人気ブログランキング |

大分県聴覚障害者センターブログ

toyonokuni.exblog.jp

新着情報随時更新中。

ブログトップ
 毎月第1,3火曜日に大分県聴覚障害者センターで開催している「高齢ろう者のつどい」。今日は24名の高齢ろう者が参加しました。ろうヘルパーサークル「ほほえみ」の3名が協力しました。今日は新聞を使って輪投げのゲーム、ボール運びリレーなどを楽しんでいました。ボール運びリレーは二人の息を合わせて、ボールを落とさずに運ぶのが難しい!勝ったチームは大喜びしていました。
 ろうヘルパーが力を合わせて積極的に関わることで、事業がスムーズに継続しています。
 ヘルパーの皆さんおつかれ様です。
 まだ参加したことのない高齢ろう者の皆さん、一度参加してみませんか?
 
今日も盛況(^^)高齢ろう者のつどい_d0070316_20525920.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-18 18:23 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)
 大分県内で手話講習会が開始されたのが昭和46年でした。厚生省(現在の厚生労働省)の手話奉仕員養成事業が開始されたのが昭和45年でしたから、大分県の手話講習会への取り組みは早かったといえます。
 手話講習会が県下各地で開催されるようになり、その講習会修了者を中心に手話サークルが県下各地に誕生していきました。手話サークル誕生の背景には各地域のろうあ協会支部の熱い期待があったことでしょう。手話サークルはその期待に応えていますか?
 さて、県下の手話サークルの年代別誕生順が分かりますか? 自分の所属する手話サークルの誕生年は分かりますよね? 下記のサークルを誕生順に並べ替えてみましょう。
 正解はホームページの「なんでもライブラリー」の中の「手話サークルバースデー」で確認してみましょう。ホームページの各コーナーは大分県の聴覚障害者の運動の歴史や手話通訳活動、派遣事業等盛りだくさんの情報がありますので、お時間のあるときにじっくりとご覧くださいね。各コーナーの「ここをクリックして選択してください」に気づかずに各コーナーが詳細に分かれていることを知らない人もいるようですので、ぜひご覧ください。
 
①豊後大野市「さくらんぼ」(旧三重町)
②杵築市「あゆみ」(旧山香町)
③臼杵市「せきぶつ」
④日田市「あさぎり」 旧称「ひた」
⑤別府「にじ夜の部」
⑥臼杵市「せきぶつ」
⑦中津市「さつき」 旧称「サツキ会」
⑧臼杵市「吉四六」 (旧野津町)
⑨大分市「はぐるま昼の部」
⑩津久見市「小鳩」
⑪別府「にじ昼の部」
⑫竹田市「竹田」
⑬中津市「さつき昼」
⑭豊後大野市「ちとせ」 (旧千歳村)
⑮別府「にじ昼の部」
⑯豊後大野市「おがた」 (旧緒方町)
⑰日田市「夢」(旧天瀬町)
⑱中津市「もみじ」 (旧耶馬渓町)
⑲大分市「はぐるま夜の部」
⑳日出町「ひじ」
21佐伯「城山」旧称「佐伯手話研究会」
 ?実力診断?    「手話サークルバースデー」_d0070316_1914538.jpg

 
# by toyonokuni | 2006-07-18 17:42 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)
     「歌を伝えて」

私はあなたの声を  見ることが出来る
見つめ続ける口元から
伝わってくる・・・あなたの声が
それにあわせて私も  歌ってみる
声が重なると たがいの思いも重なるみたい
本当は私  自分の声が
どんななのかよくわからないけど
それでもいいかなと笑いあって
またいっしょに歌う
私の声も届けたい
信じて待っていてくれる
     あなたのもとへ・・・・

私はあなたの声に  触れることができる
喉に当てた 指の先から
伝わってくる・・・あなたの声が
必ず唄えるようになるからと
何日も 何日も  二人で重ねた練習
声が重なると 互いの願いも 重なるみたい
歌いたい   たとえ聴こえなくても
歌いたい   精一杯の声と気持ちで

指の先から あなたの歌と想いが私に届く
私の歌も届けたい  信じて待っていてくれた
あなたのもとへ・・・

 この詩は、九州のある聴覚障害者が作詞したものです。CDになっているので、
パソコンでダウンロードして全通研のみなさんうたってみませんか? 
さて、我が家の田植えも終わり、祖母が「あんた、どこに行くんかえ?」「ちょっと
手話大学(?)に行ってくるけん」と嫁の私。 暇さえあれば「しゅわしゅわワールド」
とか「しゃべり場しゅわち」に週3~4回は通う私。
早朝や夕食後には、自宅に聴覚障害者が遊びに来る。そして毎日、毎週情報は
更新されていく。しかし、私があげられる情報は少ない。今日は、大分・戸高禮子さん
の身体に障害がある方の衣服製作工房の紹介(野津原)と介護予防・運動マニュアル
レシピです。したたかに生きている(しっかりしている意味)聴覚障害者。
子育てのこと、健康のこと、生活の知恵、聴覚障害者に関する情報はいつも
リアルタイム。私にとって癒しの世界でもあります。
みなさんいつもありがとうございます。そしてこれからも宜しくお願いします
小野 立子

「歌を伝えて」下記アドレスからダウンロードできます
http://www.ismusic.ne.jp/stairs/stairsmusic/utawo/utawotutaete.htm
投稿 全通研大分支部「学ばさせていただきました 何を」シリーズ②_d0070316_21475569.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-17 20:58 | 大分通研情報 | Comments(4)
 全通研大分支部では毎月の定例学習会の際に「学ばさせていただきました 何を?」という個人の体験を発表するコーナーがあります。その発表したものは支部の機関誌に掲載されます。
 今回は支部と発表者の了解を得てブログに掲載させていただくことになりました。このシリーズは今後も続きますのでご期待ください。
投稿 全通研大分支部「学ばさせていただきました 何を」シリーズ①_d0070316_14375483.jpg

 ろうあ者の方とお話をしているとき、横から話の間に入る方がおられますが、
話を聞いておられるろうあ者は真剣に私の話が終わるまで聞いてくれます。
ですから、話が一区切りするまで割り込みは「待った」状態です。健聴者は往々
にして、人の話に割り込んだり、自分の用件をさっさと話す人が多く、無礼千万な
ことです。手話でのおしゃべりは先着優先ですね。私たち健聴者もルールは
きちんと守りたいものです。また、手話技術の覚束ない私を相手に、にこにこと
笑みを浮かべながら聞いて頂きました。他愛のない内容にお付き合いをして
頂いた様な気がします。その奥には手話通訳者を育てようという暖かい心が
あったように思います。本当に有り難うございました。また、今後とも宜しく
お願いします。という気持ちで一杯です。
 中 元 教 博
# by toyonokuni | 2006-07-17 14:36 | 大分通研情報 | Comments(1)
 7月16日、県聴障センターで、合同交流会がありました。
 午前は「組織活動の充実を目指して」と題して、県聴障センター事務長の
奈須氏の講演がありました。
 話を聞き、大いに啓蒙されました。
 難聴者、要約筆記者は度々会合をもて。難聴者は行政をはじめ、多くの
外部との交流をすべし。会報は読まれていないなどと憶測せず、県下各
市町村に出すことが交流の第一歩。その他たくさんの「教訓」がありました。
 その後、会員が提供してくれた景品の福引。昼食。
午後の座談会は、奈須氏の話を受け、いろんな提案がありましたが、要約
筆記の技術論が主流だったと思います。
 難聴者、要約筆記者は互いに、率直に意見を出す。それが大きな進歩をよぶ。
ただ、「ありがとう」では進展はない。などの意見交換がありました。

                    大分県難聴者協会 事務局
# by toyonokuni | 2006-07-16 18:53 | その他の関係団体情報 | Comments(3)
 7月16日(日)午前10時~大分県聴覚障害者センター2階研修室において、大分県難聴者協会と大分県要約筆記サークル「陽ざしの会」の合同交流会が開かれました。
 交流会では、センター事務長の奈須博幸氏によるミニ講演「組織活動の充実を目指して~県難聴者協会の発展を願って~」がありました。その後、福引があり、皆さん豪華景品をゲットしていました。
 午後からは難聴者と要約筆記者の交流会があり、お互いにいろいろと意見交換をしていました。
県難聴者協会・陽ざしの会合同交流会開催_d0070316_1839564.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-16 18:39 | その他の関係団体情報 | Comments(2)
7月15日、全要研大分県支部の学習会が聴障センターでありました。
 今、全国の要約筆記団体では「表記の見直し」が実施されてます。今回は「見直したほうがよい字にシールを貼っていく」学習をしました。
 「埼玉県での自立支援法への取り組み」を会員が知らせてくれました。
埼玉県難聴者協会の川原会長から掲載許可をいただき、会員に埼玉での運動を資料として配布しました。その感想は各自宿題としました。
 第1号が会員(要約筆記歴1年)から寄せられましたので紹介します。

 「大分県内の聴覚障害者一人一人が、実際にどういう支援を必要としているかを把握することが必要だと思います。全要研、陽ざしの会が聴覚障害者と共に、行政に訴えるのも良いと
思いますが、長い間、弱者扱いにされてきた聴覚障害者が、遠慮して言い出せなかったり、あきらめてきたりしたことを聴覚障害者自身で訴える場をコーディネートすること。私たちは裏方に徹するというのはズレた発想でしょうか。
 難聴者協会は、高齢の方が多いので、サポートが必要かもしれませんが、障害者支援法の影響を、今後ずっと受け続ける若い世代の聴覚障害者の意見を聞く場をもっと設けるべきだと思います。」
 
  うーん、いい意見! 先輩、しっかりしなきゃ。

                           全要研大分県支部
投稿 全国要約筆記問題研究会大分県支部学習会開催される_d0070316_13340100.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-16 09:18 | 全要研・陽ざしの会・要約関係 | Comments(0)
  夢ふくらむ「夢サラダ」今日も楽しく手話学習+交流_d0070316_16515274.jpg

 「夢サラダ」すばらしい名前ですよね。
 この名前をつけたのは写真に写っているかわいい「こうき君」です。
 グループは昨年の11月に結成して、第1・3土曜日の午後1時半から4時頃までセンターで交流しながら楽しく手話を学習しているグループです。
 聞こえなかったり、聞こえにくい方で手話を覚えたい方、みんなで楽しくおしゃぺりしたい方はいつでも参加してください。

 ◆聴覚障害者センター主催で中途失聴者・難聴者手話講座を開催します。
  期 間 8月5日(土)~11月4日(土) 全10回
  時 間 1時~3時
  参加費 テキスト代実費
  その他 要約筆記が付きますので、スクリーンを見て分かります
  
  ◇参加希望者はファックスまたは電話、メールでお申し込みください
  FAX 097-556-0556  TEL 097-551-2152
  メールはホームページの「メールでの情報提供」で申し込んでください。
# by toyonokuni | 2006-07-15 16:58 | その他の関係団体情報 | Comments(0)
 小学校低学年のクラスの授業を見せてもらいました。
 黒板の周りに6~7人の子供たちが机とイスを丸く並べています。1人の女の子が黒板に貼った紙(自分の年表みたいなものが書いてあります)を指差しながら、みんなに話しています。自分史を制限時間内でみんなにプレゼンテーションする授業だそうです。先生に「あと○秒よ」と言われながら、あともうちょっとで終わるところで「時間切れ!」と言われ、本当に悔しそうにしていました。
 次の子の番かな、と思って見ていると、先生が奥からポスターのようなものを持ってきました。広げて黒板に貼ると、中央に日本の地図、周りに写真がたくさんならんでいます。空手、城、石庭(?)、寿司、舞妓さんなどなど・・・日本から訪問者があるということで、先生が配慮くださったようです。
 地図で日本の場所をさしながら、先生が子供たちに、あの人は日本から来たのよ、と説明してくれました。そして、「この写真の中でどれかについて説明してもらいましょう。どれがいい?」と子供たちに振ったのです。実はこの時点で、私が説明してと言われているとは気づいてなくて、普通にわくわくしながら見ていました。子供たちが「はいはい!」と手をあげ、先生があてて「じゃ、最初はこれね。あなた、前に来て」と空手の写真を指差して笑顔で言われました。え?わたし?
 不思議なもので、英語わからん、とかアメリカ手話わからん、とか考える暇はないんですね。空手の型らしきものを表してみる。瓦?を重ねて割って見せる。あとは、日本の手話。わかるのかな?子供たちはじーっと見てるんです。寿司をにぎったり、地図で京都の場所を指差して舞妓さんみたいにしてみたり、リクエストに答えていろいろやってみました。質問も出たりして、でも質問の内容がわからず、先生にヘルプを出しました・・・。
 それから折り紙で一緒に鶴を折りました。先生も、子供たちも一緒になって。みんな楽しそうでした。細かい話はわからないんですが、「それってなに?」「僕にも教えて」みたいなメッセージはよくわかりました。(折り紙は、はぐるま夜の部から協力いただいたものと、Kさんからいただいたものでした。ありがとうございました)
 大分の聞こえない子どもたちが、日本のことをテキサスの聞こえない子どもたちに伝えてくれたらいいな。友達になれたらすてきだな。子供たちの方がすぐにアメリカ手話や英語を覚えてしまうかもしれないな。そうなったらいいなあ、と思いました。
オースチン訪問記(5) テキサス聾学校その2 _d0070316_14453274.jpg

                             ↑
         市内のレストランで。中央は「ナマズ」のソテーです。おいしかったです。
# by toyonokuni | 2006-07-15 15:11 | その他 | Comments(2)
今日は若さあふれる別府溝部学園短期大学生センター見学_d0070316_15531018.jpg

 今日は別府市にある溝部学園短期大学の介護福祉学科の学生さん39名がセンター
見学に訪れました。
 朝9時からセンター見学をし、その後要約筆記体験学習を行いました。授業で手話は習っていますが、要約筆記は初めてで、とまどったりしながらも楽しそうに学習していました。
 次は、6班に分かれて聴覚障害者の方6人との交流を行いました。
 授業で手話を習っているけど、実際に聞こえない人と会って手話で話す経験が少なく
悪戦苦闘している班もありましたが、通じる楽しさに爆笑が起こっている班もありました。
 平均年齢○○歳のセンター職員は二十歳の若いエネルギーに圧倒されると同時に
「若いっていいよね~」とため息のもれる一日でした。
 県聴覚障害者協会では、同短大の介護福祉学科と食物学科情報福祉コースに手話講師を派遣しています。
今日は若さあふれる別府溝部学園短期大学生センター見学_d0070316_1656527.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-14 16:15 | 協会・センターからの情報 | Comments(1)

投稿 佐伯手話サークル「城山」から  佐伯聴覚障害者協会主催ボウリング大会_d0070316_11293531.jpg

 佐伯手話サークル城山です。
 6月17日佐伯聴覚障害者協会主催のボウリング大会が賑やかに開催されました。
 あいにくの雨模様でしたが、遠く竹田・日出・臼杵・津久見の聴障者と別府・野津・城山の会員合わせて24名 聞くところによるとマイボウル持参の方もいたとか、凄い!
景品は主婦の喜びそうな物ばかり ラップ・食器洗剤・ティッシュペーパー・食品の缶詰・マヨネーズ・極めつけは超特大の大根
大会終了後、隣のジョイフルで打ち上げです。この飲み会が楽しみで参加している酒豪もいました。
 こんな時は普段と違った顔を見せてくれますね。私もついポロリと歳まで喋ってしまって気がゆるんでしまいました。アーッ失敗!
サークル会員にとって交流を深める良い機会でした。
# by toyonokuni | 2006-07-14 11:32 | 県手連・サークル情報 | Comments(2)
楽しそうな パソコン講座風景_d0070316_20403499.jpg

 今日も楽しそうなパソコン講座。
 6名の受講生は休まずに努力中。 
 まじめな顔がステキですよ! 伊東さん。珍しく真剣な広瀬さん、坊主頭がカッコいいです
 遠い三重町や津久見からからお疲れ様、吉野さん・松下さん、帰りはお気をつけて。
 久原さんも加藤さんもニコニコしていないでパソコン頑張ってくださいね。皆さん応援しています!
 
# by toyonokuni | 2006-07-13 20:42 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)
 
大分市聴力障害者福祉会役員会開催_d0070316_20101454.jpg

 7月22日(土)のビアガーデンと翌日の23日(日)のゲートボール大会の打合せのために
大分市聴力障害者福祉会の役員会がセンターで開催されました。
 でも、前日ビアガーデンで翌日ゲートボール大会大丈夫?
 頑張ってくださいね。
# by toyonokuni | 2006-07-13 20:10 | その他の関係団体情報 | Comments(3)
 
   はぐるま昼の部学習会 「生活習慣病」について_d0070316_18131410.jpg

 木曜日の朝10時から12時まで定例学習会を開いている手話サークルはぐるま昼の部は、今日「生活習慣病」についての講演会を開催し、聴覚障害者の方も多数参加していました。
 今日の講師は大分市保健所の一万田和枝氏で、参加者は52名でした。
<佐藤タツエ会長のコメント>
 講演をお聞きして、私達の日常の食生活の乱れを知る事が出来ましたし、食育の大切さを学びました。
# by toyonokuni | 2006-07-13 18:15 | 県手連・サークル情報 | Comments(0)
 
      インターネット利用コーナー設置_d0070316_1694378.jpg

 以前と比べてパソコンに関心を持つ聴覚障害者が急激に増えてきています。センターで開催しているパソコン講座にも多くの方が申込みしています。
 県下各地で行政等主催で聴覚障害者対象のパソコン講座が開催されていましたが、受講する聴覚障害者は多くはなかったようです。
 障害者UP主催で昨年度9月から聴覚障害者等を対象とした「パソコン指導者養成講座」が開催され、6名の指導者が誕生しました。
 次に同じく障害者UP主催で県聴覚障害者協会会員を対象とした講座が開催されています。  その際にサブ講師として聴覚障害者講師が付いたりしていますし、手話通訳者が付いていますので分かりやすいと評判の講座です。そして障害者UPの講師がパワーポイントを使って、分かりやすく説明しています。
 このようにパソコンが普及してきていますが、自宅にパソコンを持っていない聴覚障害者の方たちにインターネットやパソコンに関心を持っていただくために「インターネット利用コーナー」を設置しましたので、気軽にお使いください。使い方が分からないときは、職員を呼んでくださいね。 なお、聴覚障害者に限らずセンター利用者の方ならどなたでもご利用になれます。
# by toyonokuni | 2006-07-13 16:25 | 協会・センターからの情報 | Comments(1)
 昭和40年から、協会会員の文化教養の向上と会員相互の親睦を深めるために毎年1月に開催されている新年文化講演会。最近は協会会員と手話サークル会員、手話講習生等450人ぐらいが参加しています。
 来年の1月16日(日)に開催される、新年文化講演会の講師は誰を希望するか皆様の意見を募集しています。希望する講師名を書いて7月31日までに県聴覚障害者協会にファックス又は郵送してください。FAX 097-556-0556。メールの場合は、このブログではなく、ホームページのトップページに「メールでの情報提供」に希望講師を書いて送信してください。
 今まで講演をお願いしてきた講師は、ホームページの「何で゛もライブラリー」の中に新年文化講演会・祝賀会に掲載しています。
 新年文化講演会、誰の講演を聞きたいですか?_d0070316_1249299.jpg

 
# by toyonokuni | 2006-07-12 12:49 | 協会・センターからの情報 | Comments(1)
センターロビー・シアターゆとり、癒しの空間へのアイディア募集中_d0070316_11592492.jpg

 気軽にセンターに立ち寄り、友達や利用者同士が交流できるように木製のテーブル
と緑の植木を置いてみました。
 以前と比較してシアターでお昼ご飯を食べたり、友人同士で話している光景が増えてきました。
 交流しやすい雰囲気を演出するアイディアがありましたら、事務局に提案してください。
# by toyonokuni | 2006-07-12 12:18 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
 下記の要領で交流会を開催しますので難聴者、要約筆記者やお友達を誘って参加しませんか。

◇主 催 大分県難聴者協会・陽ざしの会
◇期 日 平成18年7月16日(日)
◇時 間 10:00~15:00
◇場 所 大分県聴覚障害者センター 大分市大津町1-9-5
TEL 097-551-2152 FAX 097-556-0556
◇内 容 10:00~12:00 ミニ講演(40分程度)・福引き(空クジなし)
12:00~13:00 昼食・交流(お弁当準備、茶菓付き)
13:00~15:00 座談会形式の交流(要約筆記が付きます)
◇会 費 500円
◇申 込 事務局 FAX・TEL097-541-2745
            7月13日(木)まで
平成18年度 難聴者・要約筆記者合同交流会のお知らせ_d0070316_162159.jpg
# by toyonokuni | 2006-07-11 16:03 | 全要研・陽ざしの会・要約関係 | Comments(12)
 センターを利用するボランティアグループの掲示板を設置しました。
 一般利用者の方への啓発と他のボランティアグループへの理解を深めることを目的にしています。
 情報の提供と他団体の活動についても理解していきましょう。
 手話サークル夜・手話サークル昼・県手話サークル連絡協議会・全国手話通訳問題研究会大分支部・陽ざしの会・全国要約筆記問題研究会大分県支部の6団体が使用しています。
  ボランティアグループ情報コーナーを設置しました!_d0070316_1541102.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-11 15:47 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
 聴覚障害者センターには手話や聴覚障害者福祉、教育、マンガ等の書籍が多く並んでいます。
 書籍を借りて、知識を広め、深めませんか。
     多くの本は借り手を待っていま~す!_d0070316_15332264.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-11 15:40 | 協会・センターからの情報 | Comments(2)
 ろう者の方が手話で会話している写真の投稿をお待ちしています。
 魅力あふれる手話の写真がたくさん届くことを祈っています。
   生き生き「手話」 投稿お待ちしています_d0070316_1402143.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-11 14:06 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)
 『石仏の蓮の花がきれいになってきています。boton

投稿写真 「臼杵石仏の蓮の花がきれいになってきました」_d0070316_10153514.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-11 10:18 | その他 | Comments(3)
 2月16日 いちばん楽しみにしていたテキサス聾学校への訪問です。
 テキサス聾学校は今年創立150年を迎える歴史ある学校です。生徒数477名。約半数の生徒が学校内にある寮で生活し、もう半数は通学しています。教師の三分の一はろう者です。
 テキサス聾学校の校門を入ってからまず学校の大きさに驚きました。校舎は幼稚部小学部、中学部、高等部と分かれていて、他に学校内に学校の歴史に関するさまざまな展示をしてある資料館もありました。男子寮と女子寮、体育館、専用の屋内プールなどなど・・・レンガ造りの建物がいくつもあり、まるで大学のキャンパスを思わせる広さでした。
 まず、Diana先生から「あなたは何を見たいの?幼稚部小学部の子供たち?それとも中高生?」と聞かれ、欲張りにも「時間の許す限り全部見たいです!」と言ってみました。先生は「いいわよ、じゃ、行きましょうか。」と立ち上がりました。
 幼稚部、小学部の建物に入ると、先生がポスターの前で立ち止まりました。このポスターは「相手が手話を使うなら、あなたも手話を使いましょう」という内容だと説明してくれました。
 幼稚部のクラスを見せてもらいました。
 先生に紹介してもらうと、10数人の子供たちが不思議そうな顔で見ています。アメリカ手話で名前を聞くと、それぞれに自分の名前をアルファベットの指文字で教えてくれました。また、私がアメリカの指文字がわからないらしい、と気づいた子は、壁に貼ってある自分の名前を指差して教えてくれました(涙)。日本の「ありがとう」の手話を伝えたら、覚えて使ってくれました。この子どもたちと大分の聞こえない子どもたちが出会ったら、楽しいだろうなあ、と思いました。
 そのクラスにいたインターン(実習生)の先生は健聴者の方でした。手話は地元の大学のろう教育コースで学んだそうです。アメリカではいくつもの大学で手話や聴覚障害者について学ぶコースがあるそうです。
オースチン訪問記(4)テキサス聾学校_d0070316_16462390.jpg
 
オースチン市内にある「子ども博物館」にて。
大分市の「府内ぱっちん」のはっぴ等、日本の物が展示してありました。
# by toyonokuni | 2006-07-10 16:53 | その他 | Comments(3)
  あわただしく過ぎ去っていたこの数ヶ月。
 いつのまにか夏がきていたという感じです。カレンダーをみればもう7月の中旬に
なろうとしています。
 部屋の中にいて仕事をしていると季節を肌で感じることが少なくなり、季節感が鈍感に
なってきたように思います。
 夏本番、ますます暑くなるばかり。せめてセンター入り口の「水連鉢」で涼しさを感じて
ください。この水連鉢の中にはメダカが何匹いるでしょうか?
 
 夏気分演出  水連鉢はいかが?_d0070316_1305145.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-10 13:02 | センターの風 | Comments(0)
 宇佐手話サークル「ふれあい」 です。
 6月25日(日曜日)毎年恒例の、サークル主催の交流ふうせんバレーボール大会を、市内糸口農業者トレーニングセンターで、行いました。
 3グループに別れ、リーグ戦で行いました。交流とはいえ試合となると、みなさんチョットだけ本気になります。
 風船バレーボールは、毎月1回(日曜日)「ゆうあい」と名づけ行っています。糸口農業者トレーニングセンターに変わって、市内『さんさん館』の体育館で、これからも毎月行います。
 7月9日(日曜日)20人ほどの参加で楽しみました。
 体を動かし交流の場として、大切な行事でいつもサークル会員よりも、聴障の方々のほうが参加が多く楽しみにしています。
それに、もう一つの利点はその時にいろいろな連絡事項が互いにスムーズにできることがあります。
 誰でも参加できます。参加したい方は、サークルまで連絡下さい。
そして、一度のぞいて見ませんか、お待ちしています。
投稿 心地よい汗を流し、話がはずみました   宇佐市手話サークル「ふれあい」_d0070316_16201373.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-09 15:04 | 県手連・サークル情報 | Comments(3)
 大分市・老人部共催の生活訓練事業が開催されました。
 今回の講師はマレーシアのアザハーフセインさんで、アジア太平洋大学院生です。
 マレーシアの食べ物や服装、聴覚障害者のこともお話してくださり、講演が終わった後に
参加者から多くの質問が出され、関心の高さが伺えました。
 今回の講師については別府市手話サークルの鎌田さんにお世話していただきました。ありがとうございました。
 
大分市・老人部共催生活訓練事業開催_d0070316_1340392.jpg

 
# by toyonokuni | 2006-07-09 13:41 | 各種講座・行事等報告 | Comments(1)

第三期パソコン講座開講

 障害者UP主催の聴覚障害者対象パソコン講座が今日から開始しました。今回の受講者は
別府市、津久見市、大分市から6名の受講者で8月末日までを予定しています。
 この講座の受講者の口コミなどもあり、人気講座となり、今の時点で受講希望者もいる盛況ぶりです。
 さらに多くの聴覚障害者がパソコン講座を受講し、家庭に一台パソコンを設置されるようになるといいと思います。
 
第三期パソコン講座開講_d0070316_12512277.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-09 12:54 | 各種講座・行事等報告 | Comments(1)
第2回手話通訳士講座開催_d0070316_12385693.jpg
 第2回目の手話通訳士講座が開催され、今日は「聴覚障害者の福祉」の講義でした。
 講師は大分リハビリテーション専門学校言語聴覚士科の牛島先生で、受講者も熱心に話を聞いていました。
 手話通訳士試験も第18回目になり、ある一定の数の方が受験するようになってきました。
 今後も手話通訳者講座、そして手話通訳士講座等と県聴覚障害者協会主催で講座が用意されていますので皆さん積極的に講座を受講しましょう。
 
 
# by toyonokuni | 2006-07-09 12:39 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)
 全国手話通訳問題研究会大分支部の7月定例学習会が開催され、参加者が60人を
超えて学習内容も充実してきました。
 本日の学習会はあけぼの学園の概要や通訳事例検討、ろう者との交流の中で学んだこ
と等の発表が行われました。
 ますます、パワーアップしてきている支部学習会。あなたも参加してみませんか。
  全通研大分支部定例学習会_d0070316_11594670.jpg

 
# by toyonokuni | 2006-07-09 12:00 | 大分通研情報 | Comments(1)
 今朝も朝早くからお花の手入れに汗を流す甲斐修さん。
 センターの近所に住んでいるとはいえ、出勤前にセンターに来て花の水やりなどを済ませてから出勤しています。
 おかげで、センターのお花は元気一杯。それを見た来客者も元気になると評判。
 これからもよろしくお願いします。
 
いつも ありがとうございます お花のお世話を 甲斐さん。_d0070316_855799.jpg

# by toyonokuni | 2006-07-09 08:06 | センターの風 | Comments(2)