
⑤障害者福祉計画の策定
  福祉サービス、教育等、地域の3部会に分けて会議を開催しており、あと2回開催予定。福祉サービス部会の残り2回に岡本さん出席してもらいたい。

豊後高田市福祉事務所  10:00~10:30
◇要望の回答
①応益負担  ※現在手話通訳者派遣事業は現在実施していない
②要約筆記養成
③要約筆記派遣
④市役所通訳設置
①~④について要望の趣旨はよく理解できる。十分検討したい。
派遣事業については県聴覚障害者協会と協議して決めていきたい。
⑤福祉計画策定委員
委員は既に選任しており、新たに入れることは難しい。現委員の中に聴覚障害者はいる。
今回いただいた要望を、福祉計画に入れていきたい。

国東市福祉事務所 11:15~11:35
◇要望の回答
①応益負担 ※現在手話通訳者派遣事業は実施していない  今後十分検討したい。
②手話・要約養成  現在武蔵町で実施中。今後市としての実施も検討したい。
③手話・要約派遣  現在、大分県聴覚障害者協会と協議中。実施する方向。
④市役所通訳設置 できるだけ要望に沿っていきたいが、まずは派遣から考えている。
⑤福祉計画策定委員  委員は既に選任済で、今から加入は難しい。身体・知的・精神、それぞれの代表が入っている。今回の要望を反映させることと、要望があれば福祉事務所に言ってほしい。また、策定された計画についても、問い合わせがあれば答えます。
d0070316_18385578.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-31 18:24 | 協会・センターからの情報 | Comments(3)

 県聴覚障害者協会創立60周年記念と大分県聴覚障害者センター設立10周年記念についの準備委員会が開催されました。
 開催期日と式典、祝賀会について協議し、次回は8月6日に実行委員会を開催する予定にしています。実行委員会は設立準備委員と地区聴覚障害者協会長で構成する予定にしています。
 あと記念誌編集委員会や祝賀会、式典について担当者を決めて準備していかなければ
なりません。全国ろうあ老人大会も近づいてきていますし、全国障害者スポーツ大会の手話通訳、要約筆記者養成も本格的な時期を迎えています。
 そして、コミュニケーション支援事業の市町村訪問活動の明日の予定は、宇佐市・豊後高田市・国東市と日出町・杵築市・別府市への訪問です。大分市と同じようによい報告を期待したいものです。
 
1 準備委員会の設立
  1)構成メンバー
    ①法人理事 ②センター事務長
  2)協議内容
①記念式典
  期日 平成18年11月19日(日)予定
  場所 大分県総合社会福祉会館(仮予約)
  時間 13時受付開始 14時~16時
②祝賀会
  場所 大分第一ホテル
  時間 17時30分~19時30分
③記念誌作成について
  協会60年の歩み
  地区聴覚障害者協会の歩み年次表
  協会事業の変遷等について等
d0070316_1964239.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-30 18:55 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

暑中お見舞い申し上げます。
長~く続いた梅雨もやっと終わり、お天気が良くなり「これで洗濯物や部屋のジメジメ感がすっきり♪」と思えば
暑すぎて体が溶けてしまいそうです・・・。外でお仕事をされていらっしゃる方を尊敬いたします。
海外の方では、気温が47℃ぐらいまで上がり熱射病で亡くなられた方もいるとか。
日本ではさすがにそこまでの気温に上がることはないと思いますが、くれぐれも熱中症などにはお気をつけくださいね(^-^)
さて、7月も明日で終わり。そこで、あさぎりが7月のサークル定例会で何をやったのかを少しご紹介したいと思います。
    6日  七夕会
   13日  学習部担当
          日聴紙に記載されてある『新しい手話』の学習
          『身体障害者マーク』についての学習
   20日  企画部担当
          『反対語のある手話を表してみよう』
          『手話記憶ゲーム』
   27日  日田市手話奉仕員研修会②
◇『身体障害者マーク』っていつも見かけるけど、「正式な名前は?」と言われるとなかなか出てこなくて・・・。
身体障害者マークには、国際マークだったり日本だけで使われているマークだったりと、あらためて学習できて良かったです。
◇『手話記憶ゲーム』は、テーマを決めておき、1番目の人が思いついた手話単語を1つ表現し、2番目の人が1番目の人の手話と
自分の思いついた手話を表現し、それを続けていく。もし、忘れたり間違えたら失格になります。そして、最後まで残った人が優勝です。
みんな記憶力が良くて、テーマは「スポーツ」だったのですが22種類の手話が出てきました。
最後まで残った人もすごいのですが、みんなすごいかったですよ。
※ありがとうございます 他のサークルの投稿もお待ちしています。
d0070316_9444461.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-30 08:44 | 県手連・サークル情報 | Comments(4)

 第36回全国ろうあ婦人集会が下記の要領で開催されます
 10月末には信州は雪が降っているのかなぁ?
 ◇期日 10月27日~29日
 ◇場所 長野県
 ◇締切 8月20日
 ◇申込 県聴覚障害者協会女性部へ
 ◇内容 http://w2.avis.ne.jp/~fujin36
※上記の全国ろうあ婦人集会のホームページを探すために長野県聴覚障害者情報センターにアクセスしたら、なんと1,000人目の訪問者でした。なんか縁起がいい感じです。サマージャンボ宝くじを買って帰ります←8月1日までだったかな。
d0070316_19232698.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-29 18:55 | 受講生・参加者募集 | Comments(0)