人気ブログランキング |

聴覚障害者と手話

聴覚障害者と手話
 聴覚障害と言っても同一の障害ではないと考えた方が理解しやすいと思います。生まれた時から聞こえない人、病気や事故等中途で聞こえなくなった人、高齢になって聞こえの状態が悪くなった人、補聴器を使えば聞こえる難聴者等、個々で異なる障害と考えます。
 聞こえない人は「手話」をみんな使っていると思っている方が多くいます。聞こえの程度が重い聴覚障害者は、身体障害者手帳を持っている人の2割程度の人が「手話」を使っています。
そして、この手話はろう学校で指導していません。ろう学校の中で先輩の手話を見て学んできました。
 また、ろう学校の先生はみんな手話が分かるわけではありません。
普通学校などで指導していて、教職員の異動でろう学校に配属、手話が分からないままにろう学校の児童、生徒に指導することになります。
 最近はろう学校に赴任した時から手話講習会に通う先生たちが増えてきました。

 【ろう学校の開始】
1878年京都盲唖院で手話による教育が開始されました。しかし1880年に開催された「ミラノ会議」で手話法は口話よりも劣っていると取り上げられ、各国のろう学校が手話を禁止して、口話法を取り入れるようになりました。
【昔のろう教育に対して・・卒業生の感想】
「ろう学校時代は、多くの先生は手話を使わずに口話のみで授業をしていました。
先生の口の動きだけで話の内容を理解することは限界があると感じました。
普通の授業とは別に、口話・発語訓練の時間があり、幼稚部から高等部まての長い期間訓練を続けてきました。
今考えると、訓練の時間に費やした同じ時間をろう学校の先生が手話を使いながら、文章指導を受けていたら、自分の学力はもっと伸びたかもしれない。」とろう教育に対しての不満の声も聴かれます。

 以前と比べるとろう学校も変わってきました。手話を使うことを全面的に禁止していたろう者にとっては暗黒の時代が終わり、今はろう学校の教師が手話講習会に通い学習しています。
ろう学校の卒業式に校長自ら手話で挨拶する光景もみられ、ろう教育は変わってきました。
しかし、過去にろう教育を受けた多くのろう者はどうなるのか。
企業等に入ってもコミュニケーション面で職場の同僚とのトラブルが起きたりします

# by toyonokuni | 2019-03-13 14:04 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

大分市聴力障害者福祉会創立70周年記念大会の忘れ物

3月10日に行われました創立70周年記念大会の忘れ物です。
傘の石突き(先)の部分に黄色いテープを巻いています。
お心当たりの方は、大分県聴覚障害者センターまでご連絡ください。
TEL:097-551-2152
FAX:097-556-0556

大分市聴力障害者福祉会創立70周年記念大会の忘れ物_d0070316_16370615.jpg


# by toyonokuni | 2019-03-12 16:40 | その他 | Comments(0)

センター玄関前に手すり設置しました。

センター利用者さんより「玄関前に手すりが欲しい」との要望に、センター玄関前に手すりを設置しました。また設置後、夜が見えにくいとの声に…手すりがわかるように工夫してみました。
センター玄関前に手すり設置しました。_d0070316_10293673.jpg


いかがでしょうか?

センター玄関前に手すり設置しました。_d0070316_10295295.jpg


満車時の、車移動にご注意ください。


# by toyonokuni | 2019-03-12 08:23 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

豊の国新聞 講習会日程のお詫び

No402豊の国新聞3月号に掲載していました
平成31年度の手話講習会会場一覧(予定)の中で、
国東市役所(社会福祉法人 秀渓会(タイレシ)委託)の
開催曜日が間違っていましたことをお詫びいたします。
誤 → 火曜日
正 → 木曜日

豊の国新聞 講習会日程のお詫び_d0070316_15581726.jpg

# by toyonokuni | 2019-03-11 16:10 | 各種講座・行事等報告 | Comments(0)

3.11声明~8年を経て~

3月11日で東日本大震災から8年を迎えるにあたり聴覚障害者災害救援中央本部が「東日本大震災を忘れない ~8年を経て~ 3.11声明」を発表しました。

東日本大震災を忘れない ~8年を経て~ 3.11声明

 2011年3月11日に発生した東日本大震災から、8年がたとうとしています。岩手・宮城・福島では、復興が進んでいる地域、ほとんど手つかずの地域などいまだ現地での取り組みが順調に進んでいるとは言い難い状況にあります。さらに2018年は、西日本豪雨、北海道胆振東部地震、相次ぐ台風、翌年1月熊本県和水町地震等災害が頻発し、被害は広範にわたりました。
 聴覚障害者災害救援中央本部では、厚生労働省、総務省、気象庁、内閣府、NHK、民放連へ要望書を提出しました。また聴覚障害者災害救援中央本部としては、そのつど被災地との情報交換、支援等を行っていますが、災害には人的、物的支援が欠かせません。これまでは災害の発生の度に、全国の皆さまに寄付等を呼びかけてきましたが、頻発する災害に備え、日ごろの準備基金とした「聴覚障害者災害救援基金」を創設しました。全国の皆さまにご協力をいただき感謝しています。
 災害の際には「自助」「共助」「公助」が大切となります。昨年の西日本豪雨の際に、聴覚障害者が災害ボランティアセンターを立ち上げ、被災者を支援する取り組みが行われました。この取り組みは全国から注目を集め、今後各地で広がりを見せるのではないかと思われます。このように聴覚障害者自身が地域で防災、減災の学習会や訓練に参加し、様々な場面で聴覚障害者への理解を広めると共に、国や地方自治体への要請を継続する事が「自分の命を守り、みんなの命を救う」ことにつながります。
 まもなく平成が終わろうとしています。この平成の時代には、阪神淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災等大きな自然災害が多数起きました。私たちは新たな時代へ向けて平成の教訓を受け継ぎ、全国の仲間とともに防災・減災の取り組みをさらに強化していく決意をここに表明します。

2019年3月11日            
聴覚障害者災害救援中央本部    
運営委員長 石野富志三郎 

〈構成団体〉一般財団法人全日本ろうあ連盟    
      一般社団法人全国手話通訳問題研究会 
      一般社団法人日本手話通訳士協会  


# by toyonokuni | 2019-03-11 12:02 | 協会・センターからの情報 | Comments(0)

新着情報随時更新中。


by toyonokuni
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る